日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ホルマリン「カナダ」の基本情報

一般名
製薬会社
薬価・規格
9円(10mL)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • 病室の消毒
  • 物品の消毒
  • 医療用具の消毒
  • 家具の消毒
  • 器具の消毒
  • 手術室の消毒
用法・用量(主なもの)
  • 医療用具の消毒、手術室・病室・家具・器具・物品などの消毒:使用対象により、次のいずれかの方法を用いる
  • 1.ホルムアルデヒド1〜5%溶液による浸漬、又は清拭を行い、2時間以上放置する
  • 2.ガス消毒法:気密容器中あるいは密閉環境内において、容積1m3に対しホルマリン15mL以上(ホルムアルデヒドとして6g以上)を水40mL以上とともに噴霧又は蒸発させ、7〜24時間又はそれ以上放置する
  • 蒸発を速めるためには、ホルマリン15mL以上を希釈(5〜10%)し加熱沸騰させる方法、ホルマリン15mL以上に対し水40mL以上及び過マンガン酸カリウム18〜20gを加える方法などを用いる

副作用

注意事項

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

医療用具の消毒、手術室・病室・家具・器具・物品などの消毒。

用法・用量(添付文書全文)

医療用具の消毒、手術室・病室・家具・器具・物品などの消毒:使用対象により、次のいずれかの方法を用いる。
1.ホルムアルデヒド1〜5%溶液による浸漬、又は清拭を行い、2時間以上放置する。
2.ガス消毒法:気密容器中あるいは密閉環境内において、容積1m3に対しホルマリン15mL以上(ホルムアルデヒドとして6g以上)を水40mL以上とともに噴霧又は蒸発させ、7〜24時間又はそれ以上放置する。
蒸発を速めるためには、ホルマリン15mL以上を希釈(5〜10%)し加熱沸騰させる方法、ホルマリン15mL以上に対し水40mL以上及び過マンガン酸カリウム18〜20gを加える方法などを用いる。

使用上の注意(添付文書全文)

(適用上の注意)
1.誤飲を避けるため、保管及び取扱いには十分注意する。
2.皮膚、粘膜(目、鼻、咽喉等)に刺激作用があるので皮膚、粘膜に付着しないようにし、付着した場合には多量の水で洗い流す(目の場合は、水洗後直ちに専門医の処置を受ける)。
3.蒸気は呼吸器等の粘膜に刺激作用があるので、吸入を避ける。
4.消毒後、残留するホルムアルデヒドは適切な方法で除去する(例えば、水洗、アンモニア水の散布、蒸発等)。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。