日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

イスツリサ錠5mgの基本情報

先発品(後発品なし)

基本情報

効能・効果
  • クッシング症候群
注意すべき副作用
低コルチゾール血症 、 副腎皮質機能不全 、 コルチゾール値が基準値を下回った 、 コルチゾール値が急速に低下 、 低カリウム血症 、 食欲減退 、 浮動性めまい 、 頭痛 、 低血圧 、 悪心
用法・用量(主なもの)
  • 通常、成人にはオシロドロスタットとして1回1mgを1日2回経口投与から開始するが、開始用量は患者の状態に応じて適宜減量する
  • その後は、患者の状態に応じて適宜増減するが、最高用量は1回30mgを1日2回とする
  • (用法及び用量に関連する注意)7.1. 投与量は、血中・尿中コルチゾール値、臨床症状等により調整し、投与開始後、用量を漸増する場合は1〜2週間に1回を目安に増量し、増量幅は1回1〜2mgを目安とし、副作用の発現や、コルチゾール値が基準値を下回った場合及びコルチゾール値が急速に低下した場合には、本剤の減量又は休薬を考慮し、適切な処置を行うこと〔8.1参照〕
  • 7.2. 投与開始後、十分な臨床効果が継続されるまでは、1〜2週間に1回を目安に血中・尿中コルチゾール値等を測定し、その後も定期的に測定すること〔8.1参照〕
  • 7.3. 中等度<Child−Pugh分類クラスB>の肝機能障害患者では、1回1mgを1日1回を目安に投与を開始し、投与タイミングは夕方とすることが望ましく、重度<Child−Pugh分類クラスC>の肝機能障害患者では、1回1mgを2日に1回を目安に投与を開始し、投与タイミングは夕方とすることが望ましい(その後も患者の状態を観察しながら慎重に投与すること)〔9.3.1、9.3.2、16.6.2参照〕
  • 7.4. 本剤の服用を忘れた場合は、次のあらかじめ定めた服用時に1回分の量を服用すること
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症
    • 副腎皮質機能不全
  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 妊婦・産婦

副作用

主な副作用
低カリウム血症 、 食欲減退 、 浮動性めまい 、 頭痛 、 低血圧 、 悪心 、 嘔吐 、 下痢 、 男性型多毛症 、 ざ瘡 、 血中コルチコトロピン増加
重大な副作用
低コルチゾール血症 、 副腎皮質機能不全 、 コルチゾール値が基準値を下回った 、 コルチゾール値が急速に低下 、 QT間隔が480msecを超えて延長
上記以外の副作用
血中テストステロン増加 、 疲労 、 浮腫 、 けん怠感 、 失神 、 頻脈 、 腹痛 、 発疹 、 トランスアミナーゼ上昇 、 心電図QT延長

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 過敏症
    • 副腎皮質機能不全
  • 慎重投与
    • 中等度<Child−Pugh分類クラスB>の肝機能障害
    • 重度<Child−Pugh分類クラスC>の肝機能障害
  • 注意
    • QT延長
    • 高血圧
    • 低カリウム血症
    • 低マグネシウム血症
    • 電解質異常
    • 徐脈性不整脈
    • 先天性QT延長症候群
    • うっ血性心不全
    • コルチゾール需要が増加している状態
  • 投与に際する指示
    • 高血圧
    • 低カリウム血症
    • 低マグネシウム血症
    • 中等度<Child−Pugh分類クラスB>の肝機能障害
    • 重度<Child−Pugh分類クラスC>の肝機能障害
患者の属性に応じた注意事項
  • 禁止
    • 妊婦・産婦
  • 慎重投与
    • 高齢者
  • 注意
    • 授乳婦
    • 新生児(低出生体重児を含む)
    • 乳児
    • 幼児・小児
年齢や性別に応じた注意事項
  • 注意
    • 妊娠可能な女性(11歳〜)
    • 小児等(0歳〜14歳)

相互作用

薬剤との相互作用
薬剤名
影響
肝薬物代謝酵素CYP2D6を阻害する薬剤
オシロドロスタットの血漿中濃度が影響を受ける
UGT2B7を阻害する薬剤
オシロドロスタットの血漿中濃度が影響を受ける
UGT2B10を阻害する薬剤
オシロドロスタットの血漿中濃度が影響を受ける
肝薬物代謝酵素<CYP3A4>を誘導する薬剤
オシロドロスタットの血漿中濃度が影響を受ける
CYP2B6誘導作用を有する薬剤
オシロドロスタットの血漿中濃度が影響を受ける
CYP2D6を誘導する薬剤
オシロドロスタットの血漿中濃度が影響を受ける
UGT1A4を誘導する薬剤
オシロドロスタットの血漿中濃度が影響を受ける
UGT2B7を誘導する薬剤
オシロドロスタットの血漿中濃度が影響を受ける
UGT2B10を誘導する薬剤
オシロドロスタットの血漿中濃度が影響を受ける
リファンピシン類
本薬の血中濃度が低下し作用が減弱
カルバマゼピン
本薬の血中濃度が低下し作用が減弱
フェノバルビタール
本薬の血中濃度が低下し作用が減弱
薬物代謝酵素<CYP3A4>を阻害する薬剤
本薬の血中濃度が上昇し作用が増強
CYP2B6の阻害剤
本薬の血中濃度が上昇し作用が増強
UGT1A4の阻害剤
本薬の血中濃度が上昇し作用が増強
CYP1A2の基質となる薬剤
血中濃度が上昇
テオフィリン
血中濃度が上昇
チザニジン
血中濃度が上昇
CYP2C19の基質
血中濃度が上昇
オメプラゾール
血中濃度が上昇
QTを延長する薬剤
QT延長を起こす又は悪化
抗不整脈剤
QT延長を起こす又は悪化
キニジン
QT延長を起こす又は悪化
プロカインアミド
QT延長を起こす又は悪化
アミオダロン
QT延長を起こす又は悪化
ソタロール
QT延長を起こす又は悪化
パシレオチドパモ酸塩
QT延長を起こす又は悪化

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

クッシング症候群(外科的処置で効果が不十分又は施行が困難な場合)。

用法・用量(添付文書全文)

通常、成人にはオシロドロスタットとして1回1mgを1日2回経口投与から開始するが、開始用量は患者の状態に応じて適宜減量する。その後は、患者の状態に応じて適宜増減するが、最高用量は1回30mgを1日2回とする。
(用法及び用量に関連する注意)
7.1. 投与量は、血中・尿中コルチゾール値、臨床症状等により調整し、投与開始後、用量を漸増する場合は1〜2週間に1回を目安に増量し、増量幅は1回1〜2mgを目安とし、副作用の発現や、コルチゾール値が基準値を下回った場合及びコルチゾール値が急速に低下した場合には、本剤の減量又は休薬を考慮し、適切な処置を行うこと〔8.1参照〕。
7.2. 投与開始後、十分な臨床効果が継続されるまでは、1〜2週間に1回を目安に血中・尿中コルチゾール値等を測定し、その後も定期的に測定すること〔8.1参照〕。
7.3. 中等度<Child−Pugh分類クラスB>の肝機能障害患者では、1回1mgを1日1回を目安に投与を開始し、投与タイミングは夕方とすることが望ましく、重度<Child−Pugh分類クラスC>の肝機能障害患者では、1回1mgを2日に1回を目安に投与を開始し、投与タイミングは夕方とすることが望ましい(その後も患者の状態を観察しながら慎重に投与すること)〔9.3.1、9.3.2、16.6.2参照〕。
7.4. 本剤の服用を忘れた場合は、次のあらかじめ定めた服用時に1回分の量を服用すること。

副作用(添付文書全文)

次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
11.1. 重大な副作用
11.1.1. 低コルチゾール血症(53.9%):低コルチゾール血症があらわれることがあり、副腎皮質機能不全に至るおそれがあるので、コルチゾール値が基準値を下回った場合やコルチゾール値が急速に低下した場合、低コルチゾール血症が疑われる症状が認められた場合には、本剤の減量又は休薬を考慮し、必要に応じて副腎皮質ステロイド投与等の適切な処置を行うこと。副腎皮質機能不全が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと〔8.1、8.2参照〕。
11.1.2. QT延長(3.6%):QT間隔が480msecを超えて延長した場合は、本剤の減量又は休薬を検討すること〔8.3、9.1.1、10.2、17.3.1参照〕。
11.2. その他の副作用
1). 代謝:(5〜30%未満)低カリウム血症、食欲減退。
2). 神経系:(5〜30%未満)浮動性めまい、頭痛、(5%未満)失神。
3). 循環器:(5%未満)頻脈。
4). 血管:(5〜30%未満)低血圧。
5). 消化器:(5〜30%未満)悪心、嘔吐、下痢、(5%未満)腹痛。
6). 皮膚:(5〜30%未満)男性型多毛症、ざ瘡、(5%未満)発疹。
7). 臨床検査:(5〜30%未満)血中コルチコトロピン増加、血中テストステロン増加、(5%未満)トランスアミナーゼ上昇、心電図QT延長。
8). その他:(30%以上)疲労、(5〜30%未満)浮腫、けん怠感。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
2.1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
2.2. 副腎皮質機能不全の患者[急性副腎不全をきたすことがある]。
2.3. 妊婦又は妊娠している可能性のある女性〔9.5妊婦の項参照〕。
(重要な基本的注意)
8.1. 本剤の投与中に副腎皮質機能低下し、低コルチゾール血症があらわれることがあり、副腎皮質機能不全に至るおそれがあるので、定期的に血中・尿中コルチゾール値等を測定し、患者の状態を十分に観察すること(特に、ストレス等でコルチゾール需要が増加している状態のときは注意すること)。コルチゾール値が基準値を下回った場合やコルチゾール値が急速に低下した場合、低コルチゾール血症が疑われる症状が認められた場合には、本剤の減量又は休薬や、副腎皮質ステロイド投与を含めて適切な処置を行うこと(また、低血圧、低ナトリウム血症、高カリウム血症及び低血糖の発現に注意すること)、本剤の投与を再開する場合は、コルチゾール値(24時間尿中遊離コルチゾール値、血中コルチゾール値等)が基準値下限を超え、症状が消失したことを確認した上で、投与中止時の用量より低用量とする等、慎重に投与を開始すること〔7.1、7.2、8.2、11.1.1参照〕。
8.2. 患者に対し、低コルチゾール血症が疑われる症状(悪心、嘔吐、疲労、腹痛、食欲不振、めまい等)が認められた場合には、速やかに主治医に連絡するよう指導すること〔8.1、11.1.1参照〕。
8.3. QT延長があらわれることがあるので、投与開始前及び投与開始後1週間以内を目安に心電図検査を行い、また、増量時も含め、その後も必要に応じて心電図検査を行うこと〔9.1.1、10.2、11.1.2、17.3.1参照〕。
8.4. 本剤の投与中にコルチゾール前駆体血中濃度上昇及びアルドステロン前駆体血中濃度上昇(11−デオキシコルチゾール血中濃度上昇、11−デオキシコルチコステロン血中濃度上昇)及びアンドロゲン血中濃度上昇し、低カリウム血症、浮腫、高血圧等があらわれることがあるので、定期的に検査を行うなど、患者の状態を十分に観察すること。低カリウム血症の患者に本剤を投与する場合には、投与開始前に必ず電解質の補正を行うこと。本剤の投与中に低カリウム血症が生じた場合は、必要に応じてカリウム補充を行い、カリウム補充で改善がみられない場合は、本剤の減量又は休薬を含めて適切な処置を行うこと〔9.1.2参照〕。
8.5. 副腎皮質刺激ホルモン産生下垂体腫瘍によるクッシング症候群(クッシング病)では、下垂体腫瘍が増大し、視野狭窄などの重篤な症状を生じるおそれがあるので、定期的に画像検査を行うなど、患者の状態を十分に観察すること(腫瘍の増大が認められた場合は、他の治療法への切替え等の適切な処置を行うこと)。
8.6. めまい、眠気等があらわれることがあるので、自動車の運転等危険を伴う機械を操作する際には注意させること。
8.7. 本剤は、クッシング症候群の治療に対して十分な知識・経験を持つ医師のもとで投与すること。
(特定の背景を有する患者に関する注意)
(合併症・既往歴等のある患者)
9.1.1. QT延長を起こしやすい患者(先天性QT延長症候群、うっ血性心不全、徐脈性不整脈、電解質異常の患者等):定期的に心電図検査を行うこと(QT延長を起こすおそれがある)。
低カリウム血症又は低マグネシウム血症の患者に本剤を投与する場合には、投与開始前に必ず電解質の補正を行い、投与中は定期的に血液検査を行うこと〔8.3、11.1.2、17.3.1参照〕。
9.1.2. 高血圧のある患者:投与中は十分な血圧のコントロールを行うこと(血圧が上昇するおそれがある)〔8.4参照〕。
(肝機能障害患者)
9.3.1. 重度<Child−Pugh分類クラスC>の肝機能障害患者:1回1mgを2日に1回を目安に投与を開始し、用量を漸増する場合は、血中・尿中コルチゾール値等を頻回に測定する等、患者の状態を十分に観察し、1回1mgを1日1回、1回1mgを1日2回に増量する等、段階的に行うことが望ましく、その後も患者の状態を観察しながら慎重に投与すること(本剤の血中濃度が上昇するおそれがあり、重度の肝機能障害患者は有効性及び安全性を指標とした臨床試験では除外されている)〔7.3、16.6.2参照〕。
9.3.2. 中等度<Child−Pugh分類クラスB>の肝機能障害患者:1回1mgを1日1回を目安に投与を開始し、用量を漸増する場合は、血中・尿中コルチゾール値等を頻回に測定する等、患者の状態を十分に観察し、1回1mgを1日2回に増量する等、段階的に行うことが望ましく、その後も患者の状態を観察しながら慎重に投与すること(本剤の血中濃度が上昇するおそれがあり、中等度の肝機能障害患者は有効性及び安全性を指標とした臨床試験では除外されている)〔7.3、16.6.2参照〕。
(生殖能を有する者)
妊娠可能な女性:妊娠可能な女性に対しては、本剤投与中及び投与中止後1週間は適切な避妊を行うよう指導し、また、必要に応じて本剤投与開始前に妊娠検査を実施し、妊娠していないことを確認すること(動物実験(ラット)において、雌で発情周期異常、交配所要日数延長、交配率低下及び受胎率低下、並びに黄体数減少、着床数減少及び生存胚数減少が認められている)。
(妊婦)
妊婦又は妊娠している可能性のある女性には投与しないこと(動物実験(ラット、ウサギ)では、ラット及びウサギの臨床最高用量における曝露量のそれぞれ43倍及び約4.3倍で胚死亡増加・胎仔死亡増加、胎仔体重減少(ラット)、生存胎仔数減少、外表奇形(ラット)、内臓変異(ラット)及び骨格変異増加を含む胚毒性・胎仔毒性及び催奇形性が認められており、別の動物実験(ラット)では、分娩異常、分娩遅延が認められている)〔2.3参照〕。
(授乳婦)
授乳しないことが望ましい(本剤のヒト乳汁中への移行については不明であるが、本薬の特性を踏まえると乳汁中に移行する可能性があり、本薬の薬理作用から児の副腎機能への影響が懸念される)。
(小児等)
小児等を対象とした臨床試験は実施していない。
(高齢者)
患者の状態を観察しながら慎重に投与すること(一般に生理機能が低下していることが多い)。
(相互作用)
オシロドロスタットは主にCYP3A4、CYP2B6、CYP2D6による酸化的代謝と、UGT1A4、UGT2B7、UGT2B10によるグルクロン酸抱合により代謝されるため、複数の代謝酵素を阻害又は誘導する薬剤を併用(CYP3A4を阻害する薬剤、CYP2B6を阻害する薬剤、CYP2D6を阻害する薬剤、UGT1A4を阻害する薬剤、UGT2B7を阻害する薬剤、UGT2B10を阻害する薬剤、CYP3A4を誘導する薬剤、CYP2B6を誘導する薬剤、CYP2D6を誘導する薬剤、UGT1A4を誘導する薬剤、UGT2B7を誘導する薬剤、UGT2B10を誘導する薬剤)する場合にはオシロドロスタットの血漿中濃度が影響を受ける可能性がある。
10.2. 併用注意:
1). リファンピシン、カルバマゼピン、フェノバルビタール等〔16.4参照〕[本薬の血中濃度が低下し作用が減弱するおそれがある(これらの薬剤が本剤の代謝酵素であるCYP3A4、CYP2B6、UGT1A4等を誘導することにより、本剤の代謝が促進される)]。
2). 複数の薬物代謝酵素の阻害剤併用(CYP3A4の阻害剤、CYP2B6の阻害剤、UGT1A4の阻害剤等)〔16.4参照〕[本薬の血中濃度が上昇し作用が増強するおそれがある(本剤の代謝酵素であるCYP3A4、CYP2B6、UGT1A4等を阻害することにより、本剤の代謝が阻害される)]。
3). CYP1A2の基質となる薬剤(テオフィリン、チザニジン等)〔16.7.1参照〕[これらの薬剤の血中濃度が上昇するおそれがある(本剤がこれらの薬剤の代謝酵素(CYP1A2)を阻害する)]。
4). CYP2C19の基質となる薬剤(オメプラゾール等)〔16.7.1参照〕[これらの薬剤の血中濃度が上昇するおそれがある(本剤がこれらの薬剤の代謝酵素(CYP2C19)を阻害する)]。
5). QT延長を起こすことが知られている薬剤、抗不整脈剤(キニジン、プロカインアミド、アミオダロン、ソタロール等)、パシレオチドパモ酸塩等〔8.3、11.1.2参照〕[QT延長を起こす又は悪化させるおそれがあるため、観察を十分に行うこと(いずれもQT延長の副作用を有するため)]。
(適用上の注意)
14.1. 薬剤交付時の注意
PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導すること(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することがある)。
(保管上の注意)
25℃以下に保存。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。