日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

アフタシール25μgの基本情報

後発品(加算対象外)
一般名
製薬会社
薬価・規格
37.9円(25μg1枚)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • アフタ性口内炎
注意すべき副作用
口腔真菌性感染症 、 口腔カンジダ症 、 口腔細菌性感染症 、 過敏症 、 気管支喘息発作 、 顔面浮腫 、 発疹
用法・用量(主なもの)
  • 1患部に1回トリアムシノロンアセトニドとして0.025mg(1枚)ずつを、1日1〜2回、白色の薬剤層面を口腔内の患部粘膜に貼付する
    • なお、症状により適宜増量する
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症
    • 口腔内感染
  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 妊婦・産婦

副作用

主な副作用
口腔真菌性感染症 、 口腔カンジダ症 、 口腔細菌性感染症 、 過敏症 、 気管支喘息発作 、 顔面浮腫 、 発疹

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 過敏症
  • 原則禁止
    • 口腔内感染
  • 投与に際する指示
    • 口腔内感染
患者の属性に応じた注意事項
  • 禁止
    • 妊婦・産婦
  • 慎重投与
    • 高齢者
年齢や性別に応じた注意事項
  • 慎重投与
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

アフタ性口内炎。

用法・用量(添付文書全文)

1患部に1回トリアムシノロンアセトニドとして0.025mg(1枚)ずつを、1日1〜2回、白色の薬剤層面を口腔内の患部粘膜に貼付する。なお、症状により適宜増量する。

副作用(添付文書全文)

慢性再発性アフタを含むアフタ性口内炎の患者58例における一般臨床試験では副作用は認められていない[アフタシールS承認時]。
なお、本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していないため、次の副作用の発現頻度は不明である。
1.口腔の感染症:(頻度不明)口腔真菌性感染症(口腔カンジダ症等)、口腔細菌性感染症[このような症状が現れた場合には、適切な抗菌剤、抗真菌剤等を用い、症状が改善するまで本剤の使用を中止する]。
2.過敏症:(頻度不明)気管支喘息発作、顔面浮腫、発疹等[このような症状が現れた場合には使用を中止する]。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある患者。
(原則禁忌)
口腔内感染を伴う患者[感染症の増悪を招く恐れがあるので、やむを得ず使用する必要のある場合は、あらかじめ適切な抗菌剤、抗真菌剤による治療を行うか、又はこれらとの併用を考慮する]。
(高齢者への投与)
一般に高齢者では生理機能が低下しているので、患者の状態を観察しながら慎重に投与する。
(妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には大量又は長期使用を避ける[妊娠中の使用に関する安全性は確立していない]。
(適用上の注意)
1.投与経路:本剤は、口腔内粘膜貼付剤であるので、内服及び外皮用として使用しない。
2.使用方法:本剤は使用法を間違えると付着しないことがあるので、次の諸点に注意し、正しく使用する。
1).正しい使い方:本剤を指先にとり、白色面を患部にできるだけ被覆するように貼付し、約3秒指先で押さえた後、指先を離す。
2).白色面をあらかじめぬらすと粘膜への付着性が悪くなるので、注意する。
3).患部粘膜が唾液などで著しくぬれている場合は、付着しないことがあるので、あらかじめガーゼなどで軽く拭きとり付着させる。
3.使用時:
1).粘膜からはがれた本剤は飲みこまずに取り出す(本剤の支持層は溶けないので、誤って飲みこんだ場合、気道につまらせる恐れがある)。
2).舌などで強くさわると、はがれることがあるので注意する。
3).粘膜が傷つく恐れがあるので、無理に本剤を患部からはがさない。
4).乳幼児の使用においては、貼付後指ではがしとる恐れがあるので注意する。
(取扱い上の注意)
安定性試験:最終包装製品(アルミ袋)を用いた長期保存試験(25℃、3年)の結果、性状、含量等は規格の範囲内であり、本剤は通常の市場流通下において3年間安定であることが確認された。
(使用説明)
1.正しい使い方:この薬は口内炎を治療するための貼り薬である(飲み薬ではない)。次のように、正しく使用する。貼る面(薬剤面)に注意する。
1).手を洗うなど清潔にした状態で使用する。
2).うがいなどで患部を清潔にした後、患部の水分・唾液などを軽くふき取る。
3).ティッシュペーパーの上など清潔なところで、台紙から本剤をはがす(台紙を少し曲げながらはがすと簡単にはがれる)。
4).台紙と本剤の間に指を入れ、指先に取る。貼る面(薬剤面)に注意する(指先を少し湿らせておくと扱いやすくなる)(台紙に付着していないうすい色の面が患部につける薬剤面である)。
5).うすい色の貼る面(薬剤面)を患部に軽く押しあて、約3秒間、指先で押さえたのち、そっと指先を離す。
2.本剤の使用に際して:
1).本剤は口腔用の貼り薬(外用)なので、内服しない(飲みこむものではない)。
2).本剤は溶けない(時間がたつと自然にはがれる)。
3.本剤は次のことに注意し、正しく使用する。
1).薬剤面をぬらすと、粘膜への付着性が悪くなるので注意する。
2).患部が唾液などで著しくぬれていると、付着しにくいことがある。
3).一度貼りそこなったものは付着性が悪くなっているので、貼り直さない。
4).口の中ではがれたものは捨てる。誤って気道につまらせるなど、思わぬ事故につながる恐れがある。
5).本剤の主な素材はセルロース類(繊維成分)である(万一、誤って本剤を飲み込んでしまっても消化されず体外に排泄される)。
6).舌などで強くさわると、はがれることがあるので注意する。
7).無理にはがさない(無理にはがそうとすると、粘膜が傷つく恐れがある)。
8).乳幼児へ使用する場合は、貼った後、指ではがしとる恐れがあるので注意する。
9).未使用分の薬剤は開封した袋に再び入れて、開封口を折り返して保管する。
(保管上の注意)
気密容器、遮光。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。