日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

両性石ケン液10%「日医工」の基本情報

後発品(加算対象)
一般名
製薬会社
薬価・規格
6.6円(10%10mL)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • 病室の消毒
  • 物品の消毒
  • 手術部位の粘膜の消毒
  • 手術部位の皮膚の消毒
  • 粘膜の創傷部位の消毒
  • 皮膚の消毒
  • 皮膚の創傷部位の消毒
  • 家具の消毒
  • 器具の消毒
  • 手指の消毒
  • 手術室の消毒
  • 手術野の粘膜の消毒
  • 手術野の皮膚の消毒
  • 医療機器の消毒
注意すべき副作用
過敏症 、 発疹 、 そう痒感
用法・用量(主なもの)
  • アルキルジアミノエチルグリシンとして次記の濃度になるように水で希釈して、次のように使用する
  • 1.手指・皮膚の消毒:0.05〜0.2%溶液で約5分間洗った後、滅菌ガーゼあるいは布片で清拭する
  • 2.手術部位(手術野)の皮膚の消毒:0.1%溶液で5分間洗った後、0.2%溶液を塗布する
  • 3.手術部位(手術野)の粘膜の消毒、皮膚・粘膜の創傷部位の消毒:0.01〜0.05%溶液を用いる
  • 4.医療機器の消毒:0.05〜0.2%溶液に10〜15分間浸漬する
  • 結核領域においては0.2〜0.5%溶液を用いる
  • 5.手術室・病室・家具・器具・物品などの消毒:0.05〜0.2%溶液を布片で塗布・清拭するか、又は噴霧する
  • 結核領域においては0.2〜0.5%溶液を用いる
  • <希釈法>1.濃度0.01%(希釈倍数1000倍):本剤の量1mL、全量1000mL
  • 2.濃度0.05%(希釈倍数200倍):本剤の量5mL、全量1000mL
  • 3.濃度0.1%(希釈倍数100倍):本剤の量10mL、全量1000mL
  • 4.濃度0.2%(希釈倍数50倍):本剤の量20mL、全量1000mL
  • 5.濃度0.5%(希釈倍数20倍):本剤の量50mL、全量1000mL

副作用

主な副作用
過敏症 、 発疹 、 そう痒感

注意事項

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

1.手指・皮膚の消毒。
2.手術部位(手術野)の皮膚の消毒。
3.手術部位(手術野)の粘膜の消毒、皮膚・粘膜の創傷部位の消毒。
4.医療機器の消毒。
5.手術室・病室・家具・器具・物品などの消毒。

用法・用量(添付文書全文)

アルキルジアミノエチルグリシンとして次記の濃度になるように水で希釈して、次のように使用する。
1.手指・皮膚の消毒:0.05〜0.2%溶液で約5分間洗った後、滅菌ガーゼあるいは布片で清拭する。
2.手術部位(手術野)の皮膚の消毒:0.1%溶液で5分間洗った後、0.2%溶液を塗布する。
3.手術部位(手術野)の粘膜の消毒、皮膚・粘膜の創傷部位の消毒:0.01〜0.05%溶液を用いる。
4.医療機器の消毒:0.05〜0.2%溶液に10〜15分間浸漬する。結核領域においては0.2〜0.5%溶液を用いる。
5.手術室・病室・家具・器具・物品などの消毒:0.05〜0.2%溶液を布片で塗布・清拭するか、又は噴霧する。結核領域においては0.2〜0.5%溶液を用いる。
<希釈法>
1.濃度0.01%(希釈倍数1000倍):本剤の量1mL、全量1000mL。
2.濃度0.05%(希釈倍数200倍):本剤の量5mL、全量1000mL。
3.濃度0.1%(希釈倍数100倍):本剤の量10mL、全量1000mL。
4.濃度0.2%(希釈倍数50倍):本剤の量20mL、全量1000mL。
5.濃度0.5%(希釈倍数20倍):本剤の量50mL、全量1000mL。

副作用(添付文書全文)

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
過敏症:(頻度不明)発疹、そう痒感等[このような症状が現れた場合には使用を中止する]。

使用上の注意(添付文書全文)

(臨床検査結果に及ぼす影響)
本剤で消毒したカテーテルで採取した尿は、スルホサリチル酸法による尿蛋白試験で偽陽性を示すことがある。
(適用上の注意)
1.人体
1).使用時:
(1).外用にのみ使用する。
(2).原液又は濃厚液が眼に入らないように注意する。入った場合には水でよく洗い流す。
(3).散布消毒の場合はマスクを着用するなど注意する。
(4).濃厚液の使用により、皮膚刺激症状・粘膜刺激症状が現れることがあるので、注意する。
(5).炎症又は易刺激性の部位に使用する場合には、通常の部位に使用するよりも低濃度とすることが望ましい。
(6).粘膜、創傷面又は炎症部位に長時間又は広範囲に使用しない。
2).調製時:深い創傷に使用する場合の希釈液としては、注射用水か滅菌精製水を用い、水道水や精製水を用いない。
2.その他
使用時:石鹸類は本剤の殺菌作用を弱めるので、石鹸成分を洗い落としてから使用する。
3.緊急処置
1).眼に入った場合:洗浄の際、眼球、瞼のすみずみまで水がよく行きわたるように、清浄な水で15分間以上洗浄した後、直ちに適切な処置を行う。
2).飲み込んだ場合:水でよく口を洗い、水又は牛乳を飲ませ(無理に吐き出させない)、直ちに適切な処置を行う。
(取扱い上の注意)
1.次の医薬品が混入すると、沈殿が生じるので注意する:ヨードチンキ、マーキュロクロム、硝酸銀、フェノール、過酸化水素、過マンガン酸カリウム等。
2.本剤は多少色調の濃淡に差があることがあり、また、寒冷時にわずかに混濁を生じることがあるが、殺菌作用に影響はない(混濁は加温することにより溶解する)。
3.金属器具を長時間浸漬する必要がある場合は、腐食を防止するため0.2%の割合で亜硝酸ナトリウムを溶解し浸漬する(殺菌作用に影響はない)。なお、銅製の器具は亜硝酸ナトリウムを添加しても腐食を防止できないので長時間浸漬しない。
4.うすめて使用する。
(保管上の注意)
遮光、気密容器。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。