日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ヘモタイトカプセル200mg基本情報

後発品(加算対象)

一般名:トリベノシドカプセル

製薬会社:サンド

薬価・規格: 13.2円(200mg1カプセル) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 内痔核の腫脹
  • 内痔核の出血

注意すべき副作用詳しく見る

多形<滲出性>紅斑過敏症発疹発熱そう痒感腹痛胃痛下痢悪心食欲不振

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1回トリベノシドとして200mgを1日3回食後に経口投与する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症

副作用

主な副作用

過敏症発疹発熱そう痒感腹痛胃痛下痢悪心食欲不振胃もたれ感便秘

重大な副作用

多形<滲出性>紅斑

上記以外の副作用

嘔吐口内乾燥感口角炎口唇小水疱頭痛しびれ感顔面浮腫倦怠感

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症
  • 慎重投与
    • アレルギー疾患
    • アレルギー性鼻炎
    • 気管支喘息
    • 慢性関節リウマチ
    • 薬剤に対する過敏症
    • 食物に対する過敏症
    • トリベノシド製剤併用

患者の属性に応じた注意事項

  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 慎重投与
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
トリベノシド製剤 血中濃度が上昇
クマリン系抗凝血剤 作用を増強
ワルファリン 作用を増強

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    内痔核に伴う出血・腫脹。

    用法・用量(添付文書全文)

    1回トリベノシドとして200mgを1日3回食後に経口投与する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    1.重大な副作用(頻度不明)
    多形(滲出性)紅斑:多形<滲出性>紅斑が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    2.その他の副作用(頻度不明)
    1).過敏症:発疹、発熱、そう痒感[観察を十分に行い、このような場合には直ちに投与を中止する]。
    2).消化器:腹痛、胃痛、下痢、悪心、食欲不振、胃もたれ感、便秘、嘔吐、口内乾燥感、口角炎、口唇小水疱。
    3).精神神経系:頭痛、しびれ感。
    4).その他:顔面浮腫、倦怠感。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
    (慎重投与)
    1.他の薬剤に対する過敏症や食物に対する過敏症等の既往歴のある患者[発疹等の過敏症状発現率が高い傾向にある]。
    2.気管支喘息、アレルギー性鼻炎等アレルギー疾患の患者及びそれらの既往歴のある患者[発疹等の過敏症状発現率が高い傾向にある]。
    3.他のトリベノシド製剤併用患者[トリベノシドの血中濃度が上昇する]。
    4.慢性関節リウマチの患者[動物実験でアジュバント関節炎を増強させる傾向が報告されている]。
    5.高齢者。
    (重要な基本的注意)
    発疹等が現れることがあるので、本剤の投与にあたっては、過敏症の既往の有無について十分に問診を行う。
    (相互作用)
    併用注意:クマリン系抗凝血剤(ワルファリン等)[クマリン系抗凝血剤の作用を増強することがあるので用量を調節するなど注意する(機序は不明であるが、ラットによるプロトロンビン時間を指標とした実験で、トリベノシドはクマリン系抗凝血剤ジクマロールの作用を増強するとの報告がある)]。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので慎重に投与する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。
    (適用上の注意)
    1.調剤時:本剤は吸湿しやすい製剤であるので、PTPシートからカプセルを取り出さないように注意する。
    2.薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔を起こして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。
    (取扱い上の注意)
    1.保管方法:軟カプセル剤であるので、高温・多湿の場所に保管しない。
    2.安定性試験:最終包装製品を用いた加速試験(40℃、相対湿度75%、6カ月)の結果、ヘモタイトカプセル200mgは通常の市場流通下において3年間安定であることが推測された。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 終末期、患者に選択肢を提示するのはタブー 日本赤十字社医療センター救急科の山下智幸氏に聞く FBシェア数:179
    2. 論文掲載を狙いたい「バリュー雑誌」 市中病院からトップジャーナルを狙おう! FBシェア数:78
    3. 8カ月男児、身体が柔らかい、運動発達が進まない 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
    4. 医師国試合格発表、合格率は89.0%にダウン 9029人の新医師が誕生、あなたの大学の合格率は? FBシェア数:512
    5. 働き方改革の最終報告書案、「年1860時間」の特… シリーズ◎医師の働き方改革に関する検討会 FBシェア数:53
    6. 腹痛による不登校を繰り返す児童で考えたいこと 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:21
    7. 在宅の管理料が査定、レセプトのどこが問題? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:14
    8. 加算は場当たり的、今こそ医療財政の抜本改革を シリーズ◎何でもPros Cons【診療報酬上の加算ってどう思う?】 FBシェア数:5
    9. 医師の働き方改革が支離滅裂なワケ 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:42
    10. 病理医がAIに置き換わらない理由、教えます シリーズ◎何でもPros Cons【医師の仕事は半分以上AIに置き換わる?】 FBシェア数:179
    医師と医学研究者におすすめの英文校正