日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

アドエア100ディスカス60吸入用の基本情報

先発品(後発品なし)
一般名
製薬会社
薬価・規格
6351.1円(60ブリスター1キット)
添付文書

基本情報

薬効分類
ステロイド薬・β2刺激薬配合剤(吸入薬)

気管支や肺の炎症により気道が狭くなっている喘息やCOPDに対して、気道の炎症を抑え気管支を拡張することで、咳や息苦しさなどを改善する薬

ステロイド薬・β2刺激薬配合剤(吸入薬)
  • アドエア
  • シムビコート
  • フルティフォーム
  • レルベア
効能・効果
  • 気管支喘息
注意すべき副作用
口腔カンジダ症 、 呼吸器カンジダ症 、 嗄声 、 口腔刺激感 、 口腔異和感 、 口腔疼痛 、 口腔不快感 、 咽喉刺激感 、 咽喉異和感 、 咽喉疼痛
用法・用量(主なもの)
  • 成人通常、成人には1回サルメテロールとして50μg及びフルチカゾンプロピオン酸エステルとして100μgを1日2回吸入投与する
  • ・ アドエア100ディスカス1回1吸入
  • ・ アドエア50エアゾール1回2吸入
    • なお、症状に応じて次のいずれかの用法・用量に従い投与する
  • 1回サルメテロールとして50μg及びフルチカゾンプロピオン酸エステルとして250μgを1日2回吸入投与
  • ・ アドエア250ディスカス1回1吸入
  • ・ アドエア125エアゾール1回2吸入
  • 1回サルメテロールとして50μg及びフルチカゾンプロピオン酸エステルとして500μgを1日2回吸入投与
  • ・ アドエア500ディスカス1回1吸入
  • ・ アドエア250エアゾール1回2吸入
  • 小児小児には、症状に応じて次のいずれかの用法・用量に従い投与する
  • 1回サルメテロールとして25μg及びフルチカゾンプロピオン酸エステルとして50μgを1日2回吸入投与
  • ・ アドエア50エアゾール1回1吸入
  • 1回サルメテロールとして50μg及びフルチカゾンプロピオン酸エステルとして100μgを1日2回吸入投与
  • ・ アドエア100ディスカス1回1吸入
  • ・ アドエア50エアゾール1回2吸入
  • (用法及び用量に関連する注意)症状の緩解がみられた場合は、治療上必要最小限の用量で本剤を投与し、必要に応じ吸入ステロイド剤への切り替えも考慮すること
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症
    • 深在性真菌症
    • 有効な抗菌剤の存在しない感染症
    • 喘息の急激な悪化状態
    • 喘息発作重積状態

副作用

主な副作用
口腔カンジダ症 、 呼吸器カンジダ症 、 嗄声 、 口腔刺激感 、 口腔異和感 、 口腔疼痛 、 口腔不快感 、 咽喉刺激感 、 咽喉異和感 、 咽喉疼痛 、 咽喉不快感
重大な副作用
肺炎 、 ショック 、 アナフィラキシー 、 呼吸困難 、 気管支攣縮 、 全身潮紅 、 血管浮腫 、 蕁麻疹 、 重篤な血清カリウム値低下 、 血清カリウム値低下増強
上記以外の副作用
口腔感染症 、 呼吸器感染症 、 筋痙攣 、 浮腫 、 過敏症 、 発疹 、 顔面浮腫 、 口腔咽頭浮腫 、 味覚異常 、 心悸亢進 、 血圧上昇 、 不整脈 、 心房細動 、 上室性頻脈 、 期外収縮 、 頭痛 、 振戦 、 睡眠障害 、 悪心 、 腹痛 、 食道カンジダ症 、 関節痛 、 高血糖 、 むせ 、 咳 、 口内乾燥 、 脈拍増加 、 不安 、 易刺激性 、 攻撃性 、 鼻炎 、 胸痛 、 皮膚挫傷 、 皮下出血

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 過敏症
    • 深在性真菌症
    • 有効な抗菌剤の存在しない感染症
  • 原則禁止
    • 喘息の急激な悪化状態
    • 喘息発作重積状態
  • 注意
    • 結核性疾患
    • 高血圧
    • 甲状腺機能亢進症
    • 心疾患
    • 低酸素血症
    • 糖尿病
    • 慢性閉塞性肺疾患
    • 気管支粘液の分泌が著しい
    • キサンチン誘導体併用
    • ステロイド剤併用
    • 利尿剤併用
    • 長期又は大量の全身性ステロイド療法
    • 感染を伴う喘息症状の増悪
    • 肺炎の発現リスクが高い
    • 感染症<有効な抗菌剤の存在しない感染症・深在性真菌症を除く>
  • 投与に際する指示
    • 気管支粘液の分泌が著しい
    • 感染を伴う喘息症状の増悪
患者の属性に応じた注意事項
  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 慎重投与
    • 高齢者
  • 注意
    • 授乳婦
    • 新生児(低出生体重児を含む)
    • 乳児
    • 幼児・小児
  • 投与に際する指示
    • 幼児・小児
年齢や性別に応じた注意事項
  • 注意
    • 5歳未満の幼児等(0歳〜4歳)
    • 小児(0歳〜14歳)

相互作用

薬剤との相互作用
薬剤名
影響
薬物代謝酵素<CYP3A4>を阻害する薬剤
副腎皮質ステロイド剤を全身投与した場合と同様の症状
リトナビル
副腎皮質ステロイド剤を全身投与した場合と同様の症状
リトナビル
クッシング症候群
リトナビル
副腎皮質機能抑制
薬物代謝酵素<CYP3A4>を阻害する薬剤
サルメテロールの全身曝露量が増加しQT延長
リトナビル
サルメテロールの全身曝露量が増加しQT延長
ケトコナゾール
サルメテロールの全身曝露量が増加しQT延長
カテコールアミン製剤
不整脈
エピネフリン
不整脈
塩酸イソプロテレノール
不整脈
カテコールアミン製剤
心停止
エピネフリン
心停止
塩酸イソプロテレノール
心停止
キサンチン系薬剤
低カリウム血症による不整脈
副腎皮質ホルモン剤
低カリウム血症による不整脈
利尿剤
低カリウム血症による不整脈

処方理由

吸入ステロイド・β2刺激薬配合剤
この薬をファーストチョイスする理由(2017年9月更新)
  • ・フルタイドを最初に使うことが多く、その流れで患者さんも受け入れやすい。(50歳代診療所勤務医、総合診療科)

  • ・パウダー製剤のデバイスが使いやすい(シムビコートよりははるかに使いやすい)。エアゾール製剤もある。将来的にはレルベアに変えていくかも。(50歳代病院勤務医、一般内科)

  • ・使い慣れているため使用。1日1回で済むためレルベアに変更しようとも思っている。(50歳代開業医、一般内科)

  • ・使い慣れている点が大きい。後発の薬剤の方が効果が高い可能性があるが、高齢者が多いため、吸入デバイスを変更する際の抵抗感が強い。(50歳代病院勤務医、循環器内科)

  • ・患者のアドヒアランスが十分でない場合に、SMART療法は不適切。なんだかんだと慣れたアドエアを患者が望む。(40歳代病院勤務医、総合診療科)

  • ・2剤型あり、使いやすいので頻用しています。レルベアも良い薬で2番手です。(50歳代開業医、一般内科)

吸ステ・β2刺激薬合剤
この薬をファーストチョイスする理由(2016年6月更新)
  • ・そろそろレルベアに変えてもいいのでしょうけど、まだアドエアを使っています。シムビコートは高いので。(40歳代病院勤務医、呼吸器外科)

  • ・小児に対して処方していますが、比較的継続性はよいようです。(50歳代診療所勤務医、小児科)

  • ・エビデンスが豊富であるが、長期使用による嗄声が多いのが欠点。若年者なら1日1回のレルベア、女性ならシムビコートを選択することも多い。(50歳代病院勤務医、一般内科)

  • ・乳糖が含まれているので、吸入を実感できるのを好む患者さんが散見されるので。(40歳代病院勤務医、麻酔科)

  • ・抗LT剤でコントロールしきれない喘息に使うと良く効く印象がある。(40歳代病院勤務医、小児科)

  • ・デバイスが比較的使いやすい。適応症が多い。ドライパウダーなので、ある程度吸入流速が必要。(50歳代開業医、一般内科)

吸ステ・β2刺激薬合剤
この薬をファーストチョイスする理由(2014年12月更新)
  • ・初回開始から改善までも速く、長期管理でも安定した効果がある。同系統薬の中でも最もエビデンスが豊富である。短所としては喉頭症状が出やすい、粉末タイプは粒子が大きいので適切な吸入速度を要する、デバイスが大きいので携帯にやや不利など。(50歳代病院勤務医、一般内科)

  • ・デバイスが使いやすいようで レルベアに変更してもアドエア希望の患者が多いようです。(70歳以上開業医、一般内科)

  • ・デバイスが高齢者には一番簡単と思えるから。(50歳代病院勤務医、総合診療科)

  • ・レルベアが長期処方になる来月からは切り替えるかもしれない。(40歳代病院勤務医、呼吸器内科)

  • ・徐々にレルベアに移りつつありますが、今のところの主たる処方はアドエアです。非専門医が診療する場合、吸入薬は一番効果があり安全に処方できる薬剤と考えます。唯一といってよい副作用は、十分にうがいや口腔の清潔が保てない患者での口腔カンジダ症などの感染症ですが、多くは問題なく使える患者です。(50歳代病院勤務医、一般内科)

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

気管支喘息(吸入ステロイド剤及び長時間作動型吸入β2刺激剤の併用が必要な場合)。
(効能又は効果に関連する注意)
5.1. 患者、保護者又はそれに代わり得る適切な者に対し、次の注意を与えること。
本剤は発現した発作を速やかに軽減する薬剤ではないので、急性の発作に対しては使用しないこと〔8.1、8.3、8.10参照〕。
5.2. 本剤の投与開始前には、患者の喘息症状を比較的安定な状態にしておくこと。特に、喘息発作重積状態又は喘息の急激な悪化状態のときには原則として本剤は投与しないこと。

用法・用量(添付文書全文)

成人
通常、成人には1回サルメテロールとして50μg及びフルチカゾンプロピオン酸エステルとして100μgを1日2回吸入投与する。
・ アドエア100ディスカス1回1吸入。
・ アドエア50エアゾール1回2吸入。
なお、症状に応じて次のいずれかの用法・用量に従い投与する。
1回サルメテロールとして50μg及びフルチカゾンプロピオン酸エステルとして250μgを1日2回吸入投与。
・ アドエア250ディスカス1回1吸入。
・ アドエア125エアゾール1回2吸入。
1回サルメテロールとして50μg及びフルチカゾンプロピオン酸エステルとして500μgを1日2回吸入投与。
・ アドエア500ディスカス1回1吸入。
・ アドエア250エアゾール1回2吸入。
小児
小児には、症状に応じて次のいずれかの用法・用量に従い投与する。
1回サルメテロールとして25μg及びフルチカゾンプロピオン酸エステルとして50μgを1日2回吸入投与。
・ アドエア50エアゾール1回1吸入。
1回サルメテロールとして50μg及びフルチカゾンプロピオン酸エステルとして100μgを1日2回吸入投与。
・ アドエア100ディスカス1回1吸入。
・ アドエア50エアゾール1回2吸入。
(用法及び用量に関連する注意)
症状の緩解がみられた場合は、治療上必要最小限の用量で本剤を投与し、必要に応じ吸入ステロイド剤への切り替えも考慮すること。

副作用(添付文書全文)

次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
11.1. 重大な副作用
11.1.1. ショック、アナフィラキシー(いずれも頻度不明):ショック、アナフィラキシー(呼吸困難、気管支攣縮、全身潮紅、血管浮腫、蕁麻疹等)があらわれることがある。
11.1.2. 重篤な血清カリウム値低下(頻度不明):キサンチン誘導体併用、ステロイド剤併用及び利尿剤併用により血清カリウム値低下増強することがあるので、重症喘息患者では特に注意すること〔9.1.9、10.2参照〕。
11.1.3. 肺炎(3.3%:慢性閉塞性肺疾患患者にアドエア500ディスカスを使用した52週間の国内臨床試験における頻度)〔8.9参照〕。
11.2. その他の副作用
1). 過敏症:(1%未満)発疹、蕁麻疹、顔面浮腫、口腔咽頭浮腫。
2). 口腔並びに呼吸器:(1%〜10%未満)口腔カンジダ症及び呼吸器カンジダ症、嗄声、口腔刺激感(口腔異和感、口腔疼痛、口腔不快感等)及び咽喉刺激感(咽喉異和感、咽喉疼痛、咽喉不快感等)、口腔感染症並びに呼吸器感染症、(1%未満)味覚異常、(頻度不明)むせ、咳、口内乾燥、*気管支攣縮[*:短時間作動型気管支拡張剤を投与する等の適切な処置を行うこと]。
3). 循環器:(1%未満)心悸亢進、血圧上昇、不整脈(心房細動、上室性頻脈、期外収縮を含む)、(頻度不明)脈拍増加。
4). 精神・神経系:(1%未満)頭痛、振戦、睡眠障害、(頻度不明)不安、易刺激性、攻撃性。
5). 消化器:(1%未満)悪心、腹痛、食道カンジダ症。
6). その他:(1%〜10%未満)筋痙攣、(1%未満)関節痛、浮腫、高血糖、(頻度不明)鼻炎、胸痛、皮膚挫傷(皮下出血等)。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
2.1. 有効な抗菌剤の存在しない感染症、深在性真菌症の患者[ステロイドの作用により症状を増悪するおそれがある]。
2.2. 本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある患者。
(重要な基本的注意)
8.1. 本剤は既に起きている気管支喘息の発作を速やかに軽減する薬剤ではないので、毎日規則正しく使用すること〔5.1参照〕。
8.2. 過度に使用を続けた場合、サルメテロールのβ1作用により不整脈、場合により心停止を起こすおそれがあるので、使用が過度にならないよう注意すること。患者、保護者又はそれに代わる者に本剤の過度の使用の危険性を理解させ、1日2回を超え投与しないよう注意を与える(サルメテロールキシナホ酸塩の気管支拡張作用は12時間持続するのでその間次の投与を行わない)〔13.1、13.2参照〕。
8.3. 本剤の投与期間中に発現する気管支喘息の急性の発作に対しては、短時間作動型吸入β2刺激剤(例えば吸入用サルブタモール硫酸塩)等の他の適切な薬剤を使用するよう患者、保護者又はそれに代わり得る適切な者に注意を与えること。
また、短時間作動型吸入β2刺激剤等の使用量が増加したり、あるいは効果が十分でなくなってきた場合には、疾患の管理が十分でないことが考えられるので、可及的速やかに医療機関を受診し医師の治療を求めるよう患者、保護者又はそれに代わり得る適切な者に注意を与えること〔5.1、8.10参照〕。
8.4. 感染を伴う喘息症状の増悪がみられた場合には、ステロイド療法の強化と感染症の治療を考慮すること。
8.5. 本剤の投与を突然中止すると喘息の急激な悪化を起こすことがあるので、投与を中止する場合には患者の喘息症状を観察しながら徐々に減量していくこと。
8.6. 全身性ステロイド剤と比較し可能性は低いが、吸入ステロイド剤の投与により全身性作用(クッシング症候群、クッシング様症状、副腎皮質機能抑制、小児成長遅延、骨密度低下、白内障、緑内障、中心性漿液性網脈絡膜症を含む)が発現する可能性がある。特に長期間、大量投与の場合には定期的に検査を行い、全身性作用が認められた場合には患者の症状を観察しながら適切な処置を行うこと〔8.13参照〕。
8.7. 全身性ステロイド剤の減量は本剤の投与開始後症状の安定をみて徐々に行うこと(減量にあたっては一般のステロイド剤の減量法に準ずる)。
8.8. 全身性ステロイド剤の減量並びに離脱に伴って、鼻炎発現・鼻炎増悪、湿疹発現・湿疹増悪、蕁麻疹発現・蕁麻疹増悪、眩暈発現・眩暈増悪、動悸発現・動悸増悪、倦怠感発現・倦怠感増悪、顔のほてり発現・顔のほてり増悪、結膜炎発現・結膜炎増悪等の症状があらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合には適切な処置を行うこと。
8.9. 慢性閉塞性肺疾患患者を対象とした国内臨床試験及び海外臨床試験において肺炎が報告されたので、一般に肺炎の発現リスクが高いと考えられる患者へ本剤を投与する場合には注意すること〔11.1.3参照〕。
8.10. 本剤の投与期間中に発現する急性の発作に対して短時間作動型吸入β2刺激剤<例えば吸入用サルブタモール硫酸塩>等の薬剤の使用量が増加したりあるいは効果が十分でなくなってきた場合には、患者の生命が脅かされる可能性があるので、患者の症状に応じてステロイド療法の強化(本剤のより高用量製剤への変更等)を考慮すること〔5.1、8.3参照〕。
8.11. 本剤を含む吸入ステロイド剤投与後に、潜在していた基礎疾患である好酸球性多発血管炎性肉芽腫症にみられる好酸球増多症がまれにあらわれることがあるが、この症状は通常、全身性ステロイド剤の減量並びに離脱に伴って発現しており、本剤との直接的な因果関係は確立されていない(本剤の投与期間中は、好酸球数の推移や、他の好酸球性多発血管炎性肉芽腫症症状(しびれ、発熱、関節痛、肺の浸潤等の血管炎症状等)に注意すること)。
8.12. 本剤は患者の喘息症状に応じて最適な用量を選択する必要があるため、本剤の投与期間中は患者を定期的に診察すること。
8.13. 吸入ステロイド剤の投与により全身性作用が発現する可能性があるため、吸入ステロイド剤の投与量は患者毎に喘息をコントロールできる最少用量に調節すること〔8.6参照〕。
(特定の背景を有する患者に関する注意)
(合併症・既往歴等のある患者)
9.1.1. 結核性疾患の患者:ステロイドの作用により症状を増悪するおそれがある。
9.1.2. 感染症<有効な抗菌剤の存在しない感染症・深在性真菌症を除く>の患者:ステロイドの作用により症状を増悪するおそれがある。
9.1.3. 甲状腺機能亢進症の患者:甲状腺ホルモンの分泌促進により症状を増悪するおそれがある。
9.1.4. 高血圧の患者:α及びβ1作用により血圧上昇を起こすおそれがある。
9.1.5. 心疾患を有する患者:β1作用により症状を増悪するおそれがある。
9.1.6. 糖尿病の患者:グリコーゲン分解作用及びステロイドの作用により症状を増悪するおそれがある。
9.1.7. 気管支粘液の分泌が著しい患者:本剤の肺内での作用を確実にするため、本剤の投与開始に先立って、分泌がある程度減少するまで他剤を使用すること。
9.1.8. 長期又は大量の全身性ステロイド療法を受けている患者:全身性ステロイド剤の減量中並びに離脱後も副腎皮質機能検査を行い、外傷、手術、重症感染症等の侵襲には十分に注意を払い、また、必要があれば一時的に全身性ステロイド剤の増量を行うこと(これらの患者では副腎皮質機能不全となっていることが考えられる)。
9.1.9. 低酸素血症の患者:血清カリウム値をモニターすることが望ましい(低酸素血症は血清カリウム値の低下が心リズムに及ぼす作用を増強することがある)〔11.1.2参照〕。
(妊婦)
妊婦又は妊娠している可能性のある女性には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること(β2刺激剤及び副腎皮質ステロイド剤は実験動物で催奇形作用が知られており、大量のサルメテロールキシナホ酸塩(経口:10mg/kg/日)及びフルチカゾンプロピオン酸エステル(皮下:100μg/kg/日)をラットに併用投与したときに催奇形作用(臍ヘルニア)及び胎仔発育抑制が報告されている)。
(授乳婦)
治療上の有益性及び母乳栄養の有益性を考慮し、授乳の継続又は中止を検討すること(サルメテロールキシナホ酸塩をラットに大量(1mg/kg)に静脈内投与、あるいはフルチカゾンプロピオン酸エステル10μg/kgをラットに皮下投与したときに乳汁中への移行が報告されている)。
(小児等)
9.7.1. 全身性ステロイド剤と比較し可能性は低いが、吸入ステロイド剤を特に長期間、大量に投与する場合に成長遅延をきたすおそれがある。長期間投与する場合には吸入ステロイド剤の投与量は患者毎に喘息をコントロールできる最少用量に調節することとし、身長等の経過の観察を十分行うこと。また小児等の使用にあたっては、使用法を正しく指導すること。なお、小児等に対しては国内での24週間を超える使用経験はない。
9.7.2. 5歳未満の幼児等を対象とする有効性及び安全性を指標とした臨床試験は実施していない。
(高齢者)
患者の状態を観察しながら慎重に投与すること(一般に、生理機能が低下している)。
(相互作用)
フルチカゾンプロピオン酸エステル及びサルメテロールは、主としてCYP3A4で代謝される〔16.4参照〕。
10.2. 併用注意:
1). CYP3A4阻害作用を有する薬剤:
①. CYP3A4阻害作用を有する薬剤(リトナビル等)[副腎皮質ステロイド剤を全身投与した場合と同様の症状があらわれる可能性がある(CYP3A4による代謝が阻害されることにより、フルチカゾンプロピオン酸エステルの血中濃度が上昇する可能性がある)。特に、リトナビルとフルチカゾンプロピオン酸エステル製剤の併用により、クッシング症候群、副腎皮質機能抑制等が報告されているので、リトナビルとの併用は治療上の有益性がこれらの症状発現の危険性を上回ると判断される場合に限ること(リトナビルは強いCYP3A4阻害作用を有する、リトナビルとフルチカゾンプロピオン酸エステル製剤を併用した臨床薬理試験において、血中フルチカゾンプロピオン酸エステル濃度の大幅な上昇、また血中コルチゾール値の著しい低下が認められている)]。
②. CYP3A4阻害作用を有する薬剤(リトナビル等)[サルメテロールの全身曝露量が増加しQT延長を起こす可能性があるので、ケトコナゾール(経口剤:国内未発売)、リトナビル等の強いCYP3A4阻害作用を有する薬剤と併用する場合には、注意すること(経口剤のケトコナゾールとサルメテロールを併用した臨床薬理試験において、サルメテロールのCmaxが1.4倍、AUCが15倍に上昇したとの報告がある)]。
2). カテコールアミン(アドレナリン、イソプレナリン塩酸塩等)〔13.1、13.2参照〕[不整脈、場合によっては心停止を起こすおそれがあり、よって、発作時に頓用で用いる場合以外は過度に併用しないよう注意すること(アドレナリン、イソプレナリン塩酸塩等のカテコールアミン併用により、アドレナリン作動性神経刺激の増大が起きる。そのため、不整脈を起こすことがある)]。
3). キサンチン誘導体〔11.1.2参照〕[低カリウム血症による不整脈を起こすおそれがあるので、血清カリウム値のモニターを行うこと(キサンチン誘導体はアドレナリン作動性神経刺激を増大させるため、血清カリウム値の低下を増強することがある)]。
4). ステロイド剤、利尿剤〔11.1.2参照〕[低カリウム血症による不整脈を起こすおそれがあるので、血清カリウム値のモニターを行うこと(ステロイド剤及び利尿剤は尿細管でのカリウム排泄促進作用があるため、血清カリウム値の低下が増強することが考えられる)]。
(過量投与)
13.1. 症状
サルメテロールの過量投与(用法及び用量を超える量)により頻脈、不整脈、振戦、頭痛及び筋痙攣等、β刺激剤の薬理学的作用による症状が増悪する可能性があり、また、重篤な症状として、低カリウム血症、高血糖、心室性不整脈あるいは心停止等が発現する可能性がある〔8.2、10.2参照〕。
フルチカゾンプロピオン酸エステルの過量投与(通常の用法及び用量を超える量等)により副腎皮質機能抑制等の全身性作用がみられることがある。本剤を過量かつ長期間吸入した小児において、低血糖、及びそれに伴う意識低下、痙攣を主な所見とする急性副腎皮質機能不全の発現が報告されている(副腎皮質機能が抑制されている患者においては、外傷、手術、感染、本剤の急速な減量時等に急性副腎皮質機能不全が発現する可能性がある)。
13.2. 処置
過量投与時、本剤の解毒剤は心臓選択性β遮断剤であるが、このような薬剤の使用により気管支攣縮が発現する可能性があるため、使用にあたっては十分に注意すること。
過量投与後に本剤を減量する際は、患者の管理を十分に行いながら徐々に行うこと〔8.2、10.2参照〕。
(適用上の注意)
14.1. 薬剤交付時の注意
14.1.1. 吸入前
(1). 患者には使用説明書を渡し、使用方法を指導すること。
(2). 本剤は防湿のためアルミ包装されているので、使用開始直前にアルミ包装を開封するよう指導すること。
14.1.2. 吸入時:本剤は口腔内への吸入投与にのみ使用する(内服しても効果はみられない)。
14.1.3. 吸入後:本剤吸入後に、うがいを実施するよう患者を指導する(口腔内カンジダ症又は嗄声の予防のため)、ただし、うがいが困難な患者には、うがいではなく、口腔内をすすぐよう指導すること。
(保管上の注意)
室温保存。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。