日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

新レシカルボン坐剤の基本情報

基本情報

薬効分類
炭酸水素ナトリウム製剤

炭酸水素ナトリウム(NaHCO3:重曹)を主成分とし、酸の中和作用や発泡・膨張作用などにより、アシドーシス、胃炎や便秘などの消化器症状、めまいなどを改善したり、発泡剤などとして使われる薬

炭酸水素ナトリウム製剤
  • 炭酸水素ナトリウム,重曹,重曹錠
  • メイロン
  • 新レシカルボン
  • ビットサン
効能・効果
  • 便秘症
注意すべき副作用
刺激感 、 下腹部痛 、 不快感 、 下痢 、 残便感 、 ショック 、 顔面蒼白 、 呼吸困難 、 血圧低下
用法・用量(主なもの)
  • 1〜2個を出来るだけ肛門内深く挿入する
  • 重症の場合には1日2〜3個を数日間続けて挿入する
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症

副作用

主な副作用
刺激感 、 下腹部痛 、 不快感 、 下痢 、 残便感
重大な副作用
ショック 、 顔面蒼白 、 呼吸困難 、 血圧低下

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 過敏症

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

便秘症。

用法・用量(添付文書全文)

1〜2個を出来るだけ肛門内深く挿入する。重症の場合には1日2〜3個を数日間続けて挿入する。

副作用(添付文書全文)

1.重大な副作用(頻度不明)
ショック:ショック(顔面蒼白、呼吸困難、血圧低下等)が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
2.その他の副作用
消化器:(0.1〜5%未満)軽度の刺激感・下腹部痛、不快感、下痢、残便感。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
(適用上の注意)
投与経路:直腸にのみ使用する。
(取扱い上の注意)
使用法:
1.坐剤の取り出し方:
1).1個分を切り離す。
2).添付文書の図②のように坐剤容器を剥し、坐剤を取り出す。
2.挿入の仕方:坐剤の後部を指先又はガーゼなどでつまみ、肛門内に出来るだけ深く挿入する。挿入が困難な場合には、坐剤の先に少量の水をつけると挿入しやすくなる。
3.挿入後の注意:挿入後、激しい運動をすると坐剤が外に出ることがあるので、排便作用があるまで、激しい運動を避ける。
(保管上の注意)
1.この薬は冷所(冷蔵庫内)に保管する。
2.小児の手の届かない所に保管する。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。