基本情報

薬効分類

カルシウム製剤詳しく見る

  • 体内にカルシウムを補充し、骨粗しょう症、高リン血症、消化器症状などを改善する薬
カルシウム製剤の代表的な商品名
  • アスパラ-CA
  • カルチコール
  • 乳酸カルシウム 乳石錠
  • 沈降炭酸カルシウム カルタン 炭カル錠
  • デノタス

酸中和薬(制酸薬)詳しく見る

  • 消化管の攻撃因子である胃酸を中和し、消化性潰瘍や胃炎などの治療に用いる薬
酸中和薬(制酸薬)の代表的な商品名
  • アルミゲル
  • マグミット 酸化マグネシウム マグラックス
  • 炭カル
  • マーロックス マルファ

効能・効果詳しく見る

  • 胃炎の症状の改善
  • 胃炎の制酸作用
  • 胃潰瘍の症状の改善
  • 胃潰瘍の制酸作用
  • 胃下垂症の症状の改善
  • 胃下垂症の制酸作用
  • 胃酸過多症の症状の改善
  • 胃酸過多症の制酸作用
  • 急性胃炎の症状の改善
  • 急性胃炎の制酸作用
  • 十二指腸潰瘍の症状の改善
  • 十二指腸潰瘍の制酸作用
  • 上部消化管機能異常の症状の改善
  • 上部消化管機能異常の制酸作用
  • 神経性食思不振の症状の改善
  • 神経性食思不振の制酸作用
  • 慢性胃炎の症状の改善
  • 慢性胃炎の制酸作用
  • 薬剤性胃炎の症状の改善
  • 薬剤性胃炎の制酸作用

注意すべき副作用詳しく見る

代謝異常高カルシウム血症アルカローシス電解質失調腎結石尿路結石悪心便秘下痢胃酸反動性分泌

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 沈降炭酸カルシウムとして、1日1〜3gを3〜4回に分割経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 甲状腺機能低下症
    • 副甲状腺機能亢進症

副作用

主な副作用

代謝異常高カルシウム血症アルカローシス電解質失調腎結石尿路結石悪心便秘下痢胃酸反動性分泌過敏症

上記以外の副作用

そう痒感

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 甲状腺機能低下症
    • 副甲状腺機能亢進症
  • 慎重投与
    • 高カルシウム血症
    • 心機能障害
    • 腎障害
    • 肺機能障害
    • 便秘

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
テトラサイクリン系抗生物質<経口> 吸収を阻害
ビタミンD 高カルシウム血症

飲食物との相互作用

  • 大量の牛乳
  • ビタミンDを含むもの<きくらげ、あんこう、しらす干し、いわし、にしん など>

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    次記疾患における制酸作用と症状の改善:胃潰瘍・十二指腸潰瘍、胃炎(急性胃炎・慢性胃炎、薬剤性胃炎を含む)、上部消化管機能異常(神経性食思不振、いわゆる胃下垂症、胃酸過多症を含む)。

    用法・用量(添付文書全文)

    沈降炭酸カルシウムとして、1日1〜3gを3〜4回に分割経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    1.代謝異常:高カルシウム血症、アルカローシス等の電解質失調が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、減量又は休薬等の適切な処置を行う。
    2.長期・大量投与:腎結石、尿路結石が現れることがある。
    3.消化器:悪心、便秘、下痢、また、まれに胃酸反動性分泌等の症状が現れることがある。
    4.過敏症:そう痒感が現れることがある。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    甲状腺機能低下症又は副甲状腺機能亢進症の患者。
    (慎重投与)
    1.腎障害のある患者。
    2.心機能障害、肺機能障害のある患者。
    3.便秘のある患者。
    4.高カルシウム血症の患者。
    (相互作用)
    1.テトラサイクリン系抗生物質<服用>の吸収を阻害することがあるので、同時に服用させない。
    2.本剤の吸着作用又は消化管内・体液のpH上昇により、併用薬剤の吸収・排泄に影響を与えることがあるので、慎重に投与する。
    3.大量の牛乳との併用によりmilk−alkali syndrome(高カルシウム血症、高窒素血症、アルカローシス等)が現れることがあるので、観察を十分に行い、このような症状が現れた場合には投与を中止する。
    4.ビタミンDとの併用により高カルシウム血症が現れやすくなるので、注意する。
    (保管上の注意)
    気密容器。

    Information PR

    北海道で発生した地震の影響により、日経メディカル、日経ヘルスケア、日経ドラッグインフォメーション各誌の2018年9月号のお届けに一部遅れが生じます。ご理解のほどお願い申しあげます。

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 「勤務医&専業主婦」は最大40万円の増税に Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:180
    2. 共感されないエピソード 病院珍百景 FBシェア数:46
    3. 有罪か無罪か。どちらも地獄の外科医わいせつ容疑事… 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:90
    4. 59歳男性。胸部圧迫感 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:1
    5. 「先生、すごいですね」は一人前と見なされていない… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:95
    6. わいせつ容疑の乳腺外科医の裁判、今日再開 準強制わいせつで起訴された乳腺外科医の弁護団に聞く FBシェア数:351
    7. 君は、うまくいかなった症例から学んでいるか イケてる指導医が研修医に伝えたいこと FBシェア数:377
    8. 癌ゲノム医療の“正しい”受け入れ方 記者の眼 FBシェア数:52
    9. ボンビバ:月1回のワンショット静注が高評価 NMO処方サーベイ FBシェア数:45
    10. そろそろ「血液サラサラ」やめませんか? Inside Outside FBシェア数:137
    医師と医学研究者におすすめの英文校正