日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ビオヂアスミンF−2散の基本情報

後発品(加算対象)
一般名
製薬会社
薬価・規格
6.3円(1g)
添付文書

基本情報

薬効分類
整腸剤

腸内に乳酸菌などを補うことで腸内環境を整え、下痢、便秘、腹部膨満などの消化器症状を改善する薬

整腸剤
  • ビオフェルミン
  • ラックビー
  • ミヤBM
  • ビオスミン
効能・効果
  • 腸内菌叢の異常の諸症状の改善
用法・用量(主なもの)
  • ラクトミンとして、1日3〜9gを3回に分割して経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

副作用

注意事項

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

腸内菌叢の異常による諸症状の改善。

用法・用量(添付文書全文)

ラクトミンとして、1日3〜9gを3回に分割して経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

使用上の注意(添付文書全文)

(適用上の注意)
調製時:アミノフィリン、イソニアジドとの配合により着色することがあるので配合を避けることが望ましい。
(取扱い上の注意)
安定性試験:最終包装製品を用いた長期保存試験(25℃、相対湿度60%、36カ月)の結果、外観及び含量等は規格の範囲内であり、ビオヂアスミンF−2散は通常の市場流通下において3年間安定であることが確認された。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。