基本情報

薬効分類

総合健胃薬詳しく見る

  • 金属を含む制酸剤、健胃目的の生薬、消化酵素などを含み、胃の不調が原因でおこる胸やけや、もたれなどを改善する総合健胃薬
総合健胃薬の代表的な商品名
  • つくしA・M配合散
  • FK配合散
  • S・M配合散

効能・効果詳しく見る

  • 胃部不快感の改善
  • 胃もたれの改善
  • 嘔気の改善
  • 嘔吐の改善
  • 消化器症状の改善
  • 食欲不振の改善

注意すべき副作用詳しく見る

腎結石尿路結石代謝異常高マグネシウム血症便秘過敏症発疹低カリウム血症血圧上昇体重増加

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1回量として、次の用量を1日3回、毎食後に水又は温湯で経口投与する
  • 成人:約1.3g、7〜14歳:成人の1/2量、4〜6歳:成人の1/3量、2〜3歳:成人の1/6量
    • なお、疾患、症状により適宜増減する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症
    • 高カルシウム血症
    • 甲状腺機能低下症
    • 高ナトリウム血症
    • 透析療法
    • ナトリウム摂取制限
    • 妊娠中毒症
    • 副甲状腺機能亢進症
    • 浮腫
  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 妊婦・産婦

副作用

主な副作用

腎結石尿路結石代謝異常高マグネシウム血症便秘過敏症発疹低カリウム血症血圧上昇体重増加浮腫

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症
    • 高カルシウム血症
    • 甲状腺機能低下症
    • 高ナトリウム血症
    • 透析療法
    • ナトリウム摂取制限
    • 妊娠中毒症
    • 副甲状腺機能亢進症
    • 浮腫
  • 慎重投与
    • 重篤な消化管潰瘍
    • 心機能障害
    • 腎不全
    • 肺機能障害
    • リン酸塩低下
    • 低クロル性アルカローシス等の電解質失調

患者の属性に応じた注意事項

  • 禁止
    • 妊婦・産婦

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
活性型ビタミンD製剤 高カルシウム血症
カルシウム製剤 高カルシウム血症
テトラサイクリン系抗生物質<経口> 当該薬剤の効果が減弱
塩酸テトラサイクリン<服用> 当該薬剤の効果が減弱
塩酸ミノサイクリン<服用> 当該薬剤の効果が減弱
ニューキノロン系抗菌剤<経口> 当該薬剤の効果が減弱
エノキサシン水和物<服用> 当該薬剤の効果が減弱
ノルフロキサシン<経口> 当該薬剤の効果が減弱
オフロキサシン<服用> 当該薬剤の効果が減弱
カルシウム製剤 Milk−alkali syndrome
カルシウム製剤 高窒素血症
カルシウム製剤 アルカローシス
経口薬剤 当該薬剤の吸収・排泄に影響

飲食物との相互作用

  • 大量の牛乳
  • カルシウムを含むもの<干しえび、バジル、煮干し、牛乳、乳製品 など>

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    次記消化器症状の改善:食欲不振、胃部不快感、胃もたれ、嘔気・嘔吐。

    用法・用量(添付文書全文)

    1回量として、次の用量を1日3回、毎食後に水又は温湯で経口投与する。
    成人:約1.3g、7〜14歳:成人の1/2量、4〜6歳:成人の1/3量、2〜3歳:成人の1/6量。
    なお、疾患、症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    1.長期・大量投与:(頻度不明)腎結石、尿路結石。
    2.代謝異常:(頻度不明)高マグネシウム血症[長期投与により現れることがある]。
    3.消化器:(頻度不明)便秘。
    4.過敏症:(頻度不明)発疹[投与を中止する]。
    5.その他:(頻度不明)低カリウム血症、血圧上昇、体重増加、浮腫[カンゾウを配合しているため、長期連用により現れることがある]。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
    2.透析療法を受けている患者[長期投与によりアルミニウム脳症、アルミニウム骨症が現れる恐れがある]。
    3.ナトリウム摂取制限を必要とする患者(高ナトリウム血症、浮腫、妊娠中毒症等)[ナトリウムの貯留増加により症状が悪化する恐れがある]。
    4.高カルシウム血症の患者[血中カルシウム濃度が上昇し、症状が悪化する恐れがある]。
    5.甲状腺機能低下症又は副甲状腺機能亢進症の患者[血中カルシウム濃度の上昇により病態に悪影響を及ぼす恐れがある]。
    (慎重投与)
    1.重篤な消化管潰瘍のある患者[炭酸水素ナトリウムを配合しているため、症状が悪化する恐れがある]。
    2.腎不全の患者[排泄障害により副作用が現れることがある]。
    3.心機能障害のある患者[症状が悪化する恐れがある]。
    4.肺機能障害のある患者[症状が悪化する恐れがある]。
    5.リン酸塩低下のある患者[アルミニウムにより無機リンの吸収が阻害される]。
    6.低クロル性アルカローシス等の電解質失調の患者[症状が悪化する恐れがある]。
    (相互作用)
    併用注意:
    1.活性型ビタミンD[高カルシウム血症が現れやすくなる(消化管からのカルシウムの吸収が亢進される)]。
    2.テトラサイクリン系抗生物質<服用>(テトラサイクリン塩酸塩<服用>、ミノサイクリン塩酸塩<服用>等)、ニューキノロン系抗菌剤<服用>(エノキサシン水和物<服用>、ノルフロキサシン<服用>、オフロキサシン<服用>等)[本剤との併用により、これらの薬剤の効果が減弱することがあるので、同時に服用させないなど注意するが、この作用は薬剤の服用時間をずらすことにより弱まるとの報告がある(本剤に含まれるアルミニウム、マグネシウム等とキレートを生成し、吸収が低下することにより、これらの薬剤の血中濃度が低下する)]。
    3.大量の牛乳・カルシウム製剤[Milk−alkali syndrome(高カルシウム血症、高窒素血症、アルカローシス等)が現れる恐れがあるので、観察を十分に行い、症状が発現した場合には投与を中止する(本剤の吸着作用又は消化管内・体液のpH上昇による作用と考えられている)]。
    4.その他の併用薬剤<服用>[併用薬剤の吸収・排泄に影響を与えることがあるが、この作用は薬剤の服用時間をずらすことにより弱まるとの報告がある(本剤の吸着作用又は消化管内・体液のpH上昇による作用と考えられている)]。
    (保管上の注意)
    吸湿性であるので、開封後は密栓して乾燥した場所に保存する。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 「無診察治療」を巡る訴訟、裁判所の判断は? 日常診療に生かす医療訴訟の教訓
    2. シャワーで頭痛発生!疑うべき疾患は? 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」
    3. 感染性腸炎の問診を「昨夜、生ものを食べませんでし… 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」
    4. レッスン12◆異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
    5. VTE患者が抗凝固療法を中止した場合の再発率 BMJ誌から
    6. 冠動脈造影CTは誰に実施すべきか? BMJ誌から
    7. 「志水太郎 vs AI診断」は志水氏の圧勝 診断エラー学のすすめ
    8. CEA上昇も再発・転移所見なし。どう解釈? AntaaQAピックアップ
    9. 医療崩壊を盾に勤務医を犠牲にするのか シリーズ◎医師の「働き方改革」
    10. 吉本興業と大学医局の共通点 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』
    医師と医学研究者におすすめの英文校正