日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

人工カルルス塩「ヤマゼン」の基本情報

後発品(加算対象)
一般名
製薬会社
薬価・規格
6.7円(10g)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • 便秘症
注意すべき副作用
悪心 、 腹痛 、 腎障害 、 心機能障害 、 腸の蠕動不全
用法・用量(主なもの)
  • 1回5g、1日15gを振盪合剤として経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 急性腹症
    • 高ナトリウム血症
    • 重症硬結便
    • 腎機能障害
    • ナトリウム摂取制限
    • 妊娠中毒症
    • 浮腫
    • 浮腫のある心疾患
    • うっ血性心不全
  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 妊婦・産婦

副作用

主な副作用
悪心 、 腹痛 、 腎障害 、 心機能障害 、 腸の蠕動不全

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 急性腹症
    • 高ナトリウム血症
    • 重症硬結便
    • 腎機能障害
    • ナトリウム摂取制限
    • 妊娠中毒症
    • 浮腫
    • 浮腫のある心疾患
    • うっ血性心不全
  • 慎重投与
    • 心機能障害
    • 腎障害
  • 注意
    • 腎機能障害
患者の属性に応じた注意事項
  • 禁止
    • 妊婦・産婦
  • 希望禁止
    • 幼児・小児
  • 注意
    • 高齢者
  • 投与に際する指示
    • 高齢者
年齢や性別に応じた注意事項
  • 希望禁止
    • 小児(0歳〜14歳)
  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)
  • 投与に際する指示
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

便秘症。

用法・用量(添付文書全文)

1回5g、1日15gを振盪合剤として経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

副作用(添付文書全文)

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
その他の副作用(頻度不明)
1.消化器:悪心、腹痛等。
2.長期・大量投与:腎障害、心機能障害、腸の蠕動不全[大量投与を避け、また、数日間の投与にとどめる]。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
1.急性腹症が疑われる患者[症状を悪化させる恐れがある]。
2.重症硬結便のある患者[症状を悪化させる恐れがある]。
3.うっ血性心不全・浮腫のある心疾患の患者[症状を悪化させる恐れがある]。
4.ナトリウム摂取制限を必要とする患者(高ナトリウム血症、浮腫、妊娠中毒症等)[ナトリウム貯留増加により、症状が増悪する恐れがある]。
(慎重投与)
1.腎障害のある患者[ナトリウム貯留による浮腫が現れる恐れがある]。
2.心機能障害のある患者[循環血液量が増すことにより心機能負担が増大する恐れがある]。
(重要な基本的注意)
腎機能障害のある患者には長期投与しない。
(高齢者への投与)
一般に高齢者では生理機能が低下しているので、減量するなど注意する。
(産婦・妊婦・授乳婦等への投与)
子宮収縮を誘発して流早産の危険性があるので、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には大量投与を避ける。
(小児等への投与)
電解質異常等の副作用が現れやすいので、小児には投与しないことが望ましい。
(取扱い上の注意)
本品は吸湿すると変化して溶解しにくくなるので、防湿して保存する。
(保管上の注意)
気密容器。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。