日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

オオホルミンルテウムデポー筋注125mg基本情報

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 機能性子宮出血
  • 習慣性流早産
  • 切迫流早産
  • 無月経
  • 黄体機能不全による不妊症

注意すべき副作用詳しく見る

過敏症発疹肝機能異常浮腫体重増加頭痛眠気疼痛硬結倦怠感

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • ヒドロキシプロゲステロンカプロン酸エステルとして、1週1回65〜125mgを筋肉内注射する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 重篤な肝疾患
    • 重篤な肝障害

副作用

主な副作用

過敏症発疹肝機能異常浮腫体重増加頭痛眠気疼痛硬結倦怠感

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 重篤な肝疾患
    • 重篤な肝障害
  • 慎重投与
    • 心疾患
    • 腎疾患

患者の属性に応じた注意事項

  • 注意
    • 妊婦・産婦

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    無月経、機能性子宮出血、黄体機能不全による不妊症、切迫流早産、習慣性流早産。

    用法・用量(添付文書全文)

    ヒドロキシプロゲステロンカプロン酸エステルとして、1週1回65〜125mgを筋肉内注射する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない(再審査対象外)。
    1.過敏症:(頻度不明)発疹等[発現した場合には投与を中止する]。
    2.肝臓:(頻度不明)肝機能異常[観察を十分に行い、発現した場合には減量又は休薬等適切な処置を行う]。
    3.電解質代謝:(頻度不明)浮腫、体重増加等[観察を十分に行い、発現した場合には減量又は休薬等適切な処置を行う]。
    4.精神神経系:(頻度不明)頭痛、眠気等。
    5.投与部位:(頻度不明)疼痛、硬結。
    6.その他:(頻度不明)倦怠感。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    重篤な肝障害・重篤な肝疾患のある患者[代謝能が低下しており肝臓への負担が増加するため、症状が増悪することがある]。
    (慎重投与)
    心疾患、腎疾患又はその既往歴のある患者[ナトリウム貯留や体液貯留により、これらの症状が増悪する恐れがある]。
    (重要な基本的注意)
    1.流早産以外の患者に投与する場合は、問診、内診、基礎体温の測定、免疫学的妊娠診断等により妊娠していないことを十分確認する。
    2.本剤を妊娠維持の目的で投与する場合は、黄体機能不全によると考えられる流早産にとどめる(また、妊娠状態が継続しているか否か確かめる)。
    (適用上の注意)
    1.投与経路:本剤は筋肉内注射にのみ使用する。
    2.筋肉内注射時:筋肉内注射にあたっては、組織・神経等への影響を避けるため、次記の点に注意する。
    1).同一部位への反復注射は行わない。特に乳児、幼児、小児には注意する。
    2).神経走行部位を避ける。
    3).注射針を刺入したとき、激痛を訴えたり血液の逆流をみた場合は直ちに針を抜き、部位をかえて注射する。
    3.その他:本品はワンポイントカットアンプルであるが、アンプルのカット部分をエタノール綿等で清拭してからカットすることが望ましい。
    (その他の注意)
    黄体ホルモン剤の使用と先天異常児出産との因果関係はいまだ確立されたものではないが、心臓・四肢等の先天異常児を出産した母親では、対照群に比して妊娠初期に黄体又は黄体・卵胞ホルモン剤を使用していた率に有意差があるとする疫学調査の結果が報告されている。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. いざ閉院、最後に待ち構えるこんなトラップ 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《9》閉院
    2. いつの間にか職員の心が離れ…その理由は? 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《8》診療所の人事労務管理
    3. 現場を戦々恐々とさせる「医師の働き方改革」 記者の眼
    4. 透析開始直後に事前指示書に署名してもらうコツ 特集◎福生病院の「透析拒否で死亡」報道が投げかけたもの《4》
    5. 専門性に固執し「潰しが利かない」キャリアに 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《7》転職
    6. なぜ一度始めた生命維持治療はやめられないのか 大阪市総合医療センター緩和ケアセンター長の多田羅竜平氏に聞く
    7. 経口可能なGLP1作動薬、心血管リスク増加せず 学会トピック◎第79回米国糖尿病学会学術集会(ADA2019)
    8. DOACかワルファリンか、実臨床での選択は? AntaaQAピックアップ
    9. リネゾリド後発品の適応追加に学会が注意喚起 「MRSA感染症の治療ガイドライン2019年改訂」を公表
    10. 高血圧と高血糖はAVブロックの危険因子にも JAMA Network Open誌から
    医師と医学研究者におすすめの英文校正