日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ウエッシュクリーン基本情報

一般名:ベンザルコニウム塩化物液

製薬会社:ニプロ

薬価・規格: - (0.2%10mL) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 手指の消毒

注意すべき副作用詳しく見る

過敏症紅斑そう痒感浮腫皮膚刺激症状

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1.医療従事者の通常の手指消毒の場合:本剤約3mLを1回手掌にとり、乾燥するまで摩擦する
    • 但し、血清、膿汁等の有機物が付着している場合は、十分に洗い落とした後、本剤による消毒を行う
  • 2.術前・術後の術者の手指消毒の場合:手指及び前腕部を石鹸でよく洗浄し、水で石鹸分を十分洗い落とした後、本剤約3mLを手掌にとり、乾燥するまで摩擦し、更にこの本剤による消毒を2回繰り返す

副作用

主な副作用

過敏症紅斑そう痒感浮腫皮膚刺激症状

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    医療施設における医師、看護師等の医療従事者の手指消毒。

    用法・用量(添付文書全文)

    1.医療従事者の通常の手指消毒の場合:本剤約3mLを1回手掌にとり、乾燥するまで摩擦する。但し、血清、膿汁等の有機物が付着している場合は、十分に洗い落とした後、本剤による消毒を行う。
    2.術前・術後の術者の手指消毒の場合:手指及び前腕部を石鹸でよく洗浄し、水で石鹸分を十分洗い落とした後、本剤約3mLを手掌にとり、乾燥するまで摩擦し、更にこの本剤による消毒を2回繰り返す。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は、副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    1.過敏症:(頻度不明)紅斑、そう痒感、浮腫等[このような症状が現れた場合には、使用を中止する]。
    2.皮膚:(頻度不明)皮膚刺激症状[このような症状が現れた場合には、使用を中止する]。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    損傷皮膚及び粘膜[エタノールを含有するので、損傷皮膚及び粘膜への使用により、刺激作用を有する]。
    (重要な基本的注意)
    1.本剤は希釈せず、原液のまま使用する。
    2.眼に入らないように注意する(眼に入った場合は直ちによく水洗する)。
    (適用上の注意)
    1.投与経路:手指消毒以外の目的には使用しない。
    2.使用時:
    1).反復使用した場合には、脱脂等による皮膚荒れを起こすことがあるので注意する。
    2).血清・膿汁等の有機物は殺菌作用を減弱させるので、これらが付着している場合は、十分に洗い落としてから使用する。
    3).石鹸類は本剤の殺菌作用を弱めるので、予備洗浄に用いた石鹸分を十分に洗い落としてから使用する。
    4).引火性、爆発性があるため、火気には十分注意する。
    5).本剤で消毒した手指で、2.5kg以下の低出生体重児を取扱う場合、低出生体重児の皮膚がかぶれることがあるので十分注意する。
    (取扱い上の注意)
    1.キャップを取るときは、液が飛び出さないように容器の肩部を持ち、キャップを開封する。
    2.ディスペンサー等を取り付けるときは、液が飛び出さないように容器の肩部を持ち、ディスペンサーを回しながら取りつける。
    3.安定性試験:最終包装製品を用いた長期保存試験[室温(1〜30℃)、3年間]の結果、外観及び含量等は規格の範囲内であり、本剤は通常の市場流通下において3年間安定であることが確認された。
    (保管上の注意)
    密栓し、火気及び直射日光を避けて保存。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 主訴便秘、腹部X線で見えた不透過像の正体 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」 FBシェア数:48
    2. 感染拡大中のA型肝炎を見逃すな トレンド◎食品媒介感染症が性感染症として流行 FBシェア数:162
    3. 開業医の転医義務が問われた2つの最高裁判決 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:18
    4. 炭水化物摂取率と死亡率の関係にU字カーブあり 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:382
    5. 実は身近に起きている「コレステロール塞栓症」 記者の眼 FBシェア数:37
    6. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:310
    7. 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 リポート◎東京高裁が1審覆し自殺企図患者への対応の過失を認定 FBシェア数:1617
    8. 異常酵素の折りたたみを修正するシャペロン療法 トレンド◎ファブリー病に新機序の治療薬登場 FBシェア数:21
    9. 医療面談で役立つ「言葉」を身に付けよう 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか partII FBシェア数:43
    10. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:79
    医師と医学研究者におすすめの英文校正