日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

アレベール吸入用溶解液0.125%の基本情報

一般名
製薬会社
薬価・規格
5.3円(0.125%1mL)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • 吸入用呼吸器官用剤の溶解剤
注意すべき副作用
嘔吐 、 上気道の刺激症状 、 気道反応 、 過敏症 、 皮膚発疹
用法・用量(主なもの)
  • 通常、本剤1〜5mLに呼吸器官用剤を用時混合して、噴霧吸入する
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症
    • 人工呼吸器の呼吸回路呼気側にフィルターを装着し超音波式ネブライザー使用中

副作用

主な副作用
嘔吐 、 上気道の刺激症状 、 気道反応 、 過敏症 、 皮膚発疹

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 過敏症
    • 人工呼吸器の呼吸回路呼気側にフィルターを装着し超音波式ネブライザー使用中
  • 注意
    • 人工呼吸器の呼吸回路呼気側にフィルターを装着し超音波式ネブライザー使用中

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

吸入用呼吸器官用剤の溶解剤。

用法・用量(添付文書全文)

通常、本剤1〜5mLに呼吸器官用剤を用時混合して、噴霧吸入する。

副作用(添付文書全文)

次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
11.2. その他の副作用
1). 口腔喉頭:(0.1〜5%未満)軽度の嘔吐、上気道の刺激症状等。
2). 過敏症:(0.1%未満)皮膚発疹。
3). その他:(頻度不明)気道反応[本剤中のグリセリンは気管支喘息患者の一部に気道反応を誘発することがある]。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
2.1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
2.2. 人工呼吸器の呼吸回路呼気側にフィルターを装着し超音波式ネブライザー使用中の患者(人工呼吸器は麻酔器に組み込まれたものも含む、フィルターはバクテリアフィルター等)〔8.1参照〕。
(重要な基本的注意)
8.1. 人工呼吸器の呼吸回路呼気側にフィルターを装着し超音波式ネブライザー使用中(人工呼吸器は麻酔器に組み込まれたものも含む、フィルターはバクテリアフィルター等)の場合には、本剤によりフィルターが目詰まりを起こし、患者が呼吸困難を起こすことがあるので、本剤を使用しないこと〔2.2参照〕。
(適用上の注意)
14.1. 薬剤調製時の注意
14.1.1. 〈製剤共通〉本剤には防腐剤を添加していないので、他の容器に分割して使用しない(やむをえず分割使用する場合は、異物混入や細菌汚染がないよう注意する)。
14.1.2. 〈製剤共通〉配合変化
(1). 〈製剤共通〉ブロムヘキシン塩酸塩吸入液と配合しないこと(混合直後より白濁を生じる)。
(2). 〈製剤共通〉用時混合すること(本剤は弱アルカリ性の水溶液であり、混合により他の呼吸器官用剤の成分に変化を起こすことがあるので、速やかに使用すること)。なお、使用時に変色あるいは混濁を生じている場合には使用しないこと。
14.1.3. 〈100mLバイアル瓶〉100mLバイアル瓶の金締冠は取り外さず、ゴム栓を通して必要量を清潔無菌の注射器で取り出して使用すること。
14.1.4. 〈100mLバイアル瓶〉使用頻度が高く、便宜上100mLバイアル瓶の金締冠を取り外して使用する場合は、特に細菌汚染を考慮して迅速に使用し切ること。
14.1.5. 〈500mL瓶〉500mL瓶の場合は、なるべく1回で使用することが望ましいが、都合によりたとえ短時日でも2〜3回に分割使用する時は、ゴム栓からの汚染に特に注意すること。
14.2. 薬剤投与時の注意
14.2.1. 投与経路:本剤を注射あるいは飲用しないこと。
14.2.2. 一旦取り出した本剤又はネブライザーに残った液はもとの容器に戻さないこと。
14.2.3. 使用開始時又は使用開始後、着色又は浮遊物が認められるときは、異物混入又は細菌汚染が疑われるので使用しないこと。
(取扱い上の注意)
20.1. 本剤には防腐剤を添加していないので、使用開始後は冷蔵庫内(冷凍不可)に保存し、なるべく速やかに使用すること。
(保管上の注意)
室温保存。

処方薬辞典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。