基本情報

薬効分類

抗ヒスタミン薬(外用塗布薬)詳しく見る

  • 体内のアレルギー反応などを引き起こす物質であるヒスタミンの作用を抑制する(抗ヒスタミン作用)ことにより、痒みや赤み、膨らみなどの皮膚症状を和らげる薬
抗ヒスタミン薬(外用塗布薬)の代表的な商品名
  • レスタミン
  • 強力レスタミンコーチゾン
  • ベナパスタ

効能・効果詳しく見る

  • 湿疹
  • 小児ストロフルス
  • 蕁麻疹
  • 皮膚そう痒症
  • 虫さされ

注意すべき副作用詳しく見る

過敏症皮膚発赤皮膚腫脹皮膚そう痒感皮膚湿潤

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 症状により適量を1日数回患部に塗布又は塗擦する

副作用

主な副作用

過敏症皮膚発赤皮膚腫脹皮膚そう痒感皮膚湿潤

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    蕁麻疹、湿疹、小児ストロフルス、皮膚そう痒症、虫さされ。

    用法・用量(添付文書全文)

    症状により適量を1日数回患部に塗布又は塗擦する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していないため、発現頻度については文献、自発報告等を参考に集計した。
    総症例661例中副作用が報告されたのは14例(2.12%)で、主な副作用は灼熱感6例(0.91%)、過敏症5例(0.76%)等であった(再評価結果)。
    副作用が認められた場合には、使用を中止するなど適切な処置を行う。
    過敏症:(0.1〜5%未満)皮膚発赤、皮膚腫脹、皮膚そう痒感、皮膚湿潤。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (重要な基本的注意)
    炎症症状が強い浸出性の皮膚炎の場合には、適切な外用剤の使用によりその炎症が軽減後もかゆみが残る場合に使用する。
    (取扱い上の注意)
    開蓋後カビが発生する場合があるので、汚染防止のため、清潔に取扱う。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 医師国試合格発表、合格率は89.0%にダウン 9029人の新医師が誕生、あなたの大学の合格率は? FBシェア数:536
    2. 「透析中止事件」で見えてきた法的な論点 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:55
    3. 「治療を受けなければよかった」と言われたとき 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:46
    4. 70代内科医、生涯現役を続けるコツを教えます シリーズ◎何でもPros Cons【医師のキャリア、どっちがいい?】 FBシェア数:19
    5. 終末期、患者に選択肢を提示するのはタブー 日本赤十字社医療センター救急科の山下智幸氏に聞く FBシェア数:787
    6. 開業医は長生きできない? 死亡時年齢は70.8歳 岐阜県保険医協会が寿命に関する調査結果を公表 FBシェア数:1790
    7. 先生がそこまでおっしゃるならお願いします シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:45
    8. H. pyloriに起因する胃癌の撲滅に向けた次… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:1
    9. COPDにSABAの頓用処方は妥当か? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:41
    10. スウェーデンでは医療ニーズを医療者が決める? 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:45
    医師と医学研究者におすすめの英文校正