日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

サリベートエアゾールの基本情報

先発品(後発品なし)
一般名
製薬会社
薬価・規格
543.6円(50g1個)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • シェーグレン症候群の口腔乾燥症の諸症状の緩解
  • 放射線照射による唾液腺障害に基づく口腔乾燥症の諸症状の緩解
注意すべき副作用
嘔気 、 味覚変化 、 腹部膨満感 、 過敏症 、 蕁麻疹 、 そう痒 、 腹部不快感 、 腹鳴 、 口内痛 、 咽頭不快感
用法・用量(主なもの)
  • 1回に1〜2秒間口腔内に1日4〜5回噴霧する
    • なお、症状により適宜増減する

副作用

主な副作用
嘔気 、 味覚変化 、 腹部膨満感 、 過敏症 、 蕁麻疹 、 そう痒 、 腹部不快感 、 腹鳴 、 口内痛 、 咽頭不快感

注意事項

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

次記疾患に対する諸症状の緩解:シェーグレン症候群による口腔乾燥症、頭頚部の放射線照射による唾液腺障害に基づく口腔乾燥症に対する諸症状の緩解。

用法・用量(添付文書全文)

1回に1〜2秒間口腔内に1日4〜5回噴霧する。なお、症状により適宜増減する。

副作用(添付文書全文)

承認時及び使用成績調査における安全性評価対象950例中31例(3.3%)に34件の副作用が認められた。主な副作用は、嘔気(悪心、むかつきを含む)10件(1.1%)、味覚変化5件(0.5%)、腹部膨満感4件(0.4%)等であった。また、副作用とされた臨床検査値の変動はなかった(再審査終了時)。
次のような副作用が現れた場合には投与を中止するなど、適切な処置を行う。
1.過敏症:(0.1〜5%未満)蕁麻疹、そう痒。
2.消化器:(0.1〜5%未満)嘔気、味覚変化、腹部膨満感、腹部不快感、腹鳴、口内痛等。
3.その他:(0.1〜5%未満)咽頭不快感。

使用上の注意(添付文書全文)

(適用上の注意)
使用方法:
1.缶をよく振ってから、使用する。
2.缶を垂直に立てて、噴霧する。
3.使用後は噴射口付近をよく拭きとり、清浄に保存する。
4.1回1秒間の噴霧を30回以上行うと、1回当たりの噴霧液量が少なくなるので、噴霧時間を適宜延長する。
(取扱い上の注意)
1.温度が40℃以上となる所に缶を置かない。
2.缶を火の中に入れない。
3.使い切って(ガスを出しきった状態で)捨てる。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。