日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

セチルピリジニウム塩化物トローチ2mg「イワキ」の基本情報

後発品(加算対象)
一般名
製薬会社
薬価・規格
5.7円(2mg1錠)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • 咽頭炎
  • 口内炎
  • 扁桃炎
注意すべき副作用
過敏症 、 発疹 、 口腔刺激感 、 咽頭刺激感
用法・用量(主なもの)
  • セチルピリジニウム塩化物水和物(塩化セチルピリジニウム)として、1回2mgを1日3〜4回投与し、口中で徐々に溶解させる
    • なお、症状により適宜増減する

副作用

主な副作用
過敏症 、 発疹 、 口腔刺激感 、 咽頭刺激感

注意事項

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

咽頭炎、扁桃炎、口内炎。

用法・用量(添付文書全文)

セチルピリジニウム塩化物水和物(塩化セチルピリジニウム)として、1回2mgを1日3〜4回投与し、口中で徐々に溶解させる。なお、症状により適宜増減する。

副作用(添付文書全文)

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実地していない。
1.過敏症:(頻度不明)発疹等[投与を中止する]。
2.口腔:(頻度不明)口腔刺激感、咽頭刺激感等。

使用上の注意(添付文書全文)

(適用上の注意)
1.本剤は口腔内で唾液により徐々に溶かしながら用いるもので、噛み砕いたり呑み込んだりせずにできるだけ長く口中に含んで有効成分が口腔内に長時間保たれるようにする。
2.薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。
(取扱い上の注意)
安定性試験:最終包装製品を用いたなりゆき室温(通常の流通下における保存条件)、4年間の長期保存試験の結果、外観及び含量等は規格の範囲内であり、セチルピリジニウム塩化物トローチ2mg「イワキ」は通常の市場流通下において4年間安定であることが確認された。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。