日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

クレミール消毒液10%の基本情報

一般名
製薬会社
薬価・規格
6.5円(10%10mL)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • 膣の洗浄
  • 病室の消毒
  • 物品の消毒
  • 手術部位の粘膜の消毒
  • 手術部位の皮膚の消毒
  • 粘膜の創傷部位の消毒
  • 皮膚の消毒
  • 皮膚の創傷部位の消毒
  • 家具の消毒
  • 感染皮膚面の消毒
  • 器具の消毒
  • 結膜嚢の消毒
  • 結膜嚢の洗浄
  • 手指の消毒
  • 手術室の消毒
  • 手術野の粘膜の消毒
  • 手術野の皮膚の消毒
  • 医療機器の消毒
注意すべき副作用
発疹 、 そう痒感 、 過敏症状
用法・用量(主なもの)
  • 1.手指・皮膚の消毒:石鹸で十分に洗浄し、水で石鹸分を十分に洗い落とした後、本剤の100〜200倍液(0.05〜0.1%溶液)に浸して洗い、滅菌ガーゼあるいは布片で清拭する
  • 術前の手洗いの場合には、5〜10分間ブラッシングする
  • 2.手術部位(手術野)の皮膚の消毒:手術前局所皮膚面を本剤の100倍液(0.1%溶液)で約5分間洗い、その後本剤の50倍液(0.2%溶液)を塗布する
  • 3.手術部位(手術野)の粘膜の消毒、皮膚・粘膜の創傷部位の消毒:本剤の400〜1000倍液(0.01〜0.025%溶液)を用いる
  • 4.感染皮膚面の消毒:本剤の1000倍液(0.01%溶液)を用いる
  • 5.医療機器の消毒:本剤の100倍液(0.1%溶液)に10分間浸漬するか、又は厳密に消毒する際は、器具を予め2%炭酸ナトリウム水溶液で洗い、その後本剤の100倍液(0.1%溶液)中で15分間煮沸する
  • 6.手術室・病室・家具・器具・物品等の消毒:本剤の50〜200倍液(0.05〜0.2%溶液)を布片で塗布・清拭するか、又は噴霧する
  • 7.膣洗浄:本剤の200〜500倍液(0.02〜0.05%溶液)を用いる
  • 8.結膜嚢の洗浄・消毒:本剤の200〜1000倍液(0.01〜0.05%溶液)を用いる

副作用

主な副作用
発疹 、 そう痒感 、 過敏症状

注意事項

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

1.手指・皮膚の消毒。
2.手術部位(手術野)の皮膚の消毒。
3.手術部位(手術野)の粘膜の消毒、皮膚・粘膜の創傷部位の消毒。
4.感染皮膚面の消毒。
5.医療機器の消毒。
6.手術室・病室・家具・器具・物品等の消毒。
7.膣洗浄。
8.結膜嚢の洗浄・消毒。

用法・用量(添付文書全文)

1.手指・皮膚の消毒:石鹸で十分に洗浄し、水で石鹸分を十分に洗い落とした後、本剤の100〜200倍液(0.05〜0.1%溶液)に浸して洗い、滅菌ガーゼあるいは布片で清拭する。術前の手洗いの場合には、5〜10分間ブラッシングする。
2.手術部位(手術野)の皮膚の消毒:手術前局所皮膚面を本剤の100倍液(0.1%溶液)で約5分間洗い、その後本剤の50倍液(0.2%溶液)を塗布する。
3.手術部位(手術野)の粘膜の消毒、皮膚・粘膜の創傷部位の消毒:本剤の400〜1000倍液(0.01〜0.025%溶液)を用いる。
4.感染皮膚面の消毒:本剤の1000倍液(0.01%溶液)を用いる。
5.医療機器の消毒:本剤の100倍液(0.1%溶液)に10分間浸漬するか、又は厳密に消毒する際は、器具を予め2%炭酸ナトリウム水溶液で洗い、その後本剤の100倍液(0.1%溶液)中で15分間煮沸する。
6.手術室・病室・家具・器具・物品等の消毒:本剤の50〜200倍液(0.05〜0.2%溶液)を布片で塗布・清拭するか、又は噴霧する。
7.膣洗浄:本剤の200〜500倍液(0.02〜0.05%溶液)を用いる。
8.結膜嚢の洗浄・消毒:本剤の200〜1000倍液(0.01〜0.05%溶液)を用いる。

副作用(添付文書全文)

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
過敏症:発疹、そう痒感等の過敏症状(頻度不明)[このような症状が現れた場合には、使用を中止する]。

使用上の注意(添付文書全文)

(重要な基本的注意)
1.本剤は必ず希釈し、濃度に注意して使用する。
2.炎症又は易刺激性の部位(粘膜、陰股部等)に使用する場合には、通常の部位に使用するよりも低濃度とすることが望ましい。
3.深い創傷又は眼に使用する場合の希釈液としては、注射用水か滅菌精製水を用い、水道水や精製水を用いない。
(臨床検査値への影響)
本剤で消毒したカテーテルで採取した尿は、スルホサリチル酸法による尿蛋白試験で偽陽性を示すことがある。
(適用上の注意)
1.人体
1).投与経路:経口投与しない。浣腸には使用しない。
2).使用時:
(1).原液又は濃厚液が眼に入らないように注意する(眼に入った場合には水でよく洗い流す)。
(2).濃厚液の使用により、皮膚刺激症状・粘膜刺激症状が現れることがあるので、注意する。
(3).粘膜、創傷面又は炎症部位に長期間又は広範囲に使用しない(全身吸収による筋脱力を起こす恐れがある)。
(4).密封包帯、ギプス包帯、パックに使用すると刺激症状が現れることがあるので、使用しないことが望ましい。
2.その他
1).調製方法:
(1).希釈液として塩類含量の多い水又は硬水を用いる場合には、通常用いる濃度の1.5〜2倍の溶液として使用する。
(2).繊維、布(綿、ガーゼ、ウール、レーヨン等)は本剤の成分であるベンザルコニウム塩化物を吸着するので、これらを溶液に浸漬して用いる場合には、有効濃度以下とならないように注意する。
2).使用時:
(1).血清、膿汁等の有機性物質は殺菌作用を減弱させるので、これらが付着している医療器具等に用いる場合は、十分に洗い落としてから使用する。
(2).石鹸類は本剤の殺菌作用を減弱させるので、石鹸分を洗い落としてから使用する。
(3).皮膚消毒に使用する綿球、ガーゼ等は滅菌保存し、使用時に溶液に浸す。
3).器具等材質:
(1).合成ゴム製品、合成樹脂製品、光学器具、鏡器具、塗装カテーテル等への使用は避けることが望ましい。
(2).金属器具を長時間浸漬する必要がある場合は、腐食を防止するためにベンザルコニウム塩化物0.1%(本剤の100倍)溶液に0.5〜1.0%の亜硝酸ナトリウムを添加する。
(3).皮革製品の消毒に使用すると、変質させることがあるので、使用しない。
(取扱い上の注意)
薄めて使用する。
(保管上の注意)
気密容器。

処方薬辞典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。