日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ジメチコン錠40mg「YD」基本情報

後発品(加算対象)

一般名:ジメチコン錠

製薬会社:陽進堂

薬価・規格: 5.6円(40mg1錠) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 胃腸管内のガスの腹部症状の改善
  • 胃内視鏡検査時の胃内有泡性粘液の除去
  • 腹部X線検査時の腸内ガスの駆除

注意すべき副作用詳しく見る

軟便胃部不快感下痢腹痛嘔吐嘔気食欲不振胃部重圧感頭痛

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1.胃腸管内のガスに起因する腹部症状の改善に使用する場合:ジメチルポリシロキサンとして、1日120〜240mgを食後又は食間の3回に分割経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する
  • 2.胃内視鏡検査時における胃内有泡性粘液の除去に使用する場合:検査15〜40分前にジメチルポリシロキサンとして、40〜80mgを約10mLの水とともに経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する
  • 3.腹部X線検査時における腸内ガスの駆除に使用する場合:検査3〜4日前よりジメチルポリシロキサンとして、1日120〜240mgを食後又は食間の3回に分割経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

副作用

主な副作用

軟便胃部不快感下痢腹痛嘔吐嘔気食欲不振胃部重圧感頭痛

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.胃腸管内のガスに起因する腹部症状の改善。
    2.胃内視鏡検査時における胃内有泡性粘液の除去。
    3.腹部X線検査時における腸内ガスの駆除。

    用法・用量(添付文書全文)

    1.胃腸管内のガスに起因する腹部症状の改善に使用する場合:ジメチルポリシロキサンとして、1日120〜240mgを食後又は食間の3回に分割経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。
    2.胃内視鏡検査時における胃内有泡性粘液の除去に使用する場合:検査15〜40分前にジメチルポリシロキサンとして、40〜80mgを約10mLの水とともに経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。
    3.腹部X線検査時における腸内ガスの駆除に使用する場合:検査3〜4日前よりジメチルポリシロキサンとして、1日120〜240mgを食後又は食間の3回に分割経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    1.消化器:(頻度不明)軟便、胃部不快感、下痢、腹痛、嘔吐、嘔気、食欲不振、胃部重圧感。
    2.その他:(頻度不明)頭痛。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (適用上の注意)
    薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。
    (取扱い上の注意)
    1.保管方法:防湿。
    2.注意:本剤はPTPから取り出す際に爪を立てると割れる場合があるので、注意する。
    3.安定性試験:最終包装製品を用いた加速試験(40℃、相対湿度75%、6カ月)の結果、ジメチコン錠40mg「YD」は通常の市場流通下において3年間安定であることが推測された。
    (保管上の注意)
    気密容器。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 増え続ける診療所勤務医、その背景事情は? 記者の眼 FBシェア数:0
    2. 将来の懲戒処分リスクが高い医学生の行動とは 特集◎これってコンプライアンス違反?《2》医学生の問題行動 FBシェア数:546
    3. ロキソニンとカロナール、どっち派? 村川裕二の「ほろよいの循環器病学」 FBシェア数:350
    4. わがままコールもほどほどに こんな私も3年目 みちよのナース道 FBシェア数:27
    5. 痛風患者で定期的な尿酸値測定は必須? 関節痛の診かたアップデート FBシェア数:44
    6. 吸入トラネキサム酸は喀血量を減らせるか? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:24
    7. 新しい米コレステロール管理GLのアルゴリズム 学会トピック◎米国心臓協会学術集会(AHA2018) FBシェア数:40
    8. それって、いったい誰が決めたの? カデット特集●研修病院残酷物語 FBシェア数:0
    9. 勝谷氏を死に追いやった「重症型アルコール性肝炎」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:161
    10. 大きく変わる今冬のインフルエンザ治療戦略 寄稿◎2018−19シーズンのインフルエンザ診療の要点《下》 FBシェア数:76
    医師と医学研究者におすすめの英文校正