日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

セキソビット錠100mg基本情報

先発品(後発品なし)

一般名:シクロフェニル錠

製薬会社:あすか製薬

薬価・規格: 32.4円(100mg1錠) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 希発月経の排卵誘発
  • 第1度無月経の排卵誘発
  • 無排卵性月経の排卵誘発

注意すべき副作用詳しく見る

肝機能障害黄疸AST上昇ALT上昇γ−GTP上昇発熱倦怠感卵巣過剰刺激下腹部痛卵巣腫大症状

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • シクロフェニルとして、1日400〜600mgを2〜3回に分け、5〜10日間経口投与し、症状に応じてこれを反復する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 下垂体腫瘍
    • 子宮内膜癌
    • 頭蓋内に病変
    • 乳癌
    • 無排卵症以外の不妊症
    • 卵巣腫瘍
    • 副腎機能異常による無排卵症
    • 多嚢胞性卵巣症候群を原因としない卵巣腫大
    • 原発性卵巣機能不全による尿中性腺刺激ホルモン分泌の高い
    • 甲状腺機能異常による無排卵症
    • 第2度無月経
    • エストロゲン依存性悪性腫瘍
    • 児を望まない無排卵症
  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 妊婦・産婦

副作用

主な副作用

卵巣過剰刺激下腹部痛卵巣腫大症状不正出血過敏症発疹悪心嘔吐便秘下痢食欲不振

重大な副作用

肝機能障害黄疸AST上昇ALT上昇γ−GTP上昇発熱倦怠感

上記以外の副作用

胃痛腹部膨満感頭痛眩暈情動不安眼精疲労顔面潮紅全身倦怠感頻尿尿量増加鼻出血口中違和感体重増加

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 下垂体腫瘍
    • 子宮内膜癌
    • 頭蓋内に病変
    • 乳癌
    • 無排卵症以外の不妊症
    • 卵巣腫瘍
    • 副腎機能異常による無排卵症
    • 多嚢胞性卵巣症候群を原因としない卵巣腫大
    • 原発性卵巣機能不全による尿中性腺刺激ホルモン分泌の高い
    • 甲状腺機能異常による無排卵症
    • 第2度無月経
    • エストロゲン依存性悪性腫瘍
  • 原則禁止
    • 児を望まない無排卵症
  • 慎重投与
    • 子宮内膜症
    • 子宮筋腫
    • 乳房レントゲン像に異常
    • 乳房結節
    • 乳癌
    • 乳腺症
    • 多嚢胞性卵巣
    • 乳癌家族素因が強い
    • 未治療の子宮内膜増殖症
  • 注意
    • 下垂体腫瘍
    • 頭蓋内に病変
    • 無排卵症以外の不妊症
    • 副腎機能異常による無排卵症
    • 原発性卵巣機能不全による尿中性腺刺激ホルモン分泌の高い
    • 甲状腺機能異常による無排卵症
    • 第2度無月経

患者の属性に応じた注意事項

  • 禁止
    • 妊婦・産婦

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    第1度無月経、無排卵性月経、希発月経の排卵誘発。

    用法・用量(添付文書全文)

    シクロフェニルとして、1日400〜600mgを2〜3回に分け、5〜10日間経口投与し、症状に応じてこれを反復する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない(再審査対象外)。
    1.重大な副作用(頻度不明)
    肝機能障害、黄疸:AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)、γ−GTP上昇等、発熱、倦怠感等を伴う肝機能障害、黄疸が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    2.その他の副作用(頻度不明)
    1).卵巣過剰刺激:下腹部痛等の卵巣腫大症状[発現した場合には投与を中止する]。
    2).子宮:不正出血。
    3).過敏症:発疹等[発現した場合には投与を中止する]。
    4).消化器:悪心、嘔吐、便秘、下痢、食欲不振、胃痛、腹部膨満感等。
    5).精神神経系:頭痛、眩暈、情動不安、眼精疲労等。
    6).その他:顔面潮紅、全身倦怠感、頻尿、尿量増加、鼻出血、口中違和感、体重増加。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    1.エストロゲン依存性悪性腫瘍(例えば、乳癌、子宮内膜癌)及びその疑いのある患者[腫瘍の悪化あるいは顕性化を促すことがある]。
    2.卵巣腫瘍のある患者及び多嚢胞性卵巣症候群を原因としない卵巣腫大のある患者[卵胞刺激ホルモン分泌作用により、これらの症状が増悪することがある]。
    3.妊婦又は妊娠している可能性のある女性。
    (原則禁忌)
    児を望まない無排卵症患者[妊娠する可能性がある]。
    (慎重投与)
    1.未治療の子宮内膜増殖症のある患者[子宮内膜増殖症は細胞異型を伴う場合があるため]。
    2.子宮筋腫のある患者[子宮筋腫の発育を促進する恐れがある]。
    3.子宮内膜症のある患者[症状が増悪する恐れがある]。
    4.乳癌の既往歴のある患者[乳癌が再発する恐れがある]。
    5.乳癌家族素因が強い患者、乳房結節のある患者、乳腺症の患者又は乳房レントゲン像に異常がみられた患者[症状が増悪する恐れがある]。
    6.多嚢胞性卵巣のある患者[卵巣過剰刺激を起こしやすい]。
    (重要な基本的注意)
    1.妊娠初期の不注意な投与を避けるため、次の点に注意する。
    1).投与前少なくとも1カ月間及び治療期間中は基礎体温を必ず記録させ、排卵誘発の有無を観察する。
    2).無月経患者においては投与前にプロゲステロン・テストを行い、消退性出血開始日を第1日として5日目に、また、投与前に自然出血(無排卵周期症)があった場合は、その5日目に投与を開始する。
    3).投与後基礎体温が高温相に移行した場合は、投与を中止し、必ず妊娠成立の有無を確認する。
    2.対象外患者
    1).本療法の対象は間脳又は下垂体前葉の機能障害に由来する性腺刺激ホルモン低分泌無排卵症患者であるので、次の患者は本療法の対象から除外する:(1)原発性卵巣機能不全による尿中性腺刺激ホルモン分泌の高い患者、(2)副腎機能異常による無排卵症及び甲状腺機能異常による無排卵症患者、(3)頭蓋内に病変(下垂体腫瘍等)のある患者、(4)無排卵症以外の不妊症患者。
    2).無月経患者には、プロゲステロン・テストを行って消退性出血の出現を確認し、第2度無月経患者は本療法の対象から除外する。
    3.卵巣過剰刺激
    1).本療法の卵巣過剰刺激による副作用を避けるため、次の点に留意し、異常が認められた場合には直ちに投与を中止する:(1)患者の自覚症状(下腹部痛、下腹部緊迫感、悪心、腰痛等)の有無、(2)急激な体重増加の有無、(3)卵巣腫大の有無(内診、超音波検査等の実施)。
    2).患者に対しては、あらかじめ次の点を説明する。
    (1).卵巣過剰刺激を引き起こすことがある。
    (2).卵巣過剰刺激の結果として多胎妊娠の可能性がある。
    (3).異常が認められた場合には直ちに医師等に相談する。
    4.3クール反復投与しても排卵性月経の全くみられない場合には、原則として投与を中止する。
    5.産婦人科・内分泌専門医師の管理のもとに投与する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    妊婦又は妊娠している可能性のある女性には投与しない[類似化合物の動物実験で胎仔毒性並びに催奇形性が認められており、また、ヒト妊卵に対する安全性は確立されていない]。
    (適用上の注意)
    薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔を起こして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 延命治療の回避に努めるのが医療者の役割 インタビュー◎看取りの最前線に立つ救急医にこそ緩和ケアの視点を
    2. 咳嗽診療、どこから「本気」を出す? 喘息・咳喘息診療アップデート
    3. くも膜下出血を否定、次に疑うべきは? 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」
    4. ゲノム編集で遺伝性疾患の根治的治療が視野に トレンド◎⽇本の技術集積で進化する「ゲノムの外科治療」
    5. 抗体が2つの標的を同時に認識して得られる革新的な… シリーズ◎あなたの知らない“血液”の世界
    6. 分業制を徹底した結果…知らんぷり気質が蔓延 診療所経営駆け込み寺
    7. 実は有効?高齢者へのスタチン療法 青島周一の「医療・健康情報を読み解く」
    8. レッスン11◆異常陰影を指摘せよ(難易度 低) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
    9. とがった新人にナイスなおばちゃんナース 病院珍百景
    10. 都市の緑化では木陰を作る樹木が良い? JAMA Network Open誌から
    医師と医学研究者におすすめの英文校正