日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ミルラクト細粒50%の基本情報

先発品(後発品なし)
一般名
製薬会社
薬価・規格
62.3円(50%1g)
添付文書

基本情報

薬効分類
乳糖分解酵素剤

消化管内で乳糖をブドウ糖とガラクトースに分解して乳糖不耐症などの消化器症状を改善する薬

乳糖分解酵素剤
  • ミルラクト
  • ガランターゼ
  • オリザチーム
効能・効果
  • 一次性乳糖不耐症の消化不良の改善
  • 感冒性下痢症の消化不良の改善
  • 急性消化不良症の消化不良の改善
  • 単一症候性下痢症の消化不良の改善
  • 二次性乳糖不耐症の消化不良の改善
  • 白色便性下痢症の消化不良の改善
  • 慢性下痢症の消化不良の改善
  • 新生児下痢の消化不良の改善
  • 乳糖不耐の下痢の改善
  • 未熟児下痢の消化不良の改善
  • 乳児の乳糖不耐の消化不良の改善
注意すべき副作用
発疹 、 便秘 、 過敏症 、 ショック症状 、 四肢冷感 、 顔面蒼白 、 チアノーゼ 、 下痢 、 腹部膨満 、 嘔吐
用法・用量(主なもの)
  • 1.乳児の乳糖不耐により生じる消化不良の改善には、1回0.25〜0.5g[β−ガラクトシダーゼ(ペニシリウム)として0.125〜0.25g]を少量の水又はお湯(50℃以上にならない)で溶解し、哺乳時に経口投与する
  • 2.経管栄養食、経口流動食等摂取時の乳糖不耐により生じる下痢等の改善には、摂取乳糖量10gに対して1g[β−ガラクトシダーゼ(ペニシリウム)として0.5g]を食餌と共に投与する
  • 症状により増減する
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症

副作用

主な副作用
発疹 、 便秘 、 過敏症
重大な副作用
ショック症状 、 四肢冷感 、 顔面蒼白 、 チアノーゼ 、 下痢 、 腹部膨満 、 嘔吐

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 過敏症
  • 慎重投与
    • 気管支喘息
    • 食物アレルギー
    • 蕁麻疹
    • 薬剤に対する過敏症
患者の属性に応じた注意事項
  • 注意
    • 乳児
年齢や性別に応じた注意事項
  • 注意
    • 乳児(0日〜364日)

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

1.乳児の乳糖不耐により生じる消化不良の改善:一次性乳糖不耐症、二次性乳糖不耐症(単一症候性下痢症、急性消化不良症、感冒性下痢症、白色便性下痢症、慢性下痢症、未熟児下痢・新生児下痢)。
2.経管栄養食、経口流動食等摂取時の乳糖不耐により生じる下痢等の改善。

用法・用量(添付文書全文)

1.乳児の乳糖不耐により生じる消化不良の改善には、1回0.25〜0.5g[β−ガラクトシダーゼ(ペニシリウム)として0.125〜0.25g]を少量の水又はお湯(50℃以上にならない)で溶解し、哺乳時に経口投与する。
2.経管栄養食、経口流動食等摂取時の乳糖不耐により生じる下痢等の改善には、摂取乳糖量10gに対して1g[β−ガラクトシダーゼ(ペニシリウム)として0.5g]を食餌と共に投与する。症状により増減する。
<用法・用量に関連する使用上の注意>
本剤は50℃以上では酵素力価が低下するため、溶解温度に注意する。

副作用(添付文書全文)

承認時における安全性評価対象例480例中、臨床検査値の異常変動を含む副作用は2例(0.4%)に認められた。内訳は紅斑性発疹1例(0.2%)、便秘1例(0.2%)であった。再審査終了時における安全性評価対象例16,888例中、臨床検査値の異常変動を含む副作用は15例(0.09%)に認められた。
1.重大な副作用
ショック(0.1%未満):ショック症状、四肢冷感、顔面蒼白、チアノーゼ、下痢、腹部膨満、嘔吐等が現れることがあるので、このような症状が現れた場合には、直ちに投与を中止する(なお、症状に応じて輸液、副腎皮質ホルモン剤の投与等適切な処置を行う)。
2.その他の副作用
1).過敏症:(0.1〜5%未満)発疹等[症状が現れた場合には、投与を中止する]。
2).消化器:(0.1〜5%未満)便秘、(0.1%未満)腹部膨満、嘔吐等。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
(慎重投与)
本人又は両親、兄弟に蕁麻疹、気管支喘息、他の薬剤に対する過敏症、食物アレルギー等のみられる患者。
(重要な基本的注意)
1.乳糖不耐によると判断される患者に対して使用する。
1).乳児の場合は、便のpH及び便中の糖を測定し、原則として次の点を基準として使用する:(1)便のpHが5.5以下、(2)便のpHが5.6〜6.5でかつ便中の糖が0.5g/dL以上、(3)便中の糖が0.75g/dL以上。
2).1回の食餌中の乳糖量が、原則としておおよそ20g以上の経管栄養食、経口流動食を摂取している患者で、下痢、その他乳糖不耐によると思われる症状を生じた場合に使用する。
2.便性の改善・便回数の減少がみられない場合には、投与を中止する。
(保管上の注意)
気密容器(吸湿注意)。

処方薬辞典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。