日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

「エビス」カンフル精の基本情報

後発品(加算対象)
一般名
製薬会社
薬価・規格
15.2円(10mL)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • 凍傷<第1度>の局所刺激
  • 凍傷<第1度>の消炎
  • 凍傷<第1度>の鎮痛
  • 凍傷<第1度>の鎮痒
  • 凍傷<第1度>の血行の改善
  • 筋肉痛の局所刺激
  • 筋肉痛の消炎
  • 筋肉痛の鎮痛
  • 筋肉痛の鎮痒
  • 筋肉痛の血行の改善
  • 挫傷の局所刺激
  • 挫傷の消炎
  • 挫傷の鎮痛
  • 挫傷の鎮痒
  • 挫傷の血行の改善
  • 打撲の局所刺激
  • 打撲の消炎
  • 打撲の鎮痛
  • 打撲の鎮痒
  • 打撲の血行の改善
  • 凍瘡の局所刺激
  • 凍瘡の消炎
  • 凍瘡の鎮痛
  • 凍瘡の鎮痒
  • 凍瘡の血行の改善
  • 捻挫の局所刺激
  • 捻挫の消炎
  • 捻挫の鎮痛
  • 捻挫の鎮痒
  • 捻挫の血行の改善
  • 皮膚そう痒症の局所刺激
  • 皮膚そう痒症の消炎
  • 皮膚そう痒症の鎮痛
  • 皮膚そう痒症の鎮痒
  • 皮膚そう痒症の血行の改善
注意すべき副作用
過敏症 、 発赤 、 発疹
用法・用量(主なもの)
  • 患部に適量を塗布あるいは塗擦する

副作用

主な副作用
過敏症 、 発赤 、 発疹

注意事項

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

次記疾患における局所刺激、血行の改善、消炎、鎮痛、鎮痒:筋肉痛、挫傷、打撲、捻挫、凍傷<第1度>、凍瘡、皮膚そう痒症。

用法・用量(添付文書全文)

患部に適量を塗布あるいは塗擦する。

副作用(添付文書全文)

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
過敏症:(0.1〜5%)発赤、発疹等[このような症状が現れた場合には使用を中止する]。

使用上の注意(添付文書全文)

(適用上の注意)
1.投与経路:外用にのみ使用する。
2.使用時:
1).湿潤面への使用は避ける。
2).眼又は眼の周囲には使用しない。
3).本剤は引火性、爆発性があるため、火気には注意する。
(保管上の注意)
火気を避けて保存。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。