日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 胃部不快感の改善
  • 胃もたれの改善
  • 嘔気の改善
  • 嘔吐の改善
  • 消化器症状の改善
  • 食欲不振の改善

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1回1gを1日3回経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 高ナトリウム血症
    • ナトリウム摂取制限
    • 浮腫
    • ヘキサミン投与中
    • 妊娠高血圧症候群
  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 妊婦・産婦

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 高ナトリウム血症
    • ナトリウム摂取制限
    • 浮腫
    • ヘキサミン投与中
    • 妊娠高血圧症候群
  • 慎重投与
    • 高血圧症
    • 重篤な消化管潰瘍
    • 腎障害
    • 心不全
    • 肺機能障害
    • 低クロル性アルカローシス等の電解質失調

患者の属性に応じた注意事項

  • 禁止
    • 妊婦・産婦
  • 注意
    • 高齢者
  • 投与に際する指示
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)
  • 投与に際する指示
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
ヘキサミン 効果を減弱
他の薬剤 当該薬剤の吸収・排泄に影響

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    次記消化器症状の改善:食欲不振、胃部不快感、胃もたれ、嘔気・嘔吐。

    用法・用量(添付文書全文)

    1回1gを1日3回経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    1.ナトリウム摂取制限を必要とする患者(高ナトリウム血症、浮腫、妊娠高血圧症候群等)[ナトリウムの貯留増加により、症状が悪化する恐れがある]。
    2.ヘキサミン投与中の患者。
    (慎重投与)
    1.重篤な消化管潰瘍のある患者[炭酸水素ナトリウムを配合しているため、症状が悪化する恐れがある]。
    2.腎障害のある患者[ナトリウム貯留による浮腫が現れる恐れがある]。
    3.心不全の患者、高血圧症の患者[ナトリウム過剰により、これらの症状が悪化する恐れがある]。
    4.肺機能障害のある患者[呼吸性アルカローシスになる恐れがある]。
    5.低クロル性アルカローシス等の電解質失調の患者[症状が悪化する恐れがある]。
    (相互作用)
    1.併用禁忌:ヘキサミン<ヘキサミン静注液>[本剤はヘキサミンの効果を減弱させることがある(ヘキサミンは酸性尿中でホルムアルデヒドとなり抗菌作用を発現するが、本剤は尿のpHを上昇させヘキサミンの効果を減弱させる)]。
    2.併用注意:本剤は制酸作用等を有しているので、他の薬剤の吸収・排泄に影響を与えることがある。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意する。
    (取扱い上の注意)
    1.その他:本剤は原料に生薬が含まれているので、その産地、採取時期等により、製品の色調、味等が一定しないことがある(また、黒色様のものが認められることもあるが、原料生薬由来によるもので、薬効に変化はない)。
    2.安定性試験:最終包装製品を用いた長期保存試験(室温、4年間)の結果、通常の市場流通下において4年間安定であることが確認された。
    (保管上の注意)
    密閉容器。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. レッスン11◆異常陰影を指摘せよ(難易度 低) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
    2. 咳嗽診療、どこから「本気」を出す? 喘息・咳喘息診療アップデート
    3. とがった新人にナイスなおばちゃんナース 病院珍百景
    4. 延命治療の回避に努めるのが医療者の役割 インタビュー◎看取りの最前線に立つ救急医にこそ緩和ケアの視点を
    5. 吸入ステロイドで血糖は上昇するのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
    6. 授乳中の服薬は控えた方がいい? Monthly Selection ~ 日経DIプレミアム版より
    7. 安定狭心症患者に対する鍼治療のRCT JAMA Intern Med誌から
    8. 「東京2020」を機にHIV感染対策の強化を 記者の眼
    9. セファゾリン供給不足に見る臨床現場の温度差 感染症コンサルタントの青木眞氏に聞く
    10. 40歳代男性。長引く咳 日経メディクイズ●胸部X線
    医師と医学研究者におすすめの英文校正