日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ビフィスゲン散の基本情報

後発品(加算対象)
一般名
製薬会社
薬価・規格
6.3円(2%1g)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • 腸内菌叢の異常の諸症状の改善
用法・用量(主なもの)
  • 1日3〜6gを3回に分割経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

副作用

注意事項

相互作用

処方理由

整腸菌製剤
この薬をファーストチョイスする理由(2018年1月更新)
  • ・エンテロノン−Rは抗生剤投与をしていなければ使用できないので、使いにくい。また、ミヤBMは院内採用されていない。結果的にラックビーの処方回数が多くなる。(50歳代病院勤務医、一般外科)

  • ・錠剤のラックビーは服用しやすく有効である。(60歳代開業医、神経内科)

  • ・多くの下痢・腹痛などの腹部症状はビフィズス菌製剤もしくは酪酸菌製剤で改善を見ており、コストも低く副作用も少ないので使いやすい。(50歳代病院勤務医、小児科)

  • ・ミヤBMについては気に入っているのですが、院内で採用されていないので出す機会が少ないです。そのために採用されているラックビーとビオフェルミンが中心になっています。効果はなんとなくです。(50歳代病院勤務医、小児科)

  • ・昔から使っている薬ですが、不足を感じたことはありません。もしかしたら内服しなくても同じかと思われますが、安い薬でありよく処方します。(60歳代診療所勤務医、消化器内科)

  • ・多くの医療機関にて採用されているので、使用しています。ただ、抗生剤との併用が多いので、本当は影響を受けにくい酪酸菌製剤を使いたいものの、採用されていることが少ないので、やむなく断念しています。(30歳代病院勤務医、一般内科)

整腸菌製剤
この薬をファーストチョイスする理由(2016年9月更新)
  • ・あまり差はないようにも思うのですが、習慣的にビフィズス菌製剤を使用しています。(60歳代診療所勤務医、一般外科)

  • ・自分自身が過敏性腸症候群ぎみだが、ビフィズス菌製剤を飲むと改善する。(50歳代病院勤務医、精神科)

  • ・大きな副作用がない点が良いです。患者さんの声を聴くと医療機関で貰うほうがより安価であると言われ、処方が多くなりました。(60歳代開業医、循環器内科)

  • ・知名度が高く、処方すると患者さんが安心するから。しかしビオフェルミンの散剤は、飲みにくい、入れ歯に挟まると評判は良くない。(40歳代病院勤務医、一般外科)

整腸菌製剤
この薬をファーストチョイスする理由(2015年4月更新)
  • ・抗菌薬投与後の腸内細菌の異常が推測される軽度の排便異常感に副作用を懸念せずに使用でき、患者から排便の正常化の反応もよい。(50代開業医、総合診療科)

  • ・便秘や下痢といった便通異常の頻度は減少し、改善傾向がある。感染性腸炎の症状も軽度で済む。(60代開業医、一般内科)

  • ・効果は他剤と比べ顕著に有効というわけではないのですが、錠剤もあり、選択しやすいため頻用しています。(40代診療所勤務医、産科・婦人科)

  • ・患者のビフィズス菌への認知度はほぼ100%ですので処方しやすいです。(40代病院勤務医、眼科)

  • ・抗菌薬の内服時は耐性乳酸菌製剤、非内服時はビフィズス菌製剤を使用しています。こうしないと保険で査定されます。(50代開業医、一般内科)

  • ・使い慣れている。副作用もないので、子どもの時からビオフェルミン(市販の新ビオフェルミンS)は甘かったのでお菓子感覚で食べていました。うちの子どももお気に入りです。おなかが緩くなるとすぐに欲しがります。(40代開業医、整形外科)

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

腸内菌叢の異常による諸症状の改善。

用法・用量(添付文書全文)

1日3〜6gを3回に分割経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

使用上の注意(添付文書全文)

(取扱い上の注意)
1.安定性試験:最終包装製品を用いた加速試験(40℃、相対湿度75%、6カ月)の結果、ビフィスゲン散は通常の市場流通下において2年間安定であることが推測された。
2.使用期限内であっても開封後は吸湿を防ぐため密封し、なるべく速やかに使用する。
(保管上の注意)
開封後防湿。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。