日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

フラジール腟錠250mgの基本情報

一般名
製薬会社
薬価・規格
36.7円(250mg1錠)
添付文書

基本情報

薬効分類
メトロニダゾール製剤

細菌や原虫のDNAの切断作用などにより、抗菌作用や抗原虫作用をあらわす薬

メトロニダゾール製剤
  • フラジール
  • アネメトロ
効能・効果
  • トリコモナス膣炎
  • 細菌性膣症
注意すべき副作用
過敏症 、 そう痒感 、 膣壁充血 、 局所刺激 、 局所発赤 、 Candida albicans出現
用法・用量(主なもの)
  • 1.トリコモナス膣炎:メトロニダゾールとして、1クールとして、1日1回250mgを10〜14日間膣内に挿入する
  • 2.細菌性膣症:メトロニダゾールとして、1日1回250mgを7〜10日間膣内に挿入する
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症

副作用

主な副作用
過敏症 、 そう痒感 、 膣壁充血 、 局所刺激 、 局所発赤 、 Candida albicans出現

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 過敏症

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

1.トリコモナス膣炎。
2.細菌性膣症。

用法・用量(添付文書全文)

1.トリコモナス膣炎:メトロニダゾールとして、1クールとして、1日1回250mgを10〜14日間膣内に挿入する。
2.細菌性膣症:メトロニダゾールとして、1日1回250mgを7〜10日間膣内に挿入する。
<用法・用量に関連する使用上の注意>
本剤の使用にあたっては、耐性菌の発現等を防ぐため、原則として感受性を確認し、疾病の治療上必要な最小限の期間の投与にとどめる。

副作用(添付文書全文)

トリコモナス膣炎に対する再評価結果における安全性評価対象例456例中、副作用は10例(2.2%)に認められた。
1.過敏症:(0.1〜5%未満)そう痒感、膣壁充血等の局所刺激、局所発赤[症状が現れた場合には投与を中止する]。
2.生殖器:(5%以上又は頻度不明)Candida albicans出現。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
既往に本剤の成分に対する過敏症を起こした患者。
(小児等への投与)
低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立されていない[使用経験がない]。
(適用上の注意)
本剤はPTPシートから取り出して膣内にのみ使用するよう指導する。
(保管上の注意)
遮光・気密容器(発泡錠により防湿)。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。