基本情報

薬効分類

β2刺激薬(内服薬・外用貼付薬)詳しく見る

  • 主に気管支のβ2受容体を刺激し気管支を拡張させることで喘息などによる咳や息苦しさなどを改善する薬
β2刺激薬(内服薬・外用貼付薬)の代表的な商品名
  • ホクナリン
  • スピロペント
  • ベネトリン
  • ベロテック
  • メプチン

効能・効果詳しく見る

  • 気管支喘息の気道閉塞性障害に基づく呼吸困難の諸症状の緩解
  • 急性気管支炎の気道閉塞性障害に基づく呼吸困難の諸症状の緩解
  • 喘息性気管支炎の気道閉塞性障害に基づく呼吸困難の諸症状の緩解

注意すべき副作用詳しく見る

頭痛動悸重篤な血清カリウム値低下血清カリウム値低下作用が増強心リズムに及ぼす作用を増強過敏症そう痒症蕁麻疹口渇顔のほてり

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 幼小児に対し、1日0.75mL/kg(フェノテロール臭化水素酸塩として0.375mg/kg)を3回に分けて経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減するが、標準投与量(1日量)は、次のとおりとし、1日3回に分けて経口投与する
  • 0.5〜1歳未満:3〜6mL(フェノテロール臭化水素酸塩含量1.5〜3.0mg)
  • 1〜3歳未満:6〜9mL(フェノテロール臭化水素酸塩含量3.0〜4.5mg)
  • 3〜5歳未満:9〜15mL(フェノテロール臭化水素酸塩含量4.5〜7.5mg)

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症
    • カテコールアミン投与中

副作用

主な副作用

頭痛動悸過敏症そう痒症蕁麻疹口渇顔のほてり頻脈胸痛振戦嘔気

重大な副作用

重篤な血清カリウム値低下血清カリウム値低下作用が増強心リズムに及ぼす作用を増強

上記以外の副作用

嘔吐腹痛食欲不振胃部不快感便秘発疹倦怠感手指腫脹感

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症
    • カテコールアミン投与中
  • 慎重投与
    • 高血圧症
    • 甲状腺機能亢進症
    • 心疾患
    • 糖尿病
  • 注意
    • キサンチン誘導体併用
    • ステロイド剤併用
    • 利尿剤併用

患者の属性に応じた注意事項

  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
    • 授乳婦
  • 慎重投与
    • 高齢者
  • 注意
    • 高齢者
  • 投与に際する指示
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 高齢者(65歳〜)
  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)
  • 投与に際する指示
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
エピネフリン 不整脈
ノルエピネフリン 不整脈
イソプロテレノール 不整脈
エピネフリン 心停止
ノルエピネフリン 心停止
イソプロテレノール 心停止
キサンチン系薬剤 血清カリウム値の低下作用を増強
テオフィリン 血清カリウム値の低下作用を増強
アミノフィリン製剤 血清カリウム値の低下作用を増強
副腎皮質ホルモン剤 血清カリウム値の低下作用を増強
ベタメタゾン 血清カリウム値の低下作用を増強
プレドニゾロン 血清カリウム値の低下作用を増強
コハク酸ヒドロコルチゾンナトリウム 血清カリウム値の低下作用を増強
利尿剤 血清カリウム値の低下作用を増強
フロセミド 血清カリウム値の低下作用を増強

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    次記疾患の気道閉塞性障害に基づく呼吸困難など諸症状の緩解:気管支喘息、喘息性気管支炎、急性気管支炎。

    用法・用量(添付文書全文)

    幼小児に対し、1日0.75mL/kg(フェノテロール臭化水素酸塩として0.375mg/kg)を3回に分けて経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減するが、標準投与量(1日量)は、次のとおりとし、1日3回に分けて経口投与する。
    0.5〜1歳未満:3〜6mL(フェノテロール臭化水素酸塩含量1.5〜3.0mg)。
    1〜3歳未満:6〜9mL(フェノテロール臭化水素酸塩含量3.0〜4.5mg)。
    3〜5歳未満:9〜15mL(フェノテロール臭化水素酸塩含量4.5〜7.5mg)。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    調査症例7,798例(承認時565例、再審査終了時7,233例)中副作用が報告されたのは37例(0.47%)であった。主な副作用は頭痛14件(0.18%)、動悸11件(0.14%)、口渇7件(0.09%)等であった。また、臨床検査値においては特に一定の傾向を示す変動は認められていない。
    1.重大な副作用
    β2刺激剤により重篤な血清カリウム値低下が報告されている。また、キサンチン誘導体併用、ステロイド剤併用及び利尿剤併用によりβ2刺激剤による血清カリウム値低下作用が増強することがあるので、重症喘息患者では特に注意する。更に、低酸素血症は血清カリウム値の低下が心リズムに及ぼす作用を増強することがあるので、このような場合には、血清カリウム値をモニターすることが望ましい。
    2.その他の副作用:次のような副作用が現れた場合には、症状に応じて適切な処置を行う。
    1).循環器:(0.1〜5%未満)動悸、(0.1%未満)顔のほてり、頻脈、胸痛。
    2).精神神経系:(0.1〜5%未満)頭痛、(0.1%未満)振戦。
    3).消化器:(0.1%未満)口渇、嘔気、嘔吐、腹痛、食欲不振、胃部不快感、便秘。
    4).過敏症:(0.1%未満)発疹、(頻度不明)そう痒症、蕁麻疹[発現した場合には、投与を中止し、適切な処置を行う]。
    5).その他:(0.1%未満)倦怠感、手指腫脹感。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    1.カテコールアミン投与中(エピネフリン、イソプロテレノール等)の患者。
    2.本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある患者。
    (慎重投与)
    1.甲状腺機能亢進症の患者[症状を悪化させる恐れがある]。
    2.高血圧症の患者[血圧が上昇することがある]。
    3.心疾患のある患者[動悸、不整脈等が現れることがある]。
    4.糖尿病の患者[症状を悪化させる恐れがある]。
    5.高齢者。
    (重要な基本的注意)
    1.用法用量どおり正しく使用しても効果が認められない場合は、本剤が適当でないと考えられるので、投与を中止する。また、経過の観察を十分に行う。
    2.過度に使用を続けた場合、不整脈、場合により心停止を起こす恐れがあるので、使用が過度にならないように注意する。
    (相互作用)
    1.併用禁忌:エピネフリン製剤(エピネフリン<ボスミン注>、ノルエピネフリン)、イソプロテレノール製剤<アスプール液、メジヘラー・イソ>[不整脈、場合によっては心停止を起こす恐れがある(エピネフリン、イソプロテレノール等のカテコールアミン併用により、アドレナリン作動性神経刺激の増大が起きる。そのため不整脈を起こすことが考えられる)]。
    2.併用注意:
    1).キサンチン誘導体(テオフィリン、アミノフィリン)[血清カリウム値の低下作用を増強することがあるので、血清カリウム値のモニターを行う(キサンチン誘導体はアドレナリン作動性神経刺激を増大させるため、血清カリウム値の低下を増強することが考えられる)]。
    2).ステロイド剤(ベタメタゾン、プレドニゾロン、コハク酸ヒドロコルチゾンナトリウム)、利尿剤(フロセミド)[血清カリウム値の低下作用を増強することがあるので、血清カリウム値のモニターを行う(ステロイド剤及び利尿剤は尿細管でのカリウム排泄促進作用があるため、血清カリウム値の低下が増強することが考えられる)]。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[動物実験でラットに胎仔骨格異常の出現頻度の増加が報告されている]。
    2.授乳中の婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[授乳中の投与に関する安全性は確立していない、動物実験(ウサギ)で母乳中へ移行することが報告されている]。
    (臨床検査結果に及ぼす影響)
    本剤はアレルゲンによる皮膚反応に抑制的に作用する場合があるので、注意する。
    (保管上の注意)
    1.気密容器、遮光。
    2.開栓後汚染に注意。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 多国籍都市・上海で「外国人医師」になってみた 友成暁子の「ママドクターが見た中国の医療事情」
    2. 耳介後部の皮疹は播種性帯状疱疹? 隔離すべき? AntaaQAピックアップ
    3. 「クラミジア肺炎」と言うの、やめませんか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
    4. 食欲不振、嘔吐が続く40歳代、患者の人生を変える… カンファで学ぶ臨床推論
    5. 脳動脈瘤、開頭か血管内治療か、どう決める? 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」
    6. 60歳代男性。背部痛 日経メディクイズ●救急
    7. “泥沼ピロリ除菌”の背景にA型胃炎あり リポート◎特徴的な逆萎縮の内視鏡所見を探せ!
    8. イニシンク、僅差でエクメットを上回り首位に NMO処方サーベイ
    9. 多剤処方の原因は「他院の医師」…どうする? 日経ヘルスケアon the web
    10. 酸化マグネシウムが断トツ、安さと慣れで頻用 NMO処方サーベイ
    医師と医学研究者におすすめの英文校正