日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

バリトゲン消泡内用液2%の基本情報

後発品(加算対象)
一般名
製薬会社
薬価・規格
3.1円(2%1mL)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • 胃腸管内のガスの腹部症状の改善
  • 胃内視鏡検査時の胃内有泡性粘液の除去
  • 腹部X線検査時の腸内ガスの駆除
注意すべき副作用
軟便 、 胃部不快感 、 下痢 、 腹痛 、 嘔吐 、 嘔気 、 胃部重圧感 、 食欲不振 、 頭痛
用法・用量(主なもの)
  • 1.胃内視鏡検査時における胃内有泡性粘液の除去に使用する場合:検査15〜40分前にジメチルポリシロキサンとして、40〜80mg(本剤2〜4mL)を約10mLの水とともに経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する
  • 2.胃腸管内のガスに起因する腹部症状の改善に使用する場合:ジメチルポリシロキサンとして、1日120〜240mg(本剤6〜12mL)を食後又は食間の3回に分割経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する
  • 3.腹部X線検査時における腸内ガスの駆除に使用する場合:検査3〜4日前よりジメチルポリシロキサンとして、1日120〜240mg(本剤6〜12mL)を食後又は食間の3回に分割経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

副作用

主な副作用
軟便 、 胃部不快感 、 下痢 、 腹痛 、 嘔吐 、 嘔気 、 胃部重圧感 、 食欲不振 、 頭痛

注意事項

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

1.胃内視鏡検査時における胃内有泡性粘液の除去。
2.胃腸管内のガスに起因する腹部症状の改善。
3.腹部X線検査時における腸内ガスの駆除。

用法・用量(添付文書全文)

1.胃内視鏡検査時における胃内有泡性粘液の除去に使用する場合:検査15〜40分前にジメチルポリシロキサンとして、40〜80mg(本剤2〜4mL)を約10mLの水とともに経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。
2.胃腸管内のガスに起因する腹部症状の改善に使用する場合:ジメチルポリシロキサンとして、1日120〜240mg(本剤6〜12mL)を食後又は食間の3回に分割経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。
3.腹部X線検査時における腸内ガスの駆除に使用する場合:検査3〜4日前よりジメチルポリシロキサンとして、1日120〜240mg(本剤6〜12mL)を食後又は食間の3回に分割経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

副作用(添付文書全文)

その他の副作用
1.消化器:(0.1%〜5%未満)軟便、胃部不快感、下痢、腹痛、嘔吐、嘔気、胃部重圧感、食欲不振。
2.その他:(0.1%未満)頭痛。

使用上の注意(添付文書全文)

(取扱い上の注意)
1.安定性試験:最終包装製品を用いた安定性試験の結果、バリトゲン消泡内用液2%は通常の市場流通下において、使用期限までの間安定であることが推測された。
2.よく振って使用する。
3.使用期限内であっても開栓後は速やかに使用する。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。