日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

三丸希ヨーチンの基本情報

一般名
製薬会社
薬価・規格
- (10mL)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • 潰瘍の殺菌・消毒
  • 皮膚表面の消毒
  • 創傷の殺菌・消毒
注意すべき副作用
過敏症 、 ヨード疹 、 皮膚刺激症状
用法・用量(主なもの)
  • 本剤をそのまま又は2〜5倍に希釈し、1日2〜3回患部及び皮膚に適量塗布する
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • ヨード過敏症

副作用

主な副作用
過敏症 、 ヨード疹 、 皮膚刺激症状

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • ヨード過敏症

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

皮膚表面の一般消毒、創傷・潰瘍の殺菌・消毒。

用法・用量(添付文書全文)

本剤をそのまま又は2〜5倍に希釈し、1日2〜3回患部及び皮膚に適量塗布する。

副作用(添付文書全文)

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
1.過敏症:(頻度不明)ヨード疹等[このような症状が現れた場合には使用を中止する]。
2.皮膚:(頻度不明)皮膚刺激症状[このような症状が現れた場合には使用を中止する]。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
ヨード過敏症の患者。
(臨床検査結果に及ぼす影響)
血漿蛋白結合ヨード(PBI)及び甲状腺放射性ヨード摂取率の検査値に影響を及ぼすことがある。
(適用上の注意)
1.投与経路:外用にのみ使用し、内服しない。
2.使用時:
1).眼に入らないように注意する(入った場合には直ちに水でよく洗い流す)。
2).粘膜、創傷面又は炎症部位に長期間又は広範囲に使用しない。
3).深い創傷に使用する場合の希釈液としては注射用水か滅菌精製水を用い、水道水や精製水を用いない。
4).同一部位に反復使用した場合には、表皮剥離を伴う急性皮膚炎を起こすことがあるので注意する。
5).本剤は引火性、爆発性があるため、火気には十分注意する。
(取扱上の注意)
配合変化:マーキュロクロム液とは沈澱を生じる。
(保管上の注意)
気密容器。
火気厳禁。

処方薬辞典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。