基本情報

薬効分類

抗ヒスタミン薬(外用塗布薬)詳しく見る

  • 体内のアレルギー反応などを引き起こす物質であるヒスタミンの作用を抑制する(抗ヒスタミン作用)ことにより、痒みや赤み、膨らみなどの皮膚症状を和らげる薬
抗ヒスタミン薬(外用塗布薬)の代表的な商品名
  • レスタミン
  • 強力レスタミンコーチゾン
  • ベナパスタ

効能・効果詳しく見る

  • 湿疹
  • 小児ストロフルス
  • 蕁麻疹
  • 皮膚そう痒症
  • 虫さされ

注意すべき副作用詳しく見る

過敏症皮膚発赤皮膚腫脹皮膚そう痒感皮膚湿潤

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 症状により適量を1日数回患部に塗布又は塗擦する

副作用

主な副作用

過敏症皮膚発赤皮膚腫脹皮膚そう痒感皮膚湿潤

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    蕁麻疹、湿疹、小児ストロフルス、皮膚そう痒症、虫さされ。

    用法・用量(添付文書全文)

    症状により適量を1日数回患部に塗布又は塗擦する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していないため、発現頻度については文献、自発報告等を参考に集計した。
    総症例661例中副作用が報告されたのは14例(2.12%)で、主な副作用は灼熱感6例(0.91%)、過敏症5例(0.76%)等であった(再評価結果)。
    副作用が認められた場合には、使用を中止するなど適切な処置を行う。
    過敏症:(0.1〜5%未満)皮膚発赤、皮膚腫脹、皮膚そう痒感、皮膚湿潤。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (重要な基本的注意)
    炎症症状が強い浸出性の皮膚炎の場合には、適切な外用剤の使用によりその炎症が軽減後もかゆみが残る場合に使用する。
    (取扱い上の注意)
    開蓋後カビが発生する場合があるので、汚染防止のため、清潔に取扱う。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 「夜型体質による不眠」を誤診していませんか 三島和夫の「知って得する睡眠臨床」
    2. tPAや血栓回収が使える脳梗塞が大幅に広がる! トレンド◎脳卒中治療ガイドライン追補2019がまもなく公開
    3. 10歳代に増えるOTC薬の乱用、やっぱり危険! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
    4. あちこちに「迫害されている!」と訴える人 5分で勝負!産業メンタルヘルス事件簿
    5. 職員の長所や短所をやんわり指摘する手段 診療所経営駆け込み寺
    6. 病院総合診療専門医のプログラムも2020年度より… 日本病院総合診療医学会が詳細を提示
    7. 【動画】嗄声を訴える76歳男性~米国式外来診療の… 動画で学ぶ「英国式vs米国式 外来診療の進め方」
    8. 診断困難例の陰にベンゾジアゼピン系薬のリスク 学会トピック◎第19回日本病院総合診療医学会学術総会
    9. SGLT2阻害薬は北欧の心血管リスクを下げたか? BMJ誌から
    10. 死亡診断書の「死亡場所」の整理に異議あり! 記者の眼
    医師と医学研究者におすすめの英文校正