日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

オラドールトローチ0.5mgの基本情報

一般名
製薬会社
薬価・規格
5.9円(0.5mg1錠)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • 咽頭炎
  • 口腔創傷の感染予防
  • 口内炎
  • 抜歯創の感染予防
  • 扁桃炎
注意すべき副作用
腹痛 、 過敏症状 、 腹部重圧感 、 舌のしびれ感 、 胃重圧感 、 悪心 、 下痢
用法・用量(主なもの)
  • ドミフェン臭化物として、1回0.5mgを1日3〜6回投与し、口中で徐々に溶解させる
    • なお、症状により適宜増減する
禁忌・原則禁忌
  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 乳児
    • 幼児・小児
  • 年齢や性別に応じた注意事項
    • 乳幼児(0歳〜6歳)

副作用

主な副作用
腹痛 、 過敏症状 、 腹部重圧感 、 舌のしびれ感 、 胃重圧感 、 悪心 、 下痢

注意事項

患者の属性に応じた注意事項
  • 禁止
    • 乳児
    • 幼児・小児
年齢や性別に応じた注意事項
  • 禁止
    • 乳幼児(0歳〜6歳)

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

咽頭炎、扁桃炎、口内炎、抜歯創を含む口腔創傷の感染予防。

用法・用量(添付文書全文)

ドミフェン臭化物として、1回0.5mgを1日3〜6回投与し、口中で徐々に溶解させる。なお、症状により適宜増減する。

副作用(添付文書全文)

臨床試験の論文より副作用の調査を行ったところ、国内でのオラドールトローチ0.5mg使用者の総症例数1,057例のうち7例(0.7%)に副作用が認められ、その内訳は、腹痛、胃・腹部重圧感等の消化器症状が5件(0.5%)、その他(舌のしびれ感等)が2件(0.2%)であった(再評価時のデータより)。
1.過敏症:(頻度不明)過敏症状[症状が現れた場合には投与を中止する]。
2.消化器:(0.1〜5%未満)腹痛、(0.1%未満)胃重圧感、腹部重圧感、悪心、下痢。
3.その他:(0.1%未満)舌のしびれ感。

使用上の注意(添付文書全文)

(適用上の注意)
1.服用時:
1).乳幼児は誤って飲み込む恐れがあるので使用しない。
2).本剤は口腔内で唾液により徐々に溶かしながら用いるもので、噛み砕いたり飲み込んだりせずにできるだけ長く口中に含んで有効成分が口腔内に長時間保たれるようにする。
2.薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。
(取扱い上の注意)
1.本品は、添加剤に天然物を使用しているので、薬剤表面の色調に多少のムラ・斑点がみられるが、品質等に影響はない。
2.使用期限内であっても、開封後はなるべく速やかに使用する。
(保管上の注意)
防湿。

処方薬辞典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。