日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

レビトラ錠20mgの基本情報

一般名
製薬会社
薬価・規格
- (20mg1錠)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • 勃起不全
注意すべき副作用
ほてり 、 頭痛 、 消化不良 、 眩暈 、 鼻閉 、 心悸亢進 、 高血圧 、 頻脈 、 不眠症 、 異常感覚
用法・用量(主なもの)
  • 1日1回バルデナフィルとして10mgを性行為の約1時間前に経口投与する
  • 10mgの投与で十分な効果が得られず、忍容性が良好と判断された器質性又は混合型勃起不全患者に対しては、20mgに増量することができる
  • 高齢者(65歳以上)、中等度の肝障害のある患者については、本剤の血漿中濃度が上昇することが認められているので、5mgを開始用量とし、最高用量は10mgとする
  • 1日の投与は1回とし、投与間隔は24時間以上とする
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症
    • 重度肝障害
    • 特発性肥大性大動脈弁下狭窄症
    • 網膜色素変性症
    • 不安定狭心症
    • 心血管系障害
    • イトラコナゾール投与中
    • リトナビル投与中
    • インジナビル投与中
    • QT延長症候群
    • 安静時収縮期血圧>170mmHg
    • 硝酸剤投与中
    • 一酸化窒素<NO>供与剤投与中
    • 治療による管理がなされていない高血圧
    • 性行為が不適当
    • 大動脈弁狭窄症
    • 安静時拡張期血圧>100mmHg
    • アタザナビル投与中
    • クラス1A抗不整脈薬投与中
    • クラス3抗不整脈薬投与中
    • 血液透析が必要な腎障害
    • 左室流出路閉塞
    • 心血管系の状態によって性行為が望ましくない
    • 先天性QT延長
    • 低血圧[安静時収縮期血圧<90mmHg]
    • ホスアンプレナビル投与中
    • ロピナビル・リトナビル投与中
    • 心筋梗塞の既往歴が最近6カ月以内
    • 脳梗塞の既往歴が最近6カ月以内
    • 脳出血の既往歴が最近6カ月以内
    • サキナビルメシル酸塩投与中
    • ダルナビル投与中
    • テラプレビル投与中
    • コビシスタット含有製剤投与中
    • リオシグアト投与中
    • ケトコナゾール<外用剤を除く>投与中
    • オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル投与中

副作用

主な副作用
ほてり 、 頭痛 、 消化不良 、 眩暈 、 鼻閉 、 心悸亢進 、 高血圧 、 頻脈 、 不眠症 、 異常感覚 、 異常感
上記以外の副作用
傾眠 、 肝機能検査異常 、 γ−GTP上昇 、 呼吸困難 、 副鼻腔うっ血 、 鼻出血 、 背部痛 、 筋肉痛 、 皮膚そう痒 、 発汗 、 紅斑 、 嘔気 、 腹痛 、 下痢 、 口内乾燥 、 胃炎 、 嘔吐 、 視覚異常 、 霧視 、 彩視症 、 結膜炎 、 眼痛 、 羞明 、 耳鳴 、 流涙 、 無力症 、 胸痛 、 灼熱感 、 CK上昇 、 CPK上昇 、 勃起増強 、 勃起時疼痛 、 心筋梗塞 、 起立性低血圧 、 狭心症 、 緑内障 、 顔面浮腫 、 低血圧 、 心筋虚血 、 失神 、 感覚鈍麻 、 緊張亢進 、 不安 、 一過性全健忘 、 関節痛 、 頚部痛 、 光線過敏性反応 、 発疹 、 食道炎 、 胃食道逆流 、 嚥下障害 、 射精障害 、 アナフィラキシー反応 、 インフルエンザ症候群 、 持続勃起

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 過敏症
    • 重度肝障害
    • 特発性肥大性大動脈弁下狭窄症
    • 網膜色素変性症
    • 不安定狭心症
    • 心血管系障害
    • イトラコナゾール投与中
    • リトナビル投与中
    • インジナビル投与中
    • QT延長症候群
    • 安静時収縮期血圧>170mmHg
    • 硝酸剤投与中
    • 一酸化窒素<NO>供与剤投与中
    • 治療による管理がなされていない高血圧
    • 性行為が不適当
    • 大動脈弁狭窄症
    • 安静時拡張期血圧>100mmHg
    • アタザナビル投与中
    • クラス1A抗不整脈薬投与中
    • クラス3抗不整脈薬投与中
    • 血液透析が必要な腎障害
    • 左室流出路閉塞
    • 心血管系の状態によって性行為が望ましくない
    • 先天性QT延長
    • 低血圧[安静時収縮期血圧<90mmHg]
    • ホスアンプレナビル投与中
    • ロピナビル・リトナビル投与中
    • 心筋梗塞の既往歴が最近6カ月以内
    • 脳梗塞の既往歴が最近6カ月以内
    • 脳出血の既往歴が最近6カ月以内
    • サキナビルメシル酸塩投与中
    • ダルナビル投与中
    • テラプレビル投与中
    • コビシスタット含有製剤投与中
    • リオシグアト投与中
    • ケトコナゾール<外用剤を除く>投与中
    • オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル投与中
  • 慎重投与
    • 消化性潰瘍
    • 多発性骨髄腫
    • 白血病
    • α遮断薬投与中
    • Peyronie病
    • 陰茎屈曲
    • 陰茎構造上欠陥
    • 陰茎線維化
    • 鎌状赤血球性貧血
    • 持続勃起症の素因となり得る疾患
    • 勃起不全治療薬投与中
    • 出血性疾患
    • 中等度肝障害
    • マクロライド系抗生物質投与中
    • PDE5阻害薬投与中
  • 注意
    • 肝障害
    • 高血圧
    • 高脂血症
    • 糖尿病
    • 特発性肥大性大動脈弁下狭窄症
    • 心血管系障害
    • 喫煙
    • 大動脈弁狭窄症
    • 左室流出路閉塞
    • 心血管系の状態によって性行為が望ましくない
    • NAIONの危険因子を有していた
    • 冠動脈障害
  • 投与に際する指示
    • α遮断薬投与中
    • 中等度肝障害
    • マクロライド系抗生物質投与中
患者の属性に応じた注意事項
  • 慎重投与
    • 高齢者
  • 注意
    • 幼児・小児
  • 投与に際する指示
    • 幼児・小児
    • 高齢者
年齢や性別に応じた注意事項
  • 慎重投与
    • 高齢者<65歳以上>(65歳〜)
  • 注意
    • 小児(0歳〜14歳)
    • 女性
    • 50歳以上(50歳〜)
  • 投与に際する指示
    • 小児(0歳〜14歳)
    • 女性

相互作用

薬剤との相互作用
薬剤名
影響
硝酸剤
降圧作用が増強し過度に血圧を下降
一酸化窒素<NO>供与剤
降圧作用が増強し過度に血圧を下降
ニトログリセリン
降圧作用が増強し過度に血圧を下降
亜硝酸アミル
降圧作用が増強し過度に血圧を下降
硝酸イソソルビド
降圧作用が増強し過度に血圧を下降
ニコランジル
降圧作用が増強し過度に血圧を下降
マクロライド系抗生物質
本剤の血漿中濃度が上昇
テラプレビル
本剤の血漿中濃度が上昇
コビシスタットを含有する製剤
本剤の血漿中濃度が上昇
薬物代謝酵素<CYP3A4>を阻害する薬剤
本剤の血漿中濃度が上昇
ビカルタミド
本剤の血漿中濃度が上昇
硝酸剤
降圧作用を増強し過度に血圧を下降
一酸化窒素<NO>供与剤
降圧作用を増強し過度に血圧を下降
ニトログリセリン
降圧作用を増強し過度に血圧を下降
亜硝酸アミル
降圧作用を増強し過度に血圧を下降
硝酸イソソルビド
降圧作用を増強し過度に血圧を下降
ニコランジル
降圧作用を増強し過度に血圧を下降
リオシグアト
症候性低血圧
α遮断薬
症候性低血圧
テラゾシン
症候性低血圧
タムスロシン
症候性低血圧
リトナビル
本剤のAUC0−24が49倍に増加
リトナビル
本剤のCmaxが13倍に上昇
リトナビル
本剤の半減期が10倍に延長
インジナビル
本剤のAUCが16倍に増加
インジナビル
本剤のCmaxが7倍に上昇
インジナビル
本剤の半減期が2倍に延長
アタザナビル
本剤の血漿中濃度が上昇し半減期が延長
サキナビルメシル酸塩
本剤の血漿中濃度が上昇し半減期が延長
ホスアンプレナビル
本剤の血漿中濃度が上昇し半減期が延長
ロピナビル・リトナビル配合剤
本剤の血漿中濃度が上昇し半減期が延長
オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル
本剤の血漿中濃度が上昇し半減期が延長
ダルナビル
本剤の血漿中濃度が上昇し半減期が延長
ケトコナゾール<外用剤を除く>
本剤のAUCが10倍に増加
イトラコナゾール
本剤のAUCが10倍に増加
ケトコナゾール<外用剤を除く>
本剤のCmaxが4倍に上昇
イトラコナゾール
本剤のCmaxが4倍に上昇
1a群不整脈用剤
QTc延長
キニジン
QTc延長
プロカインアミド
QTc延長
3群不整脈用剤
QTc延長
アミオダロン
QTc延長
ソタロール
QTc延長
マクロライド系抗生物質
本剤のAUCが4倍に増加
エリスロマイシン
本剤のAUCが4倍に増加
マクロライド系抗生物質
本剤のCmaxが3倍に上昇
エリスロマイシン
本剤のCmaxが3倍に上昇
肝薬物代謝酵素<CYP3A4>を誘導する薬剤
本剤の血漿中濃度が低下
リファンピシン類
本剤の血漿中濃度が低下
カルペリチド
降圧作用が増強

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

勃起不全(満足な性行為を行うに十分な勃起とその維持が出来ない患者)。

用法・用量(添付文書全文)

1日1回バルデナフィルとして10mgを性行為の約1時間前に経口投与する。10mgの投与で十分な効果が得られず、忍容性が良好と判断された器質性又は混合型勃起不全患者に対しては、20mgに増量することができる。高齢者(65歳以上)、中等度の肝障害のある患者については、本剤の血漿中濃度が上昇することが認められているので、5mgを開始用量とし、最高用量は10mgとする。1日の投与は1回とし、投与間隔は24時間以上とする。

副作用(添付文書全文)

国内データ:国内で実施された臨床試験において、本剤5mg、10mg、20mgを投与された総症例913例中257例(28.15%)に副作用が認められた。主な副作用は、ほてり143例(15.66%)、頭痛51例(5.59%)、鼻閉27例(2.96%)、心悸亢進27例(2.96%)等であった(承認時)。
外国データ:外国で実施された臨床試験において、本剤5mg、10mg、20mgを投与された総症例7,080例中2,206例(31.16%)に副作用が認められた。主な副作用は、頭痛871例(12.30%)、ほてり749例(10.58%)、鼻閉313例(4.42%)、消化不良230例(3.25%)及び眩暈125例(1.77%)等であった(承認時)。
使用成績調査において、3,118例中78例(2.5%)に副作用が認められた。主な副作用は、ほてり39件(1.25%)、頭痛14件(0.45%)、動悸(心悸亢進)12件(0.38%)、鼻閉9件(0.29%)等であった(再審査終了時)。
次のような副作用が認められた場合には、必要に応じ、減量、投与中止等の適切な処置を行う。
1.循環器:(1〜10%未満)ほてり、(0.1〜1%未満)高血圧、心悸亢進、頻脈、(0.01〜0.1%未満)顔面浮腫、低血圧、心筋虚血、失神、(頻度不明)*心筋梗塞[*:因果関係は明らかではないが、本剤投与後に心筋梗塞が発症したことが報告されている]、起立性低血圧、狭心症。
2.精神神経系:(1〜10%未満)頭痛、眩暈、(0.1〜1%未満)不眠症、異常感覚、傾眠、眩暈、(0.01〜0.1%未満)感覚鈍麻、緊張亢進、不安、一過性全健忘。
3.肝臓:(0.1〜1%未満)肝機能検査異常、γ−GTP上昇。
4.呼吸器:(1〜10%未満)鼻閉、(0.1〜1%未満)呼吸困難、副鼻腔うっ血、鼻出血。
5.筋・骨格系:(0.1〜1%未満)背部痛、筋肉痛、(0.01〜0.1%未満)関節痛、頚部痛。
6.皮膚:(0.1〜1%未満)皮膚そう痒、発汗、紅斑、(0.01〜0.1%未満)光線過敏性反応、発疹。
7.消化器:(1〜10%未満)消化不良、(0.1〜1%未満)嘔気、腹痛、下痢、口内乾燥、胃炎、嘔吐、(0.01〜0.1%未満)食道炎、胃食道逆流、嚥下障害。
8.感覚器:(0.1〜1%未満)視覚異常、霧視、彩視症、結膜炎、眼痛、羞明、耳鳴、流涙、(頻度不明)緑内障。
9.その他:(0.1〜1%未満)無力症、胸痛、灼熱感、CK上昇(CPK上昇)、異常感、勃起増強(勃起時疼痛等)、(0.01〜0.1%未満)射精障害、アナフィラキシー反応、インフルエンザ症候群、持続勃起。

使用上の注意(添付文書全文)

(警告)
1.本剤と硝酸剤あるいは一酸化窒素<NO>供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジル等)との併用により降圧作用が増強し過度に血圧を下降させることがあるので、本剤投与の前に、硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤が投与されていないことを十分確認し、本剤投与中及び投与後においても硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤が投与されないよう十分注意する。
2.心筋梗塞等の重篤な心血管系等の有害事象が報告されているので、本剤投与の前に、心血管系障害の有無等を十分確認する。
(禁忌)
1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
2.硝酸剤投与中あるいは一酸化窒素<NO>供与剤投与中(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジル等)の患者。
3.心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる患者。
4.先天性QT延長患者(QT延長症候群)、クラス1A抗不整脈薬投与中(キニジン、プロカインアミド等)又はクラス3抗不整脈薬投与中(アミオダロン、ソタロール等)の患者。
5.脳梗塞の既往歴が最近6カ月以内・脳出血の既往歴が最近6カ月以内や心筋梗塞の既往歴が最近6カ月以内にある患者。
6.重度肝障害のある患者。
7.血液透析が必要な腎障害、低血圧[安静時収縮期血圧<90mmHg]又は治療による管理がなされていない高血圧[安静時収縮期血圧>170mmHg又は安静時拡張期血圧>100mmHg]、不安定狭心症のある患者。
8.リオシグアト投与中、CYP3A4を阻害する薬剤投与中(リトナビル投与中、インジナビル投与中、アタザナビル投与中、サキナビルメシル酸塩投与中、ホスアンプレナビル投与中、ロピナビル・リトナビル投与中、オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル投与中、ダルナビル投与中、テラプレビル投与中、ケトコナゾール<外用剤を除く>投与中、イトラコナゾール投与中、コビシスタット含有製剤投与中)の患者。
9.網膜色素変性症患者[網膜色素変性症の患者にはホスホジエステラーゼ(PDE)の遺伝的障害を持つ症例が少数認められる]。
(慎重投与)
1.陰茎構造上欠陥(陰茎屈曲、陰茎線維化、Peyronie病等)のある患者[性行為が困難であり痛みを伴う可能性がある]。
2.持続勃起症の素因となり得る疾患(鎌状赤血球性貧血、多発性骨髄腫、白血病等)のある患者。
3.PDE5阻害薬投与中又は他の勃起不全治療薬投与中の患者[これらの薬剤との併用使用の経験がない]。
4.出血性疾患又は消化性潰瘍のある患者[ニトロプルシドナトリウム(NO供与剤)の血小板凝集抑制作用を増強することが認められている(出血性疾患又は消化性潰瘍のある患者に対する安全性は確立していない)]。
5.チトクロームP450・3A4を阻害する薬剤投与中(マクロライド系抗生物質投与中)の患者[本剤の血漿中濃度が上昇することが認められているので、投与量は5mgを超えない]。
6.高齢者<65歳以上>。
7.中等度肝障害のある患者[本剤の血漿中濃度が上昇することが認められているので、低用量(5mg)から投与を開始するなど慎重に投与する]。
8.α遮断薬投与中の患者[併用により、症候性低血圧が現れる恐れがあるので、α遮断薬による治療で患者の状態が安定していることを確認した上で、低用量(5mg)から投与を開始するなど慎重に投与する]。
(重要な基本的注意)
1.投与に際しては、勃起不全及びその基礎疾患の診断のため、既往歴の調査や諸検査を行い、客観的な診断に基づき臨床上治療が必要とされる患者に限定する。
2.性行為は心臓へのリスクを伴うため、勃起不全の治療を開始する前に心血管系の状態に注意をはらう。本剤は血管拡張作用を有するため軽度な一過性血圧低下が現れる場合がある。大動脈弁狭窄症、特発性肥大性大動脈弁下狭窄症等、左室流出路閉塞を有する患者は本剤の血管拡張作用による影響を受ける場合があるため、心血管系の状態によって性行為が望ましくない患者には勃起不全治療薬の使用は行うべきではない。
3.臨床薬理試験において本剤投与によるQTc延長がみられていることから、心血管系障害又は肝障害を有する患者に対しては、本剤投与中に必要に応じて心電図検査を実施することが望ましい。
4.4時間以上の勃起延長又は持続勃起<6時間以上持続する痛みを伴う勃起>が外国臨床試験で少数例報告されている。持続勃起に対する処置を速やかに行わないと陰茎組織の損傷又は勃起機能を永続的に損なうことがあるので、勃起が4時間以上持続する症状がみられた場合には直ちに医師の診断を受けるよう指導する。
5.本剤は催淫剤又は性欲増進剤ではない。
6.臨床試験において、眩暈や視覚障害が認められているので、高所作業、自動車の運転等危険を伴う機械を操作する際には注意させる。
7.本剤投与後に急激な視力低下又は急激な視力喪失が現れた場合には、本剤の服用を中止し、速やかに眼科専門医の診察を受けるよう、患者に指導する。
(相互作用)
本剤は、主にチトクロームP450・3A4(CYP3A4)により代謝される。
1.併用禁忌:
1).硝酸剤及びNO供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジル等)[併用により、降圧作用を増強し過度に血圧を下降させることがある(NOはcGMPの産生を刺激し、一方、本剤はcGMPの分解を抑制することから、両剤の併用によりcGMPの増大を介するNOの降圧作用が増強する)]。
2).リオシグアト<アデムパス>[症候性低血圧を起こすことがある(細胞内cGMP濃度が増加し、全身血圧に相加的な影響を及ぼす恐れがある)]。
3).CYP3A4を阻害する薬剤:
(1).リトナビル<ノービア>[本剤のAUC0−24が49倍に増加し、本剤のCmaxが13倍に上昇し、本剤の半減期が10倍に延長するとの報告がある(CYP3A4阻害によりクリアランスが減少する)]。
(2).インジナビル<クリキシバン>[本剤のAUCが16倍に増加し、本剤のCmaxが7倍に上昇し、本剤の半減期が2倍に延長するとの報告がある(CYP3A4阻害によりクリアランスが減少する)]。
(3).アタザナビル<レイアタッツ>、サキナビルメシル酸塩<インビラーゼ>、ホスアンプレナビル<レクシヴァ>、ロピナビル・リトナビル<カレトラ>、オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル<ヴィキラックス>、ダルナビル<プリジスタ>[本剤の血漿中濃度が上昇し半減期が延長する恐れがある(CYP3A4阻害によりクリアランスが減少する)]。
(4).テラプレビル<テラビック>[本剤の血漿中濃度が上昇する恐れがある(CYP3A4阻害によりクリアランスが減少する)]。
(5).ケトコナゾール<外用剤を除く>(経口剤は国内未発売)、イトラコナゾール<イトリゾール>[本剤のAUCが10倍に増加し、本剤のCmaxが4倍に上昇するとの報告がある(CYP3A4阻害によりクリアランスが減少する)]。
(6).コビシスタットを含有する製剤<スタリビルド>[本剤の血漿中濃度が上昇する恐れがある(コビシスタットのCYP3A4阻害によりクリアランスが減少する)]。
4).クラス1A抗不整脈薬(キニジン、プロカインアミド等)、クラス3抗不整脈薬(アミオダロン、ソタロール等)[本剤の心臓伝導系への影響を検討する臨床薬理試験において本剤投与によるQTc延長がみられている(これらの薬剤はいずれもQTc延長作用がみられており、本剤を併用した場合、相加的なQTc延長がみられる恐れがある)]。
2.併用注意:
1).CYP3A4を阻害する薬剤:
(1).CYP3A4を阻害する薬剤(マクロライド系抗生物質(エリスロマイシン等))[エリスロマイシンで、本剤のAUCが4倍に増加し、本剤のCmaxが3倍に上昇するとの報告がある(CYP3A4阻害によりクリアランスが減少する)]。
(2).CYP3A4を阻害する薬剤(ビカルタミド)[本剤の血漿中濃度が上昇する恐れがある(CYP3A4阻害によりクリアランスが減少する)]。
2).CYP3A4を誘導する薬剤(リファンピシン等)[本剤の血漿中濃度が低下する恐れがある(CYP3A4誘導によりクリアランスが増加する)]。
3).カルペリチド[併用により、降圧作用が増強する恐れがある(本剤は血管拡張作用による降圧作用を有するため、併用により降圧作用が増強する恐れがある)]。
4).α遮断薬(テラゾシン、タムスロシン等)[併用により、症候性低血圧が現れる恐れがあるので、α遮断薬による治療で患者の状態が安定していることを確認した上で、本剤5mgから投与を開始し、また、α遮断薬と併用する場合には、α遮断薬との投与間隔を考慮する(本剤は血管拡張作用による降圧作用を有するため、併用により降圧作用が増強する)]。
(高齢者への投与)
本剤の血漿中濃度が上昇することがあるので、低用量(5mg)から投与を開始するなど慎重に投与する。
(妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
女性に対する適応はない。
(小児等への投与)
小児等に対する適応はない。
(過量投与)
1.症状:外国において、健康成人男子に対する120mg単回投与では、一過性背部痛、筋肉痛、視覚異常がみられたが、重篤な有害事象は認められなかった。40mg1日2回投与で、高度背部痛が認められたが、筋肉系、神経系の障害は認められなかった。40mg、120mgは国内承認用量と異なる。
2.処置:過量投与の際の特に効果的な薬物療法はないが、適切な対症療法を行う(なお、本剤は血漿蛋白結合率が高く、尿中排泄率が低いため腎透析によるクリアランスの促進は期待できない)。
(適用上の注意)
薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔を起こして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。
(その他の注意)
1.薬剤との因果関係は明らかではないが、外国において本剤を含むPDE5阻害薬投与中に、まれに、視力低下や視力喪失の原因となりうる非動脈炎性前部虚血性視神経症(NAION)の発現が報告されており、これらの患者の多くは、NAIONの危険因子を有していた[年齢(50歳以上)、糖尿病、高血圧、冠動脈障害、高脂血症、喫煙等]、外国において、NAIONを発現した45歳以上の男性を対象として実施された自己対照研究では、PDE5阻害薬の投与から消失半減期(t1/2)の5倍の期間内(バルデナフィルの場合約1日以内に相当)は、NAION発現リスクが約2倍になることが報告されている。
2.薬剤との因果関係は明らかではないが、外国において本剤を含むPDE5阻害薬投与後に、まれに、痙攣発作の発現が報告されている。
3.薬剤との因果関係は明らかではないが、外国において本剤を含むPDE5阻害薬投与後に、まれに、急激な聴力低下又は突発性難聴が報告されており、これらの患者では、耳鳴りや眩暈を伴うことがある。
4.本剤には性行為感染症を防ぐ効果はない。

処方薬辞典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。