基本情報

薬効分類

鎮咳薬(コデイン類含有製剤)詳しく見る

  • コデインによる咳中枢への作用などにより咳を抑え呼吸症状などを改善する薬
鎮咳薬(コデイン類含有製剤)の代表的な商品名
  • サリパラ・コデイン液
  • カフコデN
  • フスコデ
  • コデインリン酸塩,リン酸コデイン

効能・効果詳しく見る

  • 疼痛時の鎮痛
  • 激しい下痢症状の改善
  • 呼吸器疾患の鎮咳
  • 呼吸器疾患の鎮静

注意すべき副作用詳しく見る

依存性あくびくしゃみ流涙発汗悪心嘔吐下痢腹痛散瞳

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 通常、成人には、1回2g、1日6gを経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症
    • 気管支喘息発作中
    • 急性アルコール中毒
    • 痙攣状態
    • 重篤な肝機能障害
    • 重篤な呼吸抑制
    • ストリキニーネ中毒
    • てんかん重積症
    • 破傷風
    • 出血性大腸炎
    • 慢性肺疾患に続発する心不全
    • 重篤な細菌性下痢
    • 18歳未満の重篤な肺疾患
    • 18歳未満の肥満
    • 18歳未満の閉塞性睡眠時無呼吸症候群
    • 重篤な肺疾患を有する小児
    • 肥満を有する小児
    • 閉塞性睡眠時無呼吸症候群を有する小児
    • アデノイド切除術後の18歳未満
    • 扁桃摘除術後の18歳未満
    • 細菌性下痢
  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 新生児(低出生体重児を含む)
    • 乳児
    • 幼児・小児
  • 年齢や性別に応じた注意事項
    • 肥満を有する小児(0歳〜14歳)
    • 閉塞性睡眠時無呼吸症候群を有する小児(0歳〜14歳)
    • 重篤な肺疾患を有する小児(0歳〜14歳)
    • 12歳未満の小児(0歳〜11歳)
    • 扁桃摘除術後の18歳未満(0歳〜17歳)
    • アデノイド切除術後の18歳未満(0歳〜17歳)
    • 18歳未満の肥満(0歳〜17歳)
    • 18歳未満の閉塞性睡眠時無呼吸症候群(0歳〜17歳)
    • 18歳未満の重篤な肺疾患(0歳〜17歳)

副作用

主な副作用

不整脈血圧変動顔面潮紅眠気めまい視調節障害便秘過敏症発疹そう痒感排尿障害

重大な副作用

依存性あくびくしゃみ流涙発汗悪心嘔吐下痢腹痛散瞳頭痛不眠不安せん妄振戦全身筋肉痛全身関節痛呼吸促迫退薬症候呼吸抑制息切れ呼吸緩慢不規則呼吸呼吸異常錯乱無気肺気管支痙攣喉頭浮腫麻痺性イレウス中毒性巨大結腸

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症
    • 気管支喘息発作中
    • 急性アルコール中毒
    • 痙攣状態
    • 重篤な肝機能障害
    • 重篤な呼吸抑制
    • ストリキニーネ中毒
    • てんかん重積症
    • 破傷風
    • 出血性大腸炎
    • 慢性肺疾患に続発する心不全
    • 重篤な細菌性下痢
    • 18歳未満の重篤な肺疾患
    • 18歳未満の肥満
    • 18歳未満の閉塞性睡眠時無呼吸症候群
    • 重篤な肺疾患を有する小児
    • 肥満を有する小児
    • 閉塞性睡眠時無呼吸症候群を有する小児
    • アデノイド切除術後の18歳未満
    • 扁桃摘除術後の18歳未満
  • 原則禁止
    • 細菌性下痢
  • 注意
    • アジソン病
    • 器質的幽門狭窄
    • 痙攣
    • 甲状腺機能低下症
    • 呼吸機能障害
    • 尿道狭窄
    • ショック状態
    • 心機能障害
    • 腎機能障害
    • 前立腺肥大による排尿障害
    • 代謝性アシドーシス
    • 胆石
    • 胆嚢障害
    • 粘液水腫
    • 脳器質的障害
    • 尿路手術術後
    • 副腎皮質機能低下症
    • 最近消化管手術を行った
    • 重篤な炎症性腸疾患
    • 麻痺性イレウス
    • 薬物依存
    • 遺伝的にCYP2D6の活性が過剰
    • 授乳中でCYP2D6の活性が過剰
    • 肝機能障害<重篤な肝機能障害を除く>

患者の属性に応じた注意事項

  • 禁止
    • 新生児(低出生体重児を含む)
    • 乳児
    • 幼児・小児
  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 慎重投与
    • 高齢者
  • 注意
    • 授乳婦
    • 乳児
    • 虚弱者(衰弱者を含む)
  • 投与に際する指示
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 禁止
    • 肥満を有する小児(0歳〜14歳)
    • 閉塞性睡眠時無呼吸症候群を有する小児(0歳〜14歳)
    • 重篤な肺疾患を有する小児(0歳〜14歳)
    • 12歳未満の小児(0歳〜11歳)
    • 扁桃摘除術後の18歳未満(0歳〜17歳)
    • アデノイド切除術後の18歳未満(0歳〜17歳)
    • 18歳未満の肥満(0歳〜17歳)
    • 18歳未満の閉塞性睡眠時無呼吸症候群(0歳〜17歳)
    • 18歳未満の重篤な肺疾患(0歳〜17歳)
  • 注意
    • 乳児(0日〜364日)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
中枢抑制剤 呼吸抑制
フェノチアジン系薬剤 呼吸抑制
バルビツール酸誘導体 呼吸抑制
吸入麻酔剤 呼吸抑制
モノアミン酸化酵素阻害剤 呼吸抑制
三環系抗うつ剤 呼吸抑制
β−遮断剤 呼吸抑制
エタノール摂取 呼吸抑制
中枢抑制剤 低血圧
フェノチアジン系薬剤 低血圧
バルビツール酸誘導体 低血圧
吸入麻酔剤 低血圧
モノアミン酸化酵素阻害剤 低血圧
三環系抗うつ剤 低血圧
β−遮断剤 低血圧
エタノール摂取 低血圧
中枢抑制剤 顕著な鎮静
フェノチアジン系薬剤 顕著な鎮静
バルビツール酸誘導体 顕著な鎮静
吸入麻酔剤 顕著な鎮静
モノアミン酸化酵素阻害剤 顕著な鎮静
三環系抗うつ剤 顕著な鎮静
β−遮断剤 顕著な鎮静
エタノール摂取 顕著な鎮静
中枢抑制剤 昏睡
フェノチアジン系薬剤 昏睡
バルビツール酸誘導体 昏睡
吸入麻酔剤 昏睡
モノアミン酸化酵素阻害剤 昏睡
三環系抗うつ剤 昏睡
β−遮断剤 昏睡
エタノール摂取 昏睡
クマリン系抗凝血剤 作用が増強
ワルファリン 作用が増強
抗コリン作用を有する薬剤 麻痺性イレウスに至る重篤な便秘
抗コリン作用を有する薬剤 尿貯留
ナルメフェン塩酸塩水和物 本剤の効果が減弱

飲食物との相互作用

  • アルコールを含むもの<ジン、ウオッカ、ラム、ウイスキー、ブランデー など>

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1). 各種呼吸器疾患における鎮咳・鎮静。
    2). 疼痛時における鎮痛。
    3). 激しい下痢症状の改善。

    用法・用量(添付文書全文)

    通常、成人には、1回2g、1日6gを経口投与する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
    11.1. 重大な副作用
    11.1.1. 依存性(頻度不明):連用により生じることがある。また、連用中における投与量の急激な減少ないし投与の中止により、あくび、くしゃみ、流涙、発汗、悪心、嘔吐、下痢、腹痛、散瞳、頭痛、不眠、不安、せん妄、振戦、全身筋肉痛・全身関節痛、呼吸促迫等の退薬症候があらわれることがあるので、投与を中止する場合には、1日用量を徐々に減量するなど、患者の状態を観察しながら行うこと〔8.1参照〕。
    11.1.2. 呼吸抑制(頻度不明):息切れ、呼吸緩慢、不規則呼吸、呼吸異常等があらわれた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと(なお、本剤による呼吸抑制には、麻薬拮抗剤(ナロキソン、レバロルファン等)が拮抗する)。
    11.1.3. 錯乱(頻度不明)、せん妄(頻度不明)。
    11.1.4. 無気肺(頻度不明)、気管支痙攣(頻度不明)、喉頭浮腫(頻度不明)。
    11.1.5. 麻痺性イレウス(頻度不明)、中毒性巨大結腸(頻度不明):炎症性腸疾患の患者に投与した場合にあらわれるとの報告がある。
    11.2. その他の副作用
    1). 循環器:(頻度不明)不整脈、血圧変動、顔面潮紅。
    2). 精神神経系:(頻度不明)眠気、めまい、視調節障害、発汗。
    3). 消化器:(頻度不明)悪心、嘔吐、便秘。
    4). 過敏症:(頻度不明)発疹、そう痒感。
    5). その他:(頻度不明)排尿障害。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    2.1. 重篤な呼吸抑制のある患者[呼吸抑制を増強する]。
    2.2. 12歳未満の小児〔9.7.1参照〕。
    2.3. 扁桃摘除術後の18歳未満又はアデノイド切除術後の18歳未満の鎮痛目的で使用する患者[重篤な呼吸抑制のリスクが増加するおそれがある]。
    2.4. 気管支喘息発作中の患者[気道分泌を妨げる]。
    2.5. 重篤な肝機能障害のある患者〔9.3.1参照〕。
    2.6. 慢性肺疾患に続発する心不全の患者[呼吸抑制や循環不全を増強する]。
    2.7. 痙攣状態(てんかん重積症、破傷風、ストリキニーネ中毒)にある患者[脊髄刺激効果があらわれる]。
    2.8. 急性アルコール中毒の患者[呼吸抑制を増強する]。
    2.9. アヘンアルカロイドに対し過敏症の患者。
    2.10. 出血性大腸炎の患者[腸管出血性大腸菌(O157等)や赤痢菌等の重篤な細菌性下痢のある患者では、症状の悪化、治療期間の延長をきたすおそれがある]。
    (重要な基本的注意)
    8.1. 連用により薬物依存を生じることがあるので、観察を十分に行い、慎重に投与すること〔11.1.1参照〕。
    8.2. 眠気、めまいが起こることがあるので、本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事させないよう注意すること。
    (特定の背景を有する患者に関する注意)
    (合併症・既往歴等のある患者)
    9.1.1. 細菌性下痢のある患者:治療上やむを得ないと判断される場合を除き、投与しないこと(治療期間の延長をきたすおそれがある)。
    9.1.2. 18歳未満の肥満、18歳未満の閉塞性睡眠時無呼吸症候群又は18歳未満の重篤な肺疾患を有する患者:投与しないこと(重篤な呼吸抑制のリスクが増加するおそれがある)。
    9.1.3. 心機能障害のある患者:循環不全を増強するおそれがある。
    9.1.4. 呼吸機能障害のある患者:呼吸抑制を増強するおそれがある。
    9.1.5. 脳器質的障害のある患者:呼吸抑制や頭蓋内圧上昇を起こすおそれがある。
    9.1.6. ショック状態にある患者:循環不全や呼吸抑制を増強するおそれがある。
    9.1.7. 代謝性アシドーシスのある患者:呼吸抑制を起こすおそれがある。
    9.1.8. 甲状腺機能低下症(粘液水腫等)の患者:呼吸抑制や昏睡を起こすおそれがある。
    9.1.9. 副腎皮質機能低下症(アジソン病等)の患者:呼吸抑制作用に対し、感受性が高くなっている。
    9.1.10. 薬物依存の既往歴のある患者:依存性を生じやすい。
    9.1.11. 衰弱者:呼吸抑制作用に対し、感受性が高くなっている。
    9.1.12. 前立腺肥大による排尿障害、尿道狭窄、尿路手術術後の患者:排尿障害を増悪することがある。
    9.1.13. 器質的幽門狭窄、麻痺性イレウス又は最近消化管手術を行った患者:消化管運動を抑制する。
    9.1.14. 痙攣の既往歴のある患者:痙攣を誘発するおそれがある。
    9.1.15. 胆嚢障害及び胆石のある患者:胆道痙攣を起こすことがある。
    9.1.16. 重篤な炎症性腸疾患のある患者:連用した場合、巨大結腸症を起こすおそれがある。
    (腎機能障害患者)
    腎機能障害患者:排泄が遅延し、副作用があらわれるおそれがある。
    (肝機能障害患者)
    9.3.1. 重篤な肝機能障害のある患者:投与しないこと(昏睡に陥ることがある)〔2.5参照〕。
    9.3.2. 肝機能障害<重篤な肝機能障害を除く>患者:代謝が遅延し、副作用があらわれるおそれがある。
    (妊婦)
    妊婦又は妊娠している可能性のある女性には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること(動物実験(マウス)で催奇形作用が報告されている)。
    分娩前に投与した場合、出産後新生児に退薬症候(多動、神経過敏、不眠、振戦等)があらわれることがある。
    分娩時の投与により、新生児に呼吸抑制があらわれるとの報告がある。
    (授乳婦)
    本剤投与中は授乳を避けさせること(母乳への移行により、乳児でモルヒネ中毒(傾眠、哺乳困難、呼吸困難等)が生じたとの報告がある)。授乳中でCYP2D6の活性が過剰であることが判明している患者(Ultra−rapid Metabolizer)では、母乳中のモルヒネ濃度が高くなるおそれがある。
    (小児等)
    9.7.1. 12歳未満の小児:投与しないこと(呼吸抑制の感受性が高い、海外において、死亡を含む重篤な呼吸抑制のリスクが高いとの報告がある)〔2.2参照〕。
    9.7.2. 肥満を有する小児、閉塞性睡眠時無呼吸症候群を有する小児又は重篤な肺疾患を有する小児:投与しないこと(重篤な呼吸抑制のリスクが増加するおそれがある)。
    (高齢者)
    低用量から投与を開始するなど患者の状態を観察しながら、慎重に投与すること(一般に生理機能が低下しており、特に呼吸抑制の感受性が高い)。
    (相互作用)
    本剤は、主として肝代謝酵素UGT2B7、UGT2B4及び一部CYP3A4、CYP2D6で代謝される。
    10.2. 併用注意:
    1). 中枢神経抑制剤(フェノチアジン系薬剤、バルビツール酸系薬剤等)、吸入麻酔剤、モノアミン酸化酵素阻害剤、三環系抗うつ剤、β−遮断剤、アルコール[呼吸抑制、低血圧及び顕著な鎮静又は昏睡が起こることがある(相加的に中枢神経抑制作用が増強される)]。
    2). クマリン系抗凝血剤(ワルファリン)[クマリン系抗凝血剤の作用が増強されることがある(機序は不明である)]。
    3). 抗コリン作動性薬剤[麻痺性イレウスに至る重篤な便秘又は尿貯留が起こるおそれがある(相加的に抗コリン作用が増強される)]。
    4). ナルメフェン塩酸塩水和物[本剤の効果が減弱するおそれがある(μオピオイド受容体拮抗作用により、本剤の作用が競合的に阻害される)]。
    (過量投与)
    13.1. 症状
    過量投与時、呼吸抑制、意識不明、痙攣、錯乱、血圧低下、重篤な脱力感、重篤なめまい、嗜眠、心拍数減少、神経過敏、不安、縮瞳、皮膚冷感等を起こすことがある。
    13.2. 処置
    過量投与時には、次の治療を行うことが望ましい[1)投与を中止し、気道確保、補助呼吸及び呼吸調節により適切な呼吸管理を行う、2)麻薬拮抗剤投与を行い、患者に退薬症候又は麻薬拮抗剤の副作用が発現しないよう慎重に投与する(なお、麻薬拮抗剤の作用持続時間はコデインのそれより短いので、患者のモニタリングを行うか又は患者の反応に応じて初回投与後は注入速度を調節しながら持続静注する)、3)必要に応じて補液、昇圧剤等の投与又は他の補助療法を行う]。
    (その他の注意)
    15.1. 臨床使用に基づく情報
    遺伝的にCYP2D6の活性が過剰であることが判明している患者(Ultra−rapid Metabolizer)では、本剤の活性代謝産物であるモルヒネの血中濃度が上昇し、副作用が発現しやすくなるおそれがある。
    (保管上の注意)
    室温保存。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 「それは精神的な問題です」と内科医が言うとき 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」
    2. 80歳男性。左股関節痛 日経メディクイズ●救急
    3. セファゾリン供給不足に見る臨床現場の温度差 感染症コンサルタントの青木眞氏に聞く
    4. 製薬会社の弁当はNGか? ~個人的な意見~ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」
    5. 経口GLP-1薬は糖尿病治療に革命を起こすか トレンド◎GLP-1作動薬セマグルチドの経口薬が承認申請
    6. その比べ方では論文の論理性があいまいに! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意
    7. 50歳代男性に生じためまい、鑑別の進め方 カンファで学ぶ臨床推論
    8. 週刊誌の「大人の発達障害チェックリスト」に全て該… 5分で勝負!産業メンタルヘルス事件簿
    9. 話してみなければ、何も始まらない! キャリアお悩み相談室
    10. 4歳女児。顔面のソバカス様の小色素斑 日経メディクイズ●皮膚
    医師と医学研究者におすすめの英文校正