日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ラクマーゼカプセル200mg基本情報

後発品(加算対象)

一般名:セトラキサート塩酸塩カプセル

製薬会社:東和薬品

薬価・規格: 8.1円(200mg1カプセル) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

防御因子増強薬(消化性潰瘍などの治療薬)詳しく見る

  • 消化性潰瘍などに対して、胃粘液などの防御因子を増強することで胃腸粘膜保護作用などをあらわす薬
防御因子増強薬(消化性潰瘍などの治療薬)の代表的な商品名
  • アルサルミン
  • プロマック
  • ガストローム
  • セルベックス
  • ムコスタ

効能・効果詳しく見る

  • 胃潰瘍
  • 急性胃炎の胃粘膜病変の改善
  • 急性胃炎の胃粘膜出血の改善
  • 急性胃炎の胃粘膜発赤の改善
  • 急性胃炎の胃粘膜浮腫の改善
  • 急性胃炎の胃粘膜糜爛の改善
  • 慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜病変の改善
  • 慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜出血の改善
  • 慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜発赤の改善
  • 慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜浮腫の改善
  • 慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜糜爛の改善

注意すべき副作用詳しく見る

口渇悪心嘔吐下痢便秘胃部不快感胃部膨満感過敏症発疹そう痒感

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • セトラキサート塩酸塩として1回200mgを1日3〜4回食後及び就寝前に経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

副作用

主な副作用

口渇悪心嘔吐下痢便秘胃部不快感胃部膨満感過敏症発疹そう痒感AST上昇

上記以外の副作用

ALT上昇

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 血栓
    • 血栓性静脈炎
    • 消費性凝固障害
    • 心筋梗塞
    • 脳血栓

患者の属性に応じた注意事項

  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.次記疾患の胃粘膜病変(胃粘膜糜爛、胃粘膜出血、胃粘膜発赤、胃粘膜浮腫)の改善:急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期。
    2.胃潰瘍。

    用法・用量(添付文書全文)

    セトラキサート塩酸塩として1回200mgを1日3〜4回食後及び就寝前に経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    次記の副作用が現れることがあるので、異常が認められた場合には必要に応じ投与を中止するなど適切な処置を行う。
    1.消化器:(頻度不明)口渇、悪心・嘔吐、下痢、便秘、胃部不快感・胃部膨満感。
    2.過敏症:(頻度不明)発疹、そう痒感。
    3.その他:(頻度不明)AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)等。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (慎重投与)
    1.血栓のある患者(脳血栓、心筋梗塞、血栓性静脈炎等)[本剤は代謝されてトラネキサム酸を生じるので、血栓を安定化する恐れがある]。
    2.消費性凝固障害のある患者[本剤は代謝されてトラネキサム酸を生じるので、血栓を安定化する恐れがある]。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    妊婦又は妊娠している可能性のある女性には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。
    (適用上の注意)
    薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔を起こして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。
    (取扱い上の注意)
    安定性試験:最終包装製品を用いた加速試験(40℃、相対湿度75%、6カ月)の結果、ラクマーゼカプセル200mgは通常の市場流通下において3年間安定であることが推測された。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 13歳女児。繰り返す発熱 日経メディクイズ●小児
    2. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急
    3. tPAや血栓回収が使える脳梗塞が大幅に広がる! トレンド◎脳卒中治療ガイドライン追補2019がまもなく公開
    4. 今季のインフルエンザ、異常な立ち上がりに インフルエンザ診療Next:トピックス
    5. 「夜型体質による不眠」を誤診していませんか 三島和夫の「知って得する睡眠臨床」
    6. 10歳代に増えるOTC薬の乱用、やっぱり危険! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
    7. 吸入ステロイドは毎日使わなくてもよい? Lancet誌から
    8. 遠隔ロボット手術、今後どう進む? 日本外科学会理事長の森正樹氏が現状と今後を紹介
    9. 内視鏡前の梅毒・肝炎検査、要らなくないですか 記者の眼
    10. 憩室炎を繰り返す患者を診たら考えたいこと 田中由佳里の「ハラワタの診かた」
    医師と医学研究者におすすめの英文校正