日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

液状フェノール「ケンエー」基本情報

一般名:液状フェノール

製薬会社:健栄製薬

薬価・規格: 13円(10mL) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 病室の消毒
  • 物品の消毒
  • 小児ストロフルスの鎮痒
  • 蕁麻疹の鎮痒
  • 虫さされの鎮痒
  • 痒疹の鎮痒
  • 皮膚の消毒
  • 家具の消毒
  • 器具の消毒
  • 手指の消毒
  • 手術室の消毒
  • 排泄物の消毒
  • 医療機器の消毒

注意すべき副作用詳しく見る

発疹過敏症状

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1.手指・皮膚の消毒:フェノール1.5〜2%溶液(本品の希釈倍数45〜60倍)を用いる
  • 2.医療機器の消毒、手術室・病室・家具・器具・物品などの消毒:フェノール2〜5%溶液(本品の希釈倍数18〜45倍)を用いる
  • 3.排泄物の消毒:フェノール3〜5%溶液(本品の希釈倍数18〜30倍)を用いる
  • 4.次記疾患の鎮痒:痒疹(小児ストロフルスを含む)、蕁麻疹、虫さされ:フェノール1〜2%溶液(本品の希釈倍数45〜90倍)、又は2〜5%軟膏(本品の希釈倍数18〜45倍)として用いる

副作用

主な副作用

発疹過敏症状

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.手指・皮膚の消毒。
    2.医療機器の消毒、手術室・病室・家具・器具・物品などの消毒。
    3.排泄物の消毒。
    4.次記疾患の鎮痒:痒疹(小児ストロフルスを含む)、蕁麻疹、虫さされ。

    用法・用量(添付文書全文)

    1.手指・皮膚の消毒:フェノール1.5〜2%溶液(本品の希釈倍数45〜60倍)を用いる。
    2.医療機器の消毒、手術室・病室・家具・器具・物品などの消毒:フェノール2〜5%溶液(本品の希釈倍数18〜45倍)を用いる。
    3.排泄物の消毒:フェノール3〜5%溶液(本品の希釈倍数18〜30倍)を用いる。
    4.次記疾患の鎮痒:痒疹(小児ストロフルスを含む)、蕁麻疹、虫さされ:フェノール1〜2%溶液(本品の希釈倍数45〜90倍)、又は2〜5%軟膏(本品の希釈倍数18〜45倍)として用いる。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    過敏症:発疹等の過敏症状(頻度不明)が現れることがあるので、このような場合には使用を中止し、適切な処置を行う。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    損傷皮膚及び粘膜[吸収され、中毒症状を起こす恐れがある]。
    (重要な基本的注意)
    1.原液又は濃厚液が皮膚に付着した場合には腐食を起こすことがあるので、直ちに拭きとりエタノール又は多量の水でよく洗い流す。
    2.眼に入らないように注意する(眼に入った場合には水でよく洗い流す)。
    3.本剤は必ず希釈し、濃度に注意して使用する。
    4.炎症又は易刺激性の部位に使用する場合には、正常の部位に使用するよりも低濃度とすることが望ましい。
    (適用上の注意)
    1.人体
    1).投与経路:外用にのみ使用する。
    2).使用時:
    (1).長期間又は広範囲に使用しない。
    (2).密封包帯、ギプス包帯、パックに使用すると刺激症状が現れることがあるので、使用しない。
    2.その他
    器具等材質:
    1).合成ゴム製品、合成樹脂製品、光学器具、鏡器具、塗装カテーテル等には変質するものがあるので、このような器具は長時間浸漬しない。
    2).金属器具を長時間浸漬する必要がある場合は、腐食を防止するために0.5〜1.0%の亜硝酸ナトリウムを添加する。
    (取扱い上の注意)
    <その他>
    1.誤飲を避けるため、保管及び取扱いには十分注意する。
    2.廃棄の方法は毒物及び劇物取締法第15条の2に従う。
    (保管上の注意)
    気密容器。
    遮光して保存。
    火気厳禁。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 週刊誌の「大人の発達障害チェックリスト」に全て該… 5分で勝負!産業メンタルヘルス事件簿
    2. 4歳女児。顔面のソバカス様の小色素斑 日経メディクイズ●皮膚
    3. 経口GLP-1薬は糖尿病治療に革命を起こすか トレンド◎GLP-1作動薬セマグルチドの経口薬が承認申請
    4. 惰性のモニタリング、だせーじゃん? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
    5. 最難関の新「造血器腫瘍ガイドライン」をモノにせよ 総合内科専門医試験 「一発合格」への道
    6. ダパグリフロジン、慢性心不全にも良好な成績 NEWS◎SGLT2阻害薬、心不全治療薬として一歩踏み出す
    7. 都道府県でこんなに違う!看護師、介護職の賃金相場 記者の眼
    8. 骨棘を除去したのに嚥下機能は低下、どうする? 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」
    9. 尿路感染症にキノロンの一辺倒使用はストップ! インタビュー◎セフェム系抗菌薬を改めて考える
    10. 急速に様変わりする肝細胞癌の治療 日経メディカルOncologyリポート
    医師と医学研究者におすすめの英文校正