日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

コレポリーR散10%基本情報

後発品(加算対象)

一般名:耐性乳酸菌製剤散

製薬会社:東和薬品

薬価・規格: 6.2円(1g) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 抗生物質投与時の腸内菌叢の異常の諸症状の改善
  • 化学療法剤投与時の腸内菌叢の異常の諸症状の改善

注意すべき副作用詳しく見る

アナフィラキシー過敏症発疹蕁麻疹紅潮そう痒咳嗽喘鳴呼吸困難チアノーゼ

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1日3gを3回に分割経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症
    • 牛乳に対してアレルギー

副作用

主な副作用

過敏症発疹蕁麻疹紅潮そう痒咳嗽喘鳴呼吸困難チアノーゼ嘔吐

重大な副作用

アナフィラキシー

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症
    • 牛乳に対してアレルギー

患者の属性に応じた注意事項

  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    次記抗生物質投与時、化学療法剤投与時の腸内菌叢の異常による諸症状の改善:ペニシリン系、セファロスポリン系、アミノグリコシド系、マクロライド系、テトラサイクリン系、ナリジクス酸。

    用法・用量(添付文書全文)

    1日3gを3回に分割経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    1.重大な副作用(頻度不明)
    アナフィラキシー:アナフィラキシーを起こすことがあるので、観察を十分に行い、症状が現れた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    2.その他の副作用(頻度不明)
    1).過敏症:発疹、蕁麻疹、紅潮、そう痒、咳嗽、喘鳴、呼吸困難、チアノーゼ。
    2).消化器:嘔吐。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    1.本剤に過敏症の既往歴のある患者。
    2.牛乳に対してアレルギーのある患者[アナフィラキシーを起こすことがある]。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    妊婦又は妊娠している可能性のある女性には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ使用する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。
    (取扱い上の注意)
    安定性試験:最終包装製品を用いた長期保存試験(25℃、3年3カ月)の結果、外観及び生菌数等は規格の範囲内であり、通常の市場流通下において3年間安定であることが確認された。
    (保管上の注意)
    防湿。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 患者の言葉を封じ込める「お変わりないですか」 特集◎患者を癒す言葉、傷つける言葉《1》
    2. 6歳女児。発熱、咽頭痛、皮疹 日経メディクイズ●小児
    3. 81歳女性。フェニトイン服用中の転倒 日経メディクイズ●脳神経内科
    4. 自分が運転するのは80歳まで 医師1000人に聞きました
    5. 瞬間的心電図判読方法の良書 医学書ソムリエ
    6. 呼吸器内科医の勤務状況をまとめた珍しい論文 Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ
    7. 特効薬がない緊張型頭痛こそ漢方の活用を 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」
    8. 緩和ケアの若手医師、69%に燃え尽き、30%に心… 学会トピック◎第24回日本緩和医療学会学術大会
    9. いざ閉院、最後に待ち構えるこんなトラップ 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《9》閉院
    10. TAVIやAVRを受けた後は心房細動発症率が高い JAMA Intern Med誌から
    医師と医学研究者におすすめの英文校正