日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ゲーベンクリーム1%基本情報

一般名:スルファジアジン銀クリーム

製薬会社:田辺三菱製薬

薬価・規格: 12.6円(1%1g) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

褥瘡・皮膚潰瘍治療薬詳しく見る

  • 褥瘡(床ずれ)などの皮膚潰瘍に用い、薬剤によって感染制御、壊死組織の除去、創面の修復、血管新生など作用は様々であり、創面(傷口)の状態に合わせて薬剤を使い分ける
褥瘡・皮膚潰瘍治療薬の代表的な商品名
  • ユーパスタ カデックス ヨードコート
  • ゲーベン
  • ブロメライン
  • プロスタンディン
  • フィブラスト

効能・効果詳しく見る

  • 外傷の二次感染
  • 潰瘍の二次感染
  • 手術創の二次感染
  • 熱傷の二次感染
  • 糜爛の二次感染

注意すべき副作用詳しく見る

白血球減少発疹皮膚疼痛汎血球減少皮膚壊死間質性腎炎過敏症発赤光線過敏症菌交代現象

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1日1回、滅菌手袋などを用いて、創面を覆うに必要かつ十分な厚さ(約2〜3mm)に直接塗布する
  • 又は、ガーゼ等に同様の厚さにのばし、貼付し、包帯を行う
    • なお、第2日目以後の塗布に際しては、前日に塗布した本剤を清拭又は温水浴等で洗い落としたのち、新たに本剤を塗布する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症
    • 軽症熱傷
  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 新生児(低出生体重児を含む)
  • 年齢や性別に応じた注意事項
    • 新生児(0日〜27日)
    • 低出生体重児(0日〜27日)

副作用

主な副作用

白血球減少発疹皮膚疼痛過敏症発赤光線過敏症菌交代現象化膿性感染症貧血血小板減少接触皮膚炎

重大な副作用

汎血球減少皮膚壊死間質性腎炎

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症
    • 軽症熱傷
  • 慎重投与
    • エリテマトーデス
    • 肝障害
    • 光線過敏症
    • 腎障害
    • 薬物過敏症
    • グルコース−6−リン酸脱水素酵素<G−6−PD>欠損症
  • 注意
    • 軽症熱傷

患者の属性に応じた注意事項

  • 禁止
    • 新生児(低出生体重児を含む)
  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 注意
    • 乳児
    • 幼児・小児

年齢や性別に応じた注意事項

  • 禁止
    • 新生児(0日〜27日)
    • 低出生体重児(0日〜27日)
  • 注意
    • 乳児(0日〜364日)
    • 小児(0歳〜14歳)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
外皮用酵素製剤 作用を減弱

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、糜爛・潰瘍の二次感染。
    <効能・効果に関連する使用上の注意>
    軽症熱傷には使用しない(疼痛がみられることがある)。

    用法・用量(添付文書全文)

    1日1回、滅菌手袋などを用いて、創面を覆うに必要かつ十分な厚さ(約2〜3mm)に直接塗布する。又は、ガーゼ等に同様の厚さにのばし、貼付し、包帯を行う。なお、第2日目以後の塗布に際しては、前日に塗布した本剤を清拭又は温水浴等で洗い落としたのち、新たに本剤を塗布する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    総症例数2,717例中187例(6.88%)205件の副作用が報告されている。主な副作用は疼痛112件(4.12%)、白血球減少70件(2.58%)、発疹21件(0.77%)等であった(再審査終了時)。
    1.重大な副作用
    1).汎血球減少(頻度不明):汎血球減少が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には使用を中止するなど適切な処置を行う。
    2).皮膚壊死(頻度不明):皮膚壊死が発生したとの報告がある。
    3).間質性腎炎(頻度不明):間質性腎炎が発生したとの報告がある。
    2.その他の副作用
    1).過敏症:(0.1〜5%未満)発疹、(0.1%未満)接触皮膚炎、(頻度不明)発赤、光線過敏症[このような場合には、使用を中止する]。
    2).菌交代現象:(頻度不明)耐性菌・非感性菌による化膿性感染症[このような場合には、使用を中止する]。
    3).血液:(0.1〜5%未満)白血球減少、(頻度不明)貧血、血小板減少[このような場合には、使用を中止するなど適切な処置を行う]。
    4).皮膚:(0.1〜5%未満)皮膚疼痛[このような場合には、使用を中止するなど適切な処置を行う]。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    1.本剤の成分又はサルファ剤に対し過敏症の既往歴のある患者。
    2.新生児[高ビリルビン血症を起こす恐れがある]。
    3.低出生体重児[高ビリルビン血症を起こす恐れがある]。
    4.軽症熱傷。
    (慎重投与)
    1.薬物過敏症の既往歴のある患者。
    2.光線過敏症の既往歴のある患者。
    3.エリテマトーデスの患者[エリテマトーデスにみられる白血球減少が悪化する恐れがある]。
    4.グルコース−6−リン酸脱水素酵素<G−6−PD>欠損症の患者[溶血を惹起する恐れがある]。
    5.肝障害のある患者[本剤の代謝が抑制され、副作用が強く現れる恐れがある]。
    6.腎障害のある患者[本剤の代謝が抑制され、副作用が強く現れる恐れがある]。
    (重要な基本的注意)
    1.軽症熱傷に使用すると、疼痛がみられるので使用しない。
    2.サルファ剤の全身投与の場合と同様の副作用が現れる恐れがあるので、長期使用は避ける。
    3.感作される恐れがあるので、観察を十分に行い、感作された兆候(そう痒、発赤、腫脹、丘疹、小水疱等)が現れた場合には使用を中止する。
    4.広範囲熱傷に使用した場合、本剤中のプロピレングリコールにより、高浸透圧状態を来すことがあるので、定期的に血清浸透圧を測定し異常が認められた場合には、休薬等の適切な処置を行う(特に乳児、小児の場合注意する)。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ使用する[安全性は確立していない]。
    2.授乳中の婦人に使用する場合には、授乳を避けさせる[動物実験(ラット)で乳汁中への移行が報告されている]。
    (適用上の注意)
    1.使用部位:眼科用として使用しない。
    2.使用時:
    1).本剤を使用する場合はできる限り温水浴、シャワー等の併用により、創面の清浄化、壊死組織の除去を行う。
    2).他剤と混合して使用しない。
    3).塩化物を含む消毒液(塩化ベンザルコニウム等)が本剤に混入し、その後曝光すると変色する恐れがあるので、軟膏ベラはよく清拭して用いる。
    (その他の注意)
    1.外皮用酵素製剤の作用を減弱させる恐れがあるので、併用する場合には注意する[銀が酵素のSH基と結合し、酵素活性を減弱させる可能性がある]。
    2.ラットに本剤を経皮投与した実験で、諸臓器への銀沈着(肝、膵、腸間膜リンパ節等)と軽度な可逆性のアルカリホスファターゼ上昇を認めたとの報告がある。
    (保管上の注意)
    遮光。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 終末期、患者に選択肢を提示するのはタブー 日本赤十字社医療センター救急科の山下智幸氏に聞く FBシェア数:179
    2. 論文掲載を狙いたい「バリュー雑誌」 市中病院からトップジャーナルを狙おう! FBシェア数:78
    3. 8カ月男児、身体が柔らかい、運動発達が進まない 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
    4. 医師国試合格発表、合格率は89.0%にダウン 9029人の新医師が誕生、あなたの大学の合格率は? FBシェア数:512
    5. 働き方改革の最終報告書案、「年1860時間」の特… シリーズ◎医師の働き方改革に関する検討会 FBシェア数:53
    6. 腹痛による不登校を繰り返す児童で考えたいこと 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:21
    7. 在宅の管理料が査定、レセプトのどこが問題? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:14
    8. 加算は場当たり的、今こそ医療財政の抜本改革を シリーズ◎何でもPros Cons【診療報酬上の加算ってどう思う?】 FBシェア数:5
    9. 医師の働き方改革が支離滅裂なワケ 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:42
    10. 病理医がAIに置き換わらない理由、教えます シリーズ◎何でもPros Cons【医師の仕事は半分以上AIに置き換わる?】 FBシェア数:179
    医師と医学研究者におすすめの英文校正