日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

モビコール配合内用剤の基本情報

先発品(後発品なし)

基本情報

薬効分類
ポリエチレングリコール(PEG)製剤(便秘症改善薬)

ポリエチレングリコール(PEG)の浸透圧により腸管内の水分量を増加させ、便中の水分量増加による便の軟化や便容積の増大を引き起こすことで蠕動運動を亢進させ排便を促す薬

ポリエチレングリコール(PEG)製剤(便秘症改善薬)
  • モビコール
効能・効果
  • 慢性便秘症<器質的疾患による便秘を除く>
注意すべき副作用
下痢 、 腹痛 、 発疹 、 紅斑 、 腹部膨満 、 悪心 、 腹部不快感 、 下腹部痛 、 裂肛 、 胃腸音異常
用法・用量(主なもの)
  • 本剤は、水で溶解して経口投与する
  • 1.2歳以上7歳未満の幼児には初回用量として1回1包を1日1回経口投与する
  • 以降、症状に応じて適宜増減し、1日1〜3回経口投与、最大投与量は1日量として4包まで(1回量として2包まで)とする
    • 但し、増量は2日以上の間隔をあけて行い、増量幅は1日量として1包までとする
  • 2.7歳以上12歳未満の小児には初回用量として1回2包を1日1回経口投与する
  • 以降、症状に応じて適宜増減し、1日1〜3回経口投与、最大投与量は1日量として4包まで(1回量として2包まで)とする
    • 但し、増量は2日以上の間隔をあけて行い、増量幅は1日量として1包までとする
  • 3.成人及び12歳以上の小児には初回用量として1回2包を1日1回経口投与する
  • 以降、症状に応じて適宜増減し、1日1〜3回経口投与、最大投与量は1日量として6包まで(1回量として4包まで)とする
    • 但し、増量は2日以上の間隔をあけて行い、増量幅は1日量として2包までとする
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 腸管穿孔
    • 中毒性巨大結腸症
    • 潰瘍性大腸炎
    • 過敏症
    • クローン病
    • 腸閉塞
    • 重症炎症性腸疾患

副作用

主な副作用
下痢 、 腹痛 、 発疹 、 紅斑 、 腹部膨満 、 悪心 、 腹部不快感 、 下腹部痛 、 裂肛 、 胃腸音異常 、 末梢性浮腫
重大な副作用
ショック 、 アナフィラキシー 、 血圧低下 、 蕁麻疹 、 呼吸困難 、 顔面浮腫
上記以外の副作用
過敏症 、 血管浮腫 、 そう痒症 、 頭痛 、 嘔吐 、 消化不良 、 鼓腸 、 肛門直腸不快感 、 高カリウム血症 、 低カリウム血症

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 腸管穿孔
    • 中毒性巨大結腸症
    • 潰瘍性大腸炎
    • 過敏症
    • クローン病
    • 腸閉塞
    • 重症炎症性腸疾患
患者の属性に応じた注意事項
  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 注意
    • 高齢者
  • 投与に際する指示
    • 高齢者
年齢や性別に応じた注意事項
  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)
  • 投与に際する指示
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

慢性便秘症<器質的疾患による便秘を除く>。

用法・用量(添付文書全文)

本剤は、水で溶解して経口投与する。
1.2歳以上7歳未満の幼児には初回用量として1回1包を1日1回経口投与する。以降、症状に応じて適宜増減し、1日1〜3回経口投与、最大投与量は1日量として4包まで(1回量として2包まで)とする。但し、増量は2日以上の間隔をあけて行い、増量幅は1日量として1包までとする。
2.7歳以上12歳未満の小児には初回用量として1回2包を1日1回経口投与する。以降、症状に応じて適宜増減し、1日1〜3回経口投与、最大投与量は1日量として4包まで(1回量として2包まで)とする。但し、増量は2日以上の間隔をあけて行い、増量幅は1日量として1包までとする。
3.成人及び12歳以上の小児には初回用量として1回2包を1日1回経口投与する。以降、症状に応じて適宜増減し、1日1〜3回経口投与、最大投与量は1日量として6包まで(1回量として4包まで)とする。但し、増量は2日以上の間隔をあけて行い、増量幅は1日量として2包までとする。
<用法及び用量に関連する使用上の注意>
本剤投与中は腹痛や下痢が現れる恐れがあるので、症状に応じて減量、休薬又は中止を考慮し、本剤を漫然と継続投与しないよう、定期的に本剤の投与継続の必要性を検討する。

副作用(添付文書全文)

承認時までの国内の臨床試験では192例中33例(17.2%)に副作用が認められている。主な副作用は下痢7例(3.6%)、腹痛7例(3.6%)であった。
1.重大な副作用
ショック、アナフィラキシー(頻度不明):ショック、アナフィラキシーが現れることがあるので、観察を十分に行い、血圧低下、蕁麻疹、呼吸困難、顔面浮腫等の異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
2.その他の副作用:次のような副作用が認められた場合には症状に応じて、適切な処置を行う。
1).過敏症:(1〜5%未満)発疹、(1%未満)紅斑、(頻度不明)血管浮腫、蕁麻疹、そう痒症[このような症状が発現した場合には、投与を中止する]。
2).精神神経系:(頻度不明)頭痛。
3).消化器:(1〜5%未満)下痢、腹痛、腹部膨満、悪心、腹部不快感、下腹部痛、裂肛、胃腸音異常、(頻度不明)嘔吐、消化不良、鼓腸、肛門直腸不快感。
4).その他:(1%未満)末梢性浮腫、(頻度不明)高カリウム血症、低カリウム血症。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
2.腸閉塞、腸管穿孔、重症炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病、中毒性巨大結腸症等)が確認されている患者又はその疑いがある患者[病態を悪化させる恐れがある]。
(高齢者への投与)
一般に高齢者では生理機能が低下しているので、減量するなど注意する。
(妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。
2.授乳中の投与は、治療上の有益性及び母乳栄養の有益性を考慮し、授乳の継続又は中止を検討する。
(小児等への投与)
低出生体重児、新生児、乳児、2歳未満の幼児に対する安全性は確立していない(使用経験がない)。
(過量投与)
過量投与により、下痢又は嘔吐による過度の体液喪失が生じた際には、水分摂取、電解質補正等の適切な処置を行う。
(適用上の注意)
1.調製方法:本品1包あたりコップ1/3程度(約60mL)の水に溶解し、溶解後は速やかに服用する。
2.保存時:やむを得ず保存する必要がある場合は、冷蔵庫に保存し、できるかぎり速やかに服用する。
(保管上の注意)
高温を避けて保存する。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。