日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ヒマシ油基本情報

一般名:ヒマシ油

製薬会社:小堺製薬

薬価・規格: 11.7円(10mL) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

刺激性下剤詳しく見る

  • 小腸や大腸などを刺激することで排便を促す薬
刺激性下剤の代表的な商品名
  • ヒマシ油
  • プルゼニド
  • アローゼン
  • アジャストA,ヨーデルS
  • ラキソベロン

効能・効果詳しく見る

  • 手術前後の腸管内容物の排除
  • 消化管検査時の腸管内容物の排除
  • 食中毒の腸管内容物の排除
  • 便秘症

注意すべき副作用詳しく見る

悪心嘔吐腹痛過敏症状

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • ヒマシ油として、15〜30mL(増量限度60mL)小児は5〜15mL、乳幼児は1〜5mLを、それぞれそのまま又は水、牛乳などに浮べて頓用する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 急性腹症
    • 痙攣性便秘
    • 重症硬結便
    • 脂溶性物質による中毒時
    • 脂溶性駆虫剤投与中

副作用

主な副作用

悪心嘔吐腹痛過敏症状

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 急性腹症
    • 痙攣性便秘
    • 重症硬結便
    • 脂溶性物質による中毒時
    • 脂溶性駆虫剤投与中

患者の属性に応じた注意事項

  • 希望禁止
    • 妊婦・産婦
    • 授乳婦
    • 乳児
  • 注意
    • 高齢者
  • 投与に際する指示
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 希望禁止
    • 乳児(0日〜364日)
  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)
  • 投与に際する指示
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
ヘノポジ油 中毒
メンマ 中毒
脂溶性駆虫剤投与中 中毒
リン 吸収を促進して中毒症状を悪化
ナフタリン 吸収を促進して中毒症状を悪化
脂溶性物質による中毒時 吸収を促進して中毒症状を悪化

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.便秘症。
    2.食中毒における腸管内容物の排除。
    3.消化管検査時又は手術前後における腸管内容物の排除。

    用法・用量(添付文書全文)

    ヒマシ油として、15〜30mL(増量限度60mL)小児は5〜15mL、乳幼児は1〜5mLを、それぞれそのまま又は水、牛乳などに浮べて頓用する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    1.消化器:(頻度不明)悪心・嘔吐、腹痛等。
    2.過敏症:(頻度不明)過敏症状[このような症状が現れた場合は投与を中止する]。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    1.急性腹症が疑われる患者[症状を悪化させる恐れがある]。
    2.痙攣性便秘[症状を悪化させる恐れがある]。
    3.重症硬結便[症状を悪化させる恐れがある]。
    4.ヘノポジ油、メンマ等の脂溶性駆虫剤投与中の患者[これらの薬剤の吸収を促進して中毒を起こす恐れがある]。
    5.燐、ナフタリンなどの脂溶性物質による中毒時[これらの吸収を促進して中毒症状を悪化させる恐れがある]。
    (重要な基本的注意)
    小腸の消化吸収を妨げ全身の栄養状態に影響を及ぼすことがあるので連用を避ける。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意する。
    (妊婦・産婦・授乳婦への投与)
    1.子宮収縮を誘発して流早産の危険性があるので、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しないことが望ましい。
    2.ヒト母乳中に移行し乳児の下痢を起こすことがあるので、授乳中の婦人には投与しないことが望ましい。
    (その他の注意)
    即効性であるので、就寝前の服用を避けさせる。
    (取扱い上の注意)
    火気注意。
    (保管上の注意)
    気密容器。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 増え続ける診療所勤務医、その背景事情は? 記者の眼 FBシェア数:0
    2. 将来の懲戒処分リスクが高い医学生の行動とは 特集◎これってコンプライアンス違反?《2》医学生の問題行動 FBシェア数:546
    3. ロキソニンとカロナール、どっち派? 村川裕二の「ほろよいの循環器病学」 FBシェア数:350
    4. わがままコールもほどほどに こんな私も3年目 みちよのナース道 FBシェア数:27
    5. 痛風患者で定期的な尿酸値測定は必須? 関節痛の診かたアップデート FBシェア数:44
    6. 吸入トラネキサム酸は喀血量を減らせるか? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:24
    7. 新しい米コレステロール管理GLのアルゴリズム 学会トピック◎米国心臓協会学術集会(AHA2018) FBシェア数:40
    8. それって、いったい誰が決めたの? カデット特集●研修病院残酷物語 FBシェア数:0
    9. 勝谷氏を死に追いやった「重症型アルコール性肝炎」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:161
    10. 大きく変わる今冬のインフルエンザ治療戦略 寄稿◎2018−19シーズンのインフルエンザ診療の要点《下》 FBシェア数:76
    医師と医学研究者におすすめの英文校正