日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

アルロイドG内用液5%基本情報

準先発品

一般名:アルギン酸ナトリウム液

製薬会社:カイゲンファーマ

薬価・規格: 16.1円(10mL) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

防御因子増強薬(消化性潰瘍などの治療薬)詳しく見る

  • 消化性潰瘍などに対して、胃粘液などの防御因子を増強することで胃腸粘膜保護作用などをあらわす薬
防御因子増強薬(消化性潰瘍などの治療薬)の代表的な商品名
  • アルサルミン
  • プロマック
  • ガストローム
  • セルベックス
  • ムコスタ

効能・効果詳しく見る

  • 胃潰瘍の自覚症状の改善
  • 胃潰瘍の止血
  • 逆流性食道炎の自覚症状の改善
  • 十二指腸潰瘍の自覚症状の改善
  • 十二指腸潰瘍の止血
  • 胃生検の出血時の止血
  • 糜爛性胃炎の自覚症状の改善
  • 糜爛性胃炎の止血

注意すべき副作用詳しく見る

下痢便秘

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 胃・十二指腸潰瘍及び糜爛性胃炎における止血及び自覚症状の改善並びに逆流性食道炎における自覚症状の改善には、アルギン酸ナトリウムとして、1回1〜3g(本剤20〜60mL)を1日3〜4回、空腹時に経口投与する
  • 経口投与が不可能な場合には、ゾンデで経鼻的に投与する
  • 胃生検の出血時の止血には、アルギン酸ナトリウムとして、1回0.5〜1.5g(本剤10〜30mL)を経内視鏡的に投与するか、1回1.5g(本剤30mL)を経口投与する
    • なお、いずれの場合も、年齢、症状により適宜増減する

副作用

主な副作用

下痢便秘

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.次記疾患における止血及び自覚症状の改善:胃潰瘍・十二指腸潰瘍、糜爛性胃炎。
    2.逆流性食道炎における自覚症状の改善。
    3.胃生検の出血時の止血。

    用法・用量(添付文書全文)

    胃・十二指腸潰瘍及び糜爛性胃炎における止血及び自覚症状の改善並びに逆流性食道炎における自覚症状の改善には、アルギン酸ナトリウムとして、1回1〜3g(本剤20〜60mL)を1日3〜4回、空腹時に経口投与する。
    経口投与が不可能な場合には、ゾンデで経鼻的に投与する。胃生検の出血時の止血には、アルギン酸ナトリウムとして、1回0.5〜1.5g(本剤10〜30mL)を経内視鏡的に投与するか、1回1.5g(本剤30mL)を経口投与する。
    なお、いずれの場合も、年齢、症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    その他の副作用
    消化器:(0.1〜5%未満)下痢、便秘。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (取扱い上の注意)
    使用期限内であっても、開封後はなるべく速やかに使用する。
    (保管上の注意)
    開封後冷所。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 吸入ステロイドは毎日使わなくてもよい? Lancet誌から
    2. ゾフルーザ低感受性、小児例で症状が長引く傾向 インフルエンザ診療Next:トピックス
    3. 「志水太郎 vs AI診断」は志水氏の圧勝 診断エラー学のすすめ
    4. レッスン12◆異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
    5. その精神科診断は必要か 宮岡等の「精神科医のひとりごと」
    6. 「無診察治療」を巡る訴訟、裁判所の判断は? 日常診療に生かす医療訴訟の教訓
    7. 「安定冠動脈疾患」改め「慢性冠症候群」へ 学会トピック◎欧州心臓病学会会議(ESC2019)
    8. CEA上昇も再発・転移所見なし。どう解釈? AntaaQAピックアップ
    9. 医療崩壊を盾に勤務医を犠牲にするのか シリーズ◎医師の「働き方改革」
    10. バスキアの描く頭部が「ドクロ」や「仮面」に似てい… 日経おとなのOFF presents 医師の絶対教養 美術編
    医師と医学研究者におすすめの英文校正