日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

カルボシステイン錠250mg「TCK」基本情報

後発品(加算対象)

一般名:L−カルボシステイン錠

製薬会社:辰巳化学

薬価・規格: 5.6円(250mg1錠) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

去痰薬詳しく見る

  • 病原体や異物などを痰や鼻汁によって体外へ排出しやすくすることで気管支の炎症や喘息、慢性副鼻腔炎などによる症状を和らげる薬
去痰薬の代表的な商品名
  • ビソルボン
  • ムコソルバン
  • ムコダイン

効能・効果詳しく見る

  • 咽頭炎の去痰
  • 気管支拡張症の去痰
  • 気管支喘息の去痰
  • 急性気管支炎の去痰
  • 喉頭炎の去痰
  • 上気道炎の去痰
  • 肺結核の去痰
  • 慢性気管支炎の去痰
  • 慢性副鼻腔炎の排膿

注意すべき副作用詳しく見る

皮膚粘膜眼症候群Stevens−Johnson症候群中毒性表皮壊死症Lyell症候群肝機能障害黄疸AST上昇ALT上昇Al−P上昇LDH上昇

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • カルボシステインとして、1回500mgを1日3回経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症

副作用

主な副作用

食欲不振下痢腹痛悪心嘔吐腹部膨満感口渇過敏症発疹湿疹紅斑

重大な副作用

皮膚粘膜眼症候群Stevens−Johnson症候群中毒性表皮壊死症Lyell症候群肝機能障害黄疸AST上昇ALT上昇Al−P上昇LDH上昇ショックアナフィラキシー様症状呼吸困難浮腫蕁麻疹

上記以外の副作用

発熱そう痒感

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症
  • 慎重投与
    • 肝障害
    • 心障害

患者の属性に応じた注意事項

  • 希望禁止
    • 妊婦・産婦
  • 注意
    • 高齢者
  • 投与に際する指示
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)
  • 投与に際する指示
    • 高齢者(65歳〜)

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.次記疾患の去痰:上気道炎(咽頭炎、喉頭炎)、急性気管支炎、気管支喘息、慢性気管支炎、気管支拡張症、肺結核。
    2.慢性副鼻腔炎の排膿。

    用法・用量(添付文書全文)

    カルボシステインとして、1回500mgを1日3回経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    1.重大な副作用(頻度不明)
    1).皮膚粘膜眼症候群(Stevens−Johnson症候群)、中毒性表皮壊死症(Lyell症候群):皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死症が現れることがあるので、観察を十分に行い、このような症状が現れた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    2).肝機能障害、黄疸:AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)、Al−P上昇、LDH上昇等を伴う肝機能障害や黄疸が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    3).ショック、アナフィラキシー様症状:ショック、アナフィラキシー様症状(呼吸困難、浮腫、蕁麻疹等)が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    2.その他の副作用(頻度不明)
    1).消化器:食欲不振、下痢、腹痛、悪心、嘔吐、腹部膨満感、口渇等。
    2).過敏症:発疹、湿疹、紅斑、浮腫、発熱、呼吸困難等[投与を中止する]。
    3).その他:そう痒感。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
    (慎重投与)
    1.肝障害のある患者[肝機能障害のある患者に投与した時、肝機能が悪化することがある]。
    2.心障害のある患者[類薬で心不全のある患者に悪影響を及ぼしたとの報告がある]。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しないことが望ましい[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。
    (適用上の注意)
    薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。
    (取扱い上の注意)
    安定性試験:加速試験(40℃、相対湿度75%、6カ月)の結果、本剤は通常の市場流通下において3年間安定であることが推測された。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 75歳以上でもLDL-C高値は薬物介入すべき 学会トピック◎米国心臓協会学術集会(AHA2018) FBシェア数:175
    2. 医師人生に影響した1冊、1位はやっぱり… 医師の絶対教養 読書編 FBシェア数:0
    3. てんかん重積状態の海外第一選択薬が国内で承認 最新DIピックアップ FBシェア数:340
    4. 医療者はLGBTの理解に務めるべし 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:45
    5. 医師もまた、巨人の肩の上に立っているのだ イケてる指導医が研修医に伝えたいこと FBシェア数:82
    6. 臥位の腹部X線でもイレウスを発見できる 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」 FBシェア数:112
    7. 咳喘息を疑ったら吸ステ前に気管支拡張薬を インタビュー◎咳嗽ガイドラインが6年ぶりに改訂 FBシェア数:4
    8. CRPを超える炎症マーカーで変わる腸疾患診療 リポート◎IBDを迅速に評価する新たな診断薬LRGが承認 FBシェア数:310
    9. 主訴<起き上がれない頭痛>の診かた 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:38
    10. お礼奉公中だけど、転職したい… キャリアお悩み相談室 FBシェア数:40
    医師と医学研究者におすすめの英文校正