日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

インタールエアロゾル1mgの基本情報

先発品(後発品なし)
一般名
製薬会社
薬価・規格
1882円(2%10mL1瓶)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • 気管支喘息
注意すべき副作用
咳 、 咽喉頭痛 、 咽喉刺激症状 、 悪心 、 重篤な気管支痙攣 、 PIE症候群 、 好酸球増多 、 肺浸潤 、 発熱 、 咳嗽
用法・用量(主なもの)
  • 1回2噴霧(クロモグリク酸ナトリウムとして2mg)、1日4回(朝、昼、夕及び就寝前)吸入する
  • 症状の緩解が得られれば、その後の経過を観察しながら1日2〜3回に減量すること

副作用

主な副作用
咳 、 咽喉頭痛 、 咽喉刺激症状 、 悪心 、 過敏症 、 発疹 、 頭痛 、 口渇
重大な副作用
重篤な気管支痙攣 、 PIE症候群 、 好酸球増多 、 肺浸潤 、 発熱 、 咳嗽 、 喀痰 、 アナフィラキシー 、 呼吸困難 、 血管浮腫 、 じん麻疹

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 過敏症
  • 注意
    • 長期ステロイド療法
患者の属性に応じた注意事項
  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 注意
    • 新生児(低出生体重児を含む)
    • 乳児
    • 幼児・小児
年齢や性別に応じた注意事項
  • 注意
    • 3歳以下の幼児等(0歳〜3歳)

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

気管支喘息。

用法・用量(添付文書全文)

1回2噴霧(クロモグリク酸ナトリウムとして2mg)、1日4回(朝、昼、夕及び就寝前)吸入する。症状の緩解が得られれば、その後の経過を観察しながら1日2〜3回に減量すること。

副作用(添付文書全文)

次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
11.1. 重大な副作用
11.1.1. 気管支痙攣(0.1%未満):吸入中又は直後に、重篤な気管支痙攣があらわれることがある。
11.1.2. PIE症候群(0.1%未満):PIE症候群(好酸球増多を伴う肺浸潤;発熱、咳嗽、喀痰を伴うことが多い)があらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合には投与を中止し、必要であればステロイド剤等を投与すること〔8.2、9.1.1参照〕。
11.1.3. アナフィラキシー(0.1%未満):アナフィラキシー(呼吸困難、血管浮腫、じん麻疹等)があらわれることがある。
11.2. その他の副作用
1). 過敏症:(0.1%未満)発疹。
2). 咽喉頭:(0.1〜5%未満)咽喉頭痛、咳の誘発等の咽喉刺激症状。
3). その他:(0.1〜5%未満)悪心、(0.1%未満)口渇、頭痛。
添加剤が異なるインタールエアロゾル製剤[クロロフルオロカーボン類(特定フロン)等を含有]による発現頻度(使用成績調査を含む)。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
(重要な基本的注意)
8.1. 本剤は既に起こっている喘息発作を抑える薬剤ではないので、発作発現時は対症療法が必要であることを患者又は保護者に十分説明しておくこと。
8.2. 本剤の使用により、ステロイド維持量を減量し得た患者で本剤吸入療法を中止する場合は原疾患再発のおそれがあるので、減量前のステロイド維持量に戻すこと〔9.1.1、11.1.2参照〕。
(特定の背景を有する患者に関する注意)
(合併症・既往歴等のある患者)
9.1.1. 長期ステロイド療法を受けている患者:本剤吸入によりステロイドの減量をはかる場合は十分な管理下で徐々に行うこと〔8.2、11.1.2参照〕。
(妊婦)
妊婦又は妊娠している可能性のある女性には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること(動物実験(ウサギ、マウス)で母体に毒性があらわれる大量の注射により胎仔毒性(胎仔吸収、胎仔体重減少等)の報告がある)。
(小児等)
3歳以下の幼児等を対象とした臨床試験は実施していない。
(適用上の注意)
14.1. 薬剤交付時の注意
14.1.1. 吸入前
(1). 新しいボンベは初回使用時から一定の薬物噴霧量を得ることは難しいので、最初の4噴霧分は吸入せず空気中に試し噴霧しておくよう指導すること。
(2). 本剤の吸入法については使用説明書の記載に従い、正しく指導すること。特に幼小児においては、必要に応じ、保護者にも使用法をよく理解させ、経過の観察を十分に行うこと。
(取扱い上の注意)
20.1. 火の中に入れないこと。
20.2. 使い切って(ガスを出し切った状態で)捨てること。
(保管上の注意)
室温保存。

処方薬事典は、日経メディカル Onlineが配信する医療・医薬関係者向けのコンテンツです。一般の方もご覧いただけますが、内容に関するご質問にはお答えできません。服用中の医薬品についてはかかりつけの医師や薬剤師にご相談ください。