日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

デポスタット筋注200mgの基本情報

先発品(後発品なし)
一般名
製薬会社
薬価・規格
2004円(10%2mL1管)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • 前立腺肥大症
注意すべき副作用
疼痛 、 性欲減退 、 硬結 、 そう痒 、 発熱 、 食欲不振 、 貧血 、 全身倦怠感 、 発疹 、 過敏症
用法・用量(主なもの)
  • ゲストノロンカプロン酸エステルとして、1週1回200mgを臀筋内に注射する
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 重篤な肝障害

副作用

主な副作用
疼痛 、 性欲減退 、 硬結 、 そう痒 、 発熱 、 食欲不振 、 貧血 、 全身倦怠感 、 発疹 、 過敏症 、 肝機能異常
上記以外の副作用
BUN上昇 、 クレアチニン上昇 、 呼吸困難 、 腫脹 、 胃痛 、 脱力感 、 発汗 、 咳 、 動悸 、 乳腺腫脹 、 一過性精子減少症 、 悪心 、 嘔吐 、 下痢 、 意欲減退 、 冷感

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 重篤な肝障害
  • 慎重投与
    • 気管支喘息
    • 心障害
    • 腎障害
    • てんかん
    • 糖尿病
    • 片頭痛
患者の属性に応じた注意事項
  • 慎重投与
    • 高齢者
年齢や性別に応じた注意事項
  • 慎重投与
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

前立腺肥大症。

用法・用量(添付文書全文)

ゲストノロンカプロン酸エステルとして、1週1回200mgを臀筋内に注射する。
<用法・用量に関連する使用上の注意>
投与期間は、8〜12週間を基準として以後漫然と投与を継続しない。

副作用(添付文書全文)

総症例3,458例中280例(8.1%)に副作用が認められた。主な副作用は注射部疼痛92件(2.7%)、性欲減退41件(1.2%)、注射部硬結29件(0.8%)、注射部そう痒感24件(0.7%)、発熱17件(0.5%)、食欲不振16件(0.5%)、貧血16件(0.5%)、肝機能検査異常14件(0.4%)、全身倦怠感13件(0.4%)、発疹12件(0.3%)等であった(再審査終了時)。
次記の副作用が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。
1.過敏症:(0.1〜5%未満)発疹、そう痒[投与を中止する]。
2.肝臓:(0.1〜5%未満)肝機能異常。
3.腎臓:(0.1〜5%未満)BUN上昇、クレアチニン上昇。
4.血液:(0.1〜5%未満)貧血。
5.呼吸器:(0.1〜5%未満)呼吸困難、(頻度不明)咳。
6.循環器:(頻度不明)動悸。
7.生殖器:(0.1〜5%未満)性欲減退、(頻度不明)乳腺腫脹、一過性精子減少症。
8.消化器:(0.1〜5%未満)食欲不振、胃痛、(0.1%未満)嘔吐、下痢、(頻度不明)悪心。
9.精神神経系:(0.1〜5%未満)全身倦怠感、脱力感、(0.1%未満)意欲減退。
10.投与部位:(0.1〜5%未満)疼痛、硬結、腫脹。
11.その他:(0.1〜5%未満)発熱、発汗、(0.1%未満)冷感。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
重篤な肝障害のある患者[症状を悪化させる恐れがある]。
(慎重投与)
1.糖尿病の患者[耐糖能の低下が現れることがある]。
2.気管支喘息の患者[症状を悪化させる恐れがある]。
3.てんかんの患者[症状を悪化させる恐れがある]。
4.片頭痛の患者[症状を悪化させる恐れがある]。
5.心障害、腎障害又はその既往歴のある患者[ナトリウム貯留又は体液貯留が現れることがある]。
(高齢者への投与)
一般に高齢者では生理機能が低下しているので、患者の状態を観察しながら慎重に投与する。
(適用上の注意)
1.投与経路:臀筋内に注射する。
2.開封時:アンプルカット時には異物混入を避けるためエタノール綿等で清拭しカットする。
3.投与時:筋肉内注射にあたっては、組織・神経等への影響を避けるため次記の点に注意する。
1).同一部位への反復投与を避け、左右臀筋に交互に注射する。
2).神経走行部位を避けるよう注意する。
3).注射針を刺入したとき、激痛を訴えたり、血液の逆流をみた場合は、直ちに針を抜き、部位をかえて注射する。
(取扱い上の注意)
アンプルは「ワンポイントカットアンプル」を使用しているので、ヤスリを用いず、アンプル枝部のマーク(白)の反対方向に折り取る。
(保管上の注意)
遮光。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。