日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

プロクトセディル坐薬の基本情報

基本情報

薬効分類
痔治療薬(外用薬)

痔の炎症を抑える成分や傷の治りをよくする成分などによって痔の症状を改善する薬

痔治療薬(外用薬)
  • 強力ポステリザン ポステリザンF
  • ネリプロクト
  • プロクトセディル
  • ボラザ
  • ヘルミチン
効能・効果
  • 痔核の腫脹の緩解
  • 痔核の出血の緩解
  • 痔核の疼痛の緩解
  • 痔核の痒感の緩解
  • 裂肛の腫脹の緩解
  • 裂肛の出血の緩解
  • 裂肛の疼痛の緩解
  • 裂肛の痒感の緩解
注意すべき副作用
下垂体・副腎皮質系機能抑制 、 皮膚真菌症 、 皮膚カンジダ症 、 皮膚白癬 、 陰部真菌症 、 陰部カンジダ症 、 陰部白癬 、 ウイルス性皮膚疾患 、 ウイルス性陰部疾患 、 過敏症
用法・用量(主なもの)
  • 1回1個を1日1〜3回肛門内に挿入する
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症
    • 局所に真菌症
    • 局所に結核性感染症
    • 局所にウイルス性感染症
    • 局所カンジダ症
    • 局所白癬
    • デスモプレシン酢酸塩水和物投与中<男性における夜間多尿による夜間頻尿>
  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 妊婦・産婦

副作用

主な副作用
皮膚真菌症 、 皮膚カンジダ症 、 皮膚白癬 、 陰部真菌症 、 陰部カンジダ症 、 陰部白癬 、 ウイルス性皮膚疾患 、 ウイルス性陰部疾患 、 過敏症 、 皮膚刺激感 、 そう痒
重大な副作用
下垂体・副腎皮質系機能抑制
上記以外の副作用
全身投与の場合と同様な症状

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 過敏症
    • 局所に真菌症
    • 局所に結核性感染症
    • 局所にウイルス性感染症
    • 局所カンジダ症
    • 局所白癬
    • デスモプレシン酢酸塩水和物投与中<男性における夜間多尿による夜間頻尿>
患者の属性に応じた注意事項
  • 禁止
    • 妊婦・産婦

相互作用

薬剤との相互作用
薬剤名
影響
デスモプレシン酢酸塩水和物<男性における夜間多尿による夜間頻尿>
低ナトリウム血症

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

痔核・裂肛の症状(出血、疼痛、腫脹、痒感)の緩解。

用法・用量(添付文書全文)

1回1個を1日1〜3回肛門内に挿入する。

副作用(添付文書全文)

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない(再審査対象外)。
1.重大な副作用
下垂体・副腎皮質系機能抑制:大量又は長期にわたる使用により、下垂体・副腎皮質系機能抑制を来すことがあるので注意する。
2.その他の副作用(頻度不明)
1).皮膚及び陰部:皮膚真菌症(皮膚カンジダ症、皮膚白癬等)及び陰部真菌症(陰部カンジダ症、陰部白癬等)、ウイルス性皮膚疾患及びウイルス性陰部疾患[このような症状が現れた場合には使用を中止する]。
2).過敏症:皮膚刺激感、そう痒等[このような症状が現れた場合には使用を中止する]。
3).長期連用:長期連用による全身投与の場合と同様な症状。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
1.局所に結核性感染症又は局所にウイルス性感染症のある患者[感染症を悪化させる恐れがある]。
2.局所に真菌症(局所カンジダ症、局所白癬等)のある患者[真菌症を悪化させる恐れがある]。
3.本剤に対し過敏症の既往歴のある患者。
4.ストレプトマイシン、カナマイシン、ゲンタマイシン、フラジオマイシン等のアミノグリコシド系抗生物質及びバシトラシン並びにヒドロコルチゾン、ジブカイン塩酸塩及びエスクロシドに対し過敏症の既往歴のある患者。
5.デスモプレシン酢酸塩水和物投与中<男性における夜間多尿による夜間頻尿>の患者。
(重要な基本的注意)
感作される恐れがあるので、観察を十分に行い、感作されたことを示す兆候(そう痒、発赤、腫脹、丘疹、小水疱等)が現れた場合には使用を中止する。
(相互作用)
併用禁忌:デスモプレシン酢酸塩水和物<男性における夜間多尿による夜間頻尿><ミニリンメルト>[低ナトリウム血症が発現する恐れがある(機序不明)]。
(妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
妊娠中の投与に関する安全性は確立していないので、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、大量又は長期にわたる使用は避ける。
(小児等への投与)
ステロイド剤の大量又は長期の投与により、小児の発育障害を来したという報告があるので、観察を十分に行う。
(取扱い上の注意)
本剤は、通常固形の状態を保ち、挿入したとき体温で溶けて効果が発現するよう調製されているので、保管は30℃以下とし、夏季には、涼しい場所に保管する。本剤が軟化して挿入が困難な場合には、被包のまま紡すい型の先端を下に向けて、冷水又は冷蔵庫に入れて硬化してから使用する。
(保管上の注意)
30℃以下。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。