日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

オキシドール「ケンエー」基本情報

一般名:オキシドール

製薬会社:健栄製薬

薬価・規格: 7.4円(10mL) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 中耳の炎症
  • 咽喉頭炎
  • 潰瘍の殺菌・消毒
  • 口内炎の洗口
  • 創傷の殺菌・消毒
  • 鼻炎
  • 扁桃炎
  • 粘膜の炎症
  • う窩の消毒
  • う窩の清掃
  • 外耳の炎症
  • 口腔粘膜の消毒
  • 根管の消毒
  • 根管の清掃
  • 歯の清浄

注意すべき副作用詳しく見る

空気塞栓循環動態異常口腔粘膜を刺激

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1.創傷・潰瘍:原液のままあるいは2〜3倍希釈して塗布・洗浄する
  • 2.耳鼻咽喉:原液のまま塗布、滴下あるいは2〜10倍(耳科の場合、時にグリセリン、アルコールで希釈する)希釈して洗浄、噴霧、含嗽に用いる
  • 3.口腔:口腔粘膜の消毒、う窩及び根管の清掃・消毒、歯の清浄には原液又は2倍希釈して洗浄・拭掃する
  • 口内炎の洗口には10倍希釈して洗口する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 瘻孔
    • 挫創
    • 体腔にしみ込む恐れのある部位

副作用

主な副作用

口腔粘膜を刺激

重大な副作用

空気塞栓循環動態異常

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 瘻孔
    • 挫創
    • 体腔にしみ込む恐れのある部位

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.創傷・潰瘍の殺菌・消毒。
    2.外耳・中耳の炎症、鼻炎、咽喉頭炎、扁桃炎などの粘膜の炎症。
    3.口腔粘膜の消毒、う窩及び根管の清掃・消毒、歯の清浄、口内炎の洗口。

    用法・用量(添付文書全文)

    1.創傷・潰瘍:原液のままあるいは2〜3倍希釈して塗布・洗浄する。
    2.耳鼻咽喉:原液のまま塗布、滴下あるいは2〜10倍(耳科の場合、時にグリセリン、アルコールで希釈する)希釈して洗浄、噴霧、含嗽に用いる。
    3.口腔:口腔粘膜の消毒、う窩及び根管の清掃・消毒、歯の清浄には原液又は2倍希釈して洗浄・拭掃する。口内炎の洗口には10倍希釈して洗口する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    1.重大な副作用(頻度不明)
    空気塞栓:空気塞栓を起こすことがあるので、循環動態異常を認めた場合など空気塞栓が疑われる症状がみられた場合は、速やかに本剤の使用を中止し、適切な処置を行う。
    2.その他の副作用(頻度不明)
    口腔:連用により口腔粘膜を刺激することがある。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    瘻孔、挫創等本剤を使用した際に体腔にしみ込む恐れのある部位[空気塞栓を起こしたとの報告がある]。
    (重要な基本的注意)
    長期間又は広範囲に使用しない。
    (適用上の注意)
    1.投与経路:外用にのみ使用し、内服しない。
    2.使用時:
    1).眼に入らないように注意する(眼に入った場合には水でよく洗い流す)。
    2).易刺激性の部位に使用する場合には、正常の部位に使用する場合よりも低濃度とすることが望ましい。
    3).深い創傷に使用する場合の希釈液としては、注射用水か滅菌精製水を用い、水道水や精製水を用いない。
    (その他の注意)
    長期大量経口投与によりマウスの十二指腸腫瘍の発生が認められたとの報告がある。
    (保管上の注意)
    遮光した気密容器に入れ、30℃以下。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. レッスン11◆異常陰影を指摘せよ(難易度 低) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
    2. 咳嗽診療、どこから「本気」を出す? 喘息・咳喘息診療アップデート
    3. とがった新人にナイスなおばちゃんナース 病院珍百景
    4. 延命治療の回避に努めるのが医療者の役割 インタビュー◎看取りの最前線に立つ救急医にこそ緩和ケアの視点を
    5. 吸入ステロイドで血糖は上昇するのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
    6. 授乳中の服薬は控えた方がいい? Monthly Selection ~ 日経DIプレミアム版より
    7. 安定狭心症患者に対する鍼治療のRCT JAMA Intern Med誌から
    8. 「東京2020」を機にHIV感染対策の強化を 記者の眼
    9. セファゾリン供給不足に見る臨床現場の温度差 感染症コンサルタントの青木眞氏に聞く
    10. 40歳代男性。長引く咳 日経メディクイズ●胸部X線
    医師と医学研究者におすすめの英文校正