日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

クロロマイセチン局所用液5%基本情報

一般名:クロラムフェニコール液

製薬会社:アルフレッサ ファーマ

薬価・規格: 37.8円(50mg1mL) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 外耳炎
  • 外傷の二次感染
  • 潰瘍の二次感染
  • 口腔手術創の二次感染
  • 手術創の二次感染
  • 中耳炎
  • 熱傷の二次感染
  • 抜歯創の二次感染
  • 糜爛の二次感染
  • 副鼻腔炎
  • 慢性膿皮症
  • 深在性皮膚感染症
  • 表在性皮膚感染症

注意すべき副作用詳しく見る

過敏症発疹接触性皮膚炎全身投与の場合と同様な症状

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1.皮膚・外科:症状に応じて適量を局所に点滴、灌注あるいはガーゼ、綿球に浸して貼付、挿入する
    • なお、深在性皮膚感染症に対しては他の薬剤で効果が期待できない場合に使用する
  • 2.点耳・点鼻:プロピレングリコールで0.5〜1%の割合に溶解し、罹患部に適量を1日1〜数回用いる
    • なお、症状により適宜増減する
  • 3.歯科・口腔外科:本剤を綿線、ペーパーポイントに浸して用いたり、局所に直接注入するかあるいはドレナージガーゼに含ませて挿入する方法がとられる

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症

副作用

主な副作用

過敏症発疹接触性皮膚炎全身投与の場合と同様な症状

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、慢性膿皮症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、糜爛・潰瘍の二次感染、外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎、抜歯創・口腔手術創の二次感染。
    <効能・効果に関連する使用上の注意>
    副鼻腔炎への使用にあたっては、「抗微生物薬適正使用の手引き」を参照し、抗菌薬投与の必要性を判断した上で、本剤の投与が適切と判断される場合に投与する。

    用法・用量(添付文書全文)

    1.皮膚・外科:症状に応じて適量を局所に点滴、灌注あるいはガーゼ、綿球に浸して貼付、挿入する。なお、深在性皮膚感染症に対しては他の薬剤で効果が期待できない場合に使用する。
    2.点耳・点鼻:プロピレングリコールで0.5〜1%の割合に溶解し、罹患部に適量を1日1〜数回用いる。なお、症状により適宜増減する。
    3.歯科・口腔外科:本剤を綿線、ペーパーポイントに浸して用いたり、局所に直接注入するかあるいはドレナージガーゼに含ませて挿入する方法がとられる。
    <用法・用量に関連する使用上の注意>
    本剤の使用にあたっては、原則として感受性を確認し、疾病の治療上必要な最小限の期間の使用にとどめる[耐性菌の発現等を防ぐ]。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    1.過敏症:(頻度不明)発疹、接触性皮膚炎[使用を中止する]。
    2.長期連用:(頻度不明)内服、注射等全身投与の場合と同様な症状[長期連用は避ける]。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
    (重要な基本的注意)
    1.感作される恐れがあるので、観察を十分に行い、感作されたことを示す兆候(そう痒、発赤、腫脹、丘疹、小水疱等)が現れた場合には使用を中止する。
    2.長期間連用しない。
    (適用上の注意)
    使用部位:
    1.眼科用に使用しない。
    2.注射用として使用しない。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 「無診察治療」を巡る訴訟、裁判所の判断は? 日常診療に生かす医療訴訟の教訓
    2. シャワーで頭痛発生!疑うべき疾患は? 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」
    3. 感染性腸炎の問診を「昨夜、生ものを食べませんでし… 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」
    4. レッスン12◆異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
    5. VTE患者が抗凝固療法を中止した場合の再発率 BMJ誌から
    6. 冠動脈造影CTは誰に実施すべきか? BMJ誌から
    7. 「志水太郎 vs AI診断」は志水氏の圧勝 診断エラー学のすすめ
    8. CEA上昇も再発・転移所見なし。どう解釈? AntaaQAピックアップ
    9. 医療崩壊を盾に勤務医を犠牲にするのか シリーズ◎医師の「働き方改革」
    10. 吉本興業と大学医局の共通点 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』
    医師と医学研究者におすすめの英文校正