日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

コランチル配合顆粒の基本情報

基本情報

薬効分類
制酸薬・抗コリン薬配合剤

胃酸の中和作用や、抗コリン作用による消化管の過剰な運動を抑える作用などにより胃炎や消化性潰瘍などを治療する薬

制酸薬・抗コリン薬配合剤
  • コランチル
  • メサフィリン
効能・効果
  • 胃炎の自覚症状及び他覚所見の改善
  • 胃潰瘍の自覚症状及び他覚所見の改善
  • 十二指腸潰瘍の自覚症状及び他覚所見の改善
注意すべき副作用
視調節障害 、 眼圧亢進 、 頭痛 、 頭重 、 眩暈 、 眠気 、 下痢 、 軟便 、 悪心 、 嘔吐
用法・用量(主なもの)
  • 1回1〜2gを1日3〜4回経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する
  • 参考:症状が起こりやすい時間に合わせて食後又は食間に(必要なら更に就寝前にも)経口投与する
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 重篤な心疾患
    • 前立腺肥大による排尿障害
    • 透析療法
    • 閉塞隅角緑内障
    • 麻痺性イレウス

副作用

主な副作用
視調節障害 、 眼圧亢進 、 頭痛 、 頭重 、 眩暈 、 眠気 、 下痢 、 軟便 、 悪心 、 嘔吐 、 腹部膨満感
重大な副作用
アルミニウム脳症 、 アルミニウム骨症 、 貧血
上記以外の副作用
腹部不快感 、 鼓腸 、 食欲不振 、 心悸亢進 、 排尿障害 、 倦怠感 、 脱力感 、 口渇 、 便秘 、 代謝異常 、 高マグネシウム血症 、 過敏症 、 発疹 、 そう痒感

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 重篤な心疾患
    • 前立腺肥大による排尿障害
    • 透析療法
    • 閉塞隅角緑内障
    • 麻痺性イレウス
  • 慎重投与
    • 開放隅角緑内障
    • 潰瘍性大腸炎
    • 下痢
    • 甲状腺機能亢進症
    • 高マグネシウム血症
    • 心機能障害
    • 腎障害
    • 前立腺肥大
    • 不整脈
    • リン酸塩の欠乏
    • うっ血性心不全
患者の属性に応じた注意事項
  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
    • 授乳婦
  • 慎重投与
    • 高齢者
年齢や性別に応じた注意事項
  • 慎重投与
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用
薬剤名
影響
抗コリン作用を有する薬剤
抗コリン作用増強による散瞳・排尿障害・心悸亢進・頻脈・便秘・口内乾燥
三環系抗うつ剤
抗コリン作用増強による散瞳・排尿障害・心悸亢進・頻脈・便秘・口内乾燥
フェノチアジン系薬剤
抗コリン作用増強による散瞳・排尿障害・心悸亢進・頻脈・便秘・口内乾燥
モノアミン酸化酵素阻害剤
抗コリン作用増強による散瞳・排尿障害・心悸亢進・頻脈・便秘・口内乾燥
クエン酸製剤<服用>
血中アルミニウム濃度が上昇
クエン酸ナトリウム<服用>
血中アルミニウム濃度が上昇
テトラサイクリン系抗生物質<経口>
当該薬剤の効果が減弱
テトラサイクリン<経口>
当該薬剤の効果が減弱
ドキシサイクリン<経口>
当該薬剤の効果が減弱
キノロン系抗菌剤<経口>
当該薬剤の効果が減弱
レボフロキサシン<経口>
当該薬剤の効果が減弱
ロメフロキサシン<経口>
当該薬剤の効果が減弱
甲状腺製剤<経口>
効果を減弱
レボチロキシン<経口>
効果を減弱
ペニシラミン製剤<服用>
効果を減弱
ポリスチレンスルホン酸ナトリウム<経口・注腸>
アルカローシス
カルシウム製剤
アルカローシス
カルシウム製剤
ミルク・アルカリ症候群
カルシウム製剤
高カルシウム血症
カルシウム製剤
高窒素血症
飲食物との相互作用
  • クエン酸を含むもの
  • 大量の牛乳
  • カルシウムを含むもの<干しえび、バジル、煮干し、牛乳、乳製品 など>

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

次記疾患における自覚症状及び他覚所見の改善:胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃炎。

用法・用量(添付文書全文)

1回1〜2gを1日3〜4回経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。
参考:症状が起こりやすい時間に合わせて食後又は食間に(必要なら更に就寝前にも)経口投与する。

副作用(添付文書全文)

再評価結果における安全性評価対象例669例中、臨床検査値の異常変動を含む副作用は39例(5.8%)に認められた。
1.重大な副作用
アルミニウム脳症、アルミニウム骨症、貧血(頻度不明):本剤中の乾燥水酸化アルミニウムゲルの長期投与によりアルミニウム脳症、アルミニウム骨症、貧血等が現れる恐れがあるので、慎重に投与する。
2.その他の副作用
1).過敏症:(0.1%未満)発疹・そう痒感[症状が現れた場合には投与を中止する]。
2).眼:(0.1〜5%未満)視調節障害、眼圧亢進。
3).精神神経系:(0.1〜5%未満)頭痛・頭重、眩暈、眠気。
4).消化器:(5%以上又は頻度不明)口渇、便秘、(0.1〜5%未満)下痢・軟便、悪心・嘔吐、腹部膨満感・腹部不快感、鼓腸、食欲不振。
5).循環器:(0.1〜5%未満)心悸亢進。
6).泌尿器:(0.1〜5%未満)排尿障害。
7).代謝異常:(5%以上又は頻度不明)高マグネシウム血症(配合成分酸化マグネシウムの長期大量投与時)[異常が認められた場合には減量又は休薬等の適切な処置を行う]。
8).その他:(0.1〜5%未満)倦怠感、脱力感。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
1.閉塞隅角緑内障の患者[本剤中のジサイクロミン塩酸塩の抗コリン作用により眼圧が上昇し、症状を悪化させることがある]。
2.前立腺肥大による排尿障害のある患者[本剤中のジサイクロミン塩酸塩の抗コリン作用により排尿障害を悪化させる恐れがある]。
3.重篤な心疾患のある患者[本剤中のジサイクロミン塩酸塩の抗コリン作用により心悸亢進、頻脈等を起こし、症状を悪化させる恐れがある]。
4.麻痺性イレウスの患者[本剤中のジサイクロミン塩酸塩の腸管運動抑制作用により腸閉塞状態が強められ、症状を悪化させる恐れがある]。
5.透析療法を受けている患者[長期投与によりアルミニウム脳症、アルミニウム骨症、貧血等が現れることがある]。
(慎重投与)
1.開放隅角緑内障の患者[本剤中のジサイクロミン塩酸塩の抗コリン作用により眼圧が上昇し、症状を悪化させることがある]。
2.前立腺肥大のある患者[本剤中のジサイクロミン塩酸塩の抗コリン作用により排尿障害を起こす恐れがある]。
3.甲状腺機能亢進症の患者[本剤中のジサイクロミン塩酸塩の抗コリン作用により甲状腺機能亢進症に伴う心悸亢進、頻脈等を悪化させる恐れがある]。
4.潰瘍性大腸炎の患者[本剤中のジサイクロミン塩酸塩の腸管運動抑制作用により中毒性巨大結腸が現れることがある]。
5.腎障害のある患者[長期投与によりアルミニウム脳症、アルミニウム骨症、貧血等が現れる恐れがあるので、定期的に血中アルミニウム、リン、カルシウム、アルカリホスファターゼ等の測定を行う]。
6.心機能障害(うっ血性心不全、不整脈等)のある患者[本剤中のジサイクロミン塩酸塩は心悸亢進、頻脈等を、また、酸化マグネシウムは徐脈を起こし、症状を悪化させる恐れがある]。
7.下痢のある患者[本剤中の酸化マグネシウムは下痢を助長する恐れがある]。
8.高マグネシウム血症の患者[本剤中の酸化マグネシウムは高マグネシウム血症を悪化させる恐れがある]。
9.リン酸塩の欠乏している患者[本剤中の乾燥水酸化アルミニウムゲルはリン酸塩の吸収を阻害する恐れがある]。
10.高温環境にある患者[本剤中のジサイクロミン塩酸塩の抗コリン作用により発汗が抑制される恐れがある]。
11.高齢者。
(重要な基本的注意)
視調節障害、眠気を起こすことがあるので、本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械の操作に注意させる。
(相互作用)
併用注意:本剤中のAl3+、Mg2+の吸着作用や消化管内・体液のpH上昇により、併用薬の吸収・排泄に影響を与えることがあるので1〜2時間投与をあける。
1.抗コリン作用を有する薬剤(三環系抗うつ剤、フェノチアジン系薬剤、MAO阻害剤等)[<臨床症状>抗コリン作用増強による散瞳・排尿障害・心悸亢進・頻脈・便秘・口内乾燥等を起こすことがある(本剤中のジサイクロミン塩酸塩の抗コリン作用が増強されることがある)]。
2.クエン酸製剤<経口>(クエン酸ナトリウム<経口>等)[血中アルミニウム濃度が上昇することがある(<機序>キレートを形成し、アルミニウムの吸収を促進させる<危険因子>腎障害のある患者)]。
3.テトラサイクリン系抗生物質<経口>(テトラサイクリン<経口>、ドキシサイクリン<経口>等)[テトラサイクリン系抗生物質(TC)の効果が減弱される恐れがあるので、本剤をテトラサイクリン系抗生物質(TC)投与後3〜4時間後に投与する(本剤中のAl3+、Mg2+と不溶性のキレートを形成してテトラサイクリン系抗生物質(TC)の吸収が阻害される)]。
4.キノロン系抗菌剤<経口>(レボフロキサシン<経口>、ロメフロキサシン<経口>等)[キノロン系抗菌剤の効果が減弱される恐れがあるので、本剤をキノロン投与後2時間後に投与する(本剤中のAl3+、Mg2+と不溶性のキレートを形成してキノロン系抗菌剤の吸収が阻害される)]。
5.甲状腺ホルモン剤<経口>(レボチロキシンナトリウム<経口>等)[甲状腺ホルモン剤の効果を減弱させる恐れがある(本剤と吸着することにより、甲状腺ホルモン剤の吸収が阻害される)]。
6.ポリスチレンスルホン酸ナトリウム<経口・注腸>[アルカローシスが現れることがあるので電解質の観察を十分に行う(本剤の金属カチオンとイオン交換樹脂が結合することにより、腸管内に分泌された重炭酸ナトリウムが再吸収される)]。
7.ペニシラミン<経口>[ペニシラミンの効果を減弱させる恐れがある(ペニシラミンの吸収率が低下するとの報告がある)]。
8.大量の牛乳、カルシウム製剤[<臨床症状>ミルク・アルカリ症候群(高カルシウム血症、高窒素血症、アルカローシス等)が現れることがある;<措置方法>症状が現れた場合には投与を中止する(代謝性アルカローシスが持続することにより、尿細管でのカルシウム再吸収が増加する)]。
(高齢者への投与)
高齢者では、抗コリン作用による口渇、排尿障害、便秘、眼圧亢進等が現れやすいので、慎重に投与する。
(妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。
2.授乳中の婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[本剤中のジサイクロミン塩酸塩はヒト母乳中に移行することが報告されている]。
(小児等への投与)
低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない[使用経験がない]。
(保管上の注意)
吸湿注意。

処方薬辞典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。