日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ジムソ膀胱内注入液50%の基本情報

先発品(後発品なし)
一般名
製薬会社
薬価・規格
11210.5円(50%50mL1瓶)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • 間質性膀胱炎<ハンナ型>の頻尿の改善
  • 間質性膀胱炎<ハンナ型>の下部尿路症状の改善
  • 間質性膀胱炎<ハンナ型>の尿意亢進の改善
  • 間質性膀胱炎<ハンナ型>の慢性の骨盤部の圧迫感の改善
  • 間質性膀胱炎<ハンナ型>の慢性の骨盤部の不快感の改善
  • 間質性膀胱炎<ハンナ型>の慢性の骨盤部の疼痛の改善
注意すべき副作用
膀胱痛 、 尿道痛 、 膀胱刺激症状 、 膀胱不快感 、 頻尿 、 呼気臭 、 皮膚臭異常 、 呼気ニンニク様の臭い 、 皮膚ニンニク様の臭い 、 排尿困難
用法・用量(主なもの)
  • 通常、成人には50%(w/w)ジメチルスルホキシド溶液を1回あたり1バイアル50mL(ジメチルスルホキシドとして27g)、2週間間隔で6回膀胱内に注入する
    • なお、膀胱内注入後、可能な限り15分間以上膀胱内に保持してから排出させる
  • (用法及び用量に関連する注意)本剤による再治療は、本剤の治療により症状が改善した後、一定期間経過して治療を要する程度にまで症状が悪化した場合にのみ行うこと
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症

副作用

主な副作用
膀胱痛 、 尿道痛 、 膀胱刺激症状 、 膀胱不快感 、 頻尿 、 呼気臭 、 皮膚臭異常 、 呼気ニンニク様の臭い 、 皮膚ニンニク様の臭い 、 排尿困難

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 過敏症
患者の属性に応じた注意事項
  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 注意
    • 授乳婦
    • 新生児(低出生体重児を含む)
    • 乳児
    • 幼児・小児
年齢や性別に応じた注意事項
  • 注意
    • 小児等(0歳〜14歳)

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

間質性膀胱炎<ハンナ型>の諸症状(膀胱に関連する慢性の骨盤部の疼痛、慢性の骨盤部の圧迫感及び慢性の骨盤部の不快感、尿意亢進又は頻尿等の下部尿路症状)の改善。
(効能又は効果に関連する注意)
本剤を投与する際、十分な問診により臨床症状を確認するとともに類似症状を呈する疾患(尿路性器感染症、尿路結石、膀胱癌や前立腺癌など下部尿路の新生物、過活動膀胱や前立腺肥大症等)に留意し膀胱内視鏡、尿検査等で除外診断を実施すること。その上で、膀胱内視鏡検査によりハンナ病変が認められ、間質性膀胱炎(ハンナ型)の確定診断を受けた患者にのみ投与すること。

用法・用量(添付文書全文)

通常、成人には50%(w/w)ジメチルスルホキシド溶液を1回あたり1バイアル50mL(ジメチルスルホキシドとして27g)、2週間間隔で6回膀胱内に注入する。なお、膀胱内注入後、可能な限り15分間以上膀胱内に保持してから排出させる。
(用法及び用量に関連する注意)
本剤による再治療は、本剤の治療により症状が改善した後、一定期間経過して治療を要する程度にまで症状が悪化した場合にのみ行うこと。

副作用(添付文書全文)

次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
11.2. その他の副作用
1). 泌尿器:(10%以上)膀胱痛(30.6%)、尿道痛、膀胱刺激症状、(5〜10%未満)膀胱不快感、頻尿、(5%未満)排尿困難。
2). その他:(5〜10%未満)呼気臭・皮膚臭異常(呼気ニンニク様の臭い・皮膚ニンニク様の臭い)。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
(重要な基本的注意)
投与時反応(膀胱痛、尿道痛、膀胱刺激症状、膀胱不快感等)があらわれることがあるため、必要に応じて、本剤投与前に局所麻酔剤の膀胱内注入を行った上で投与すること。
(特定の背景を有する患者に関する注意)
(妊婦)
妊婦又は妊娠している可能性のある女性には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること(動物実験において、マウス(5g/kg以上、腹腔内)、ラット(8g/kg以上、腹腔内)、ハムスター(3.8g/kg以上、腹腔内及び静脈内)で催奇形性が認められたとの報告がある)。
(授乳婦)
治療上の有益性及び母乳栄養の有益性を考慮し、授乳の継続又は中止を検討すること(本剤のヒト乳汁中への移行は不明であるが、本剤の分子量は小さく、かつ血漿タンパク結合率が低いため、乳汁中に移行する可能性がある)。
(小児等)
小児等を対象とした臨床試験は実施していない。
(その他の注意)
15.2. 非臨床試験に基づく情報
15.2.1. ラット(9.9g/kg/日、経口)及びイヌ(1.1、3.3、9.9g/kg/日、経口)の反復投与毒性試験において、ラットでは投与18箇月後、イヌでは1.1g/kg群で投与31週後に、3.3及び9.9g/kg群では投与10週後に眼の変化(水晶体混濁又は眼の屈折率変化)が認められたとの報告がある。
15.2.2. マウスを用いた膀胱二段階発がん性試験において、100%ジメチルスルホキシドを週1回、10又は8週間膀胱内投与した結果、対照群(非投与)と比較して、プロモーション作用による膀胱癌の発生頻度の増加が認められたとの報告がある。
(保険給付上の注意)
本剤は新医薬品であるため、厚生労働省告示第107号(平成18年3月6日付、一部改正)に基づき、2022年4月末日までは、投薬は1回14日分を限度とされている。
(保管上の注意)
室温保存。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。