日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ジメモルミンドライシロップ2.5%基本情報

後発品(加算対象)

一般名:ジメモルファンリン酸塩シロップ用

製薬会社:高田製薬

薬価・規格: 10.5円(2.5%1g) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

鎮咳薬(非麻薬性)詳しく見る

  • 咳を引き起こす咳中枢の抑制作用や気道を広げる作用などにより咳などの呼吸器症状を緩和する薬
鎮咳薬(非麻薬性)の代表的な商品名
  • アストフィリン
  • アストミン
  • フスタゾール
  • メジコン
  • トクレス

効能・効果詳しく見る

  • 急性気管支炎の鎮咳
  • 上気道炎の鎮咳
  • 肺炎の鎮咳

注意すべき副作用詳しく見る

過敏症発疹眩暈眠気頭痛頭重脱力感倦怠感口渇食欲不振

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 次記1日量を3回に分け、用時溶解して経口投与する
  • 2歳未満:0.3〜0.45g(ジメモルファンリン酸塩として7.5〜11.25mg)
  • 2〜3歳:0.5〜0.8g(ジメモルファンリン酸塩として12.5〜20mg)
  • 4〜6歳:0.8〜1.1g(ジメモルファンリン酸塩として20〜27.5mg)
  • 7〜14歳:1.2〜1.4g(ジメモルファンリン酸塩として30〜35mg)
    • 但し、年齢・症状により適宜増減する

副作用

主な副作用

過敏症発疹眩暈眠気頭痛頭重脱力感倦怠感口渇食欲不振悪心

上記以外の副作用

嘔吐下痢頻脈動悸顔面潮紅

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 糖尿病
    • 薬物過敏症

患者の属性に応じた注意事項

  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 注意
    • 高齢者
  • 投与に際する指示
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)
  • 投与に際する指示
    • 高齢者(65歳〜)

処方理由

鎮咳薬この薬をファーストチョイスする理由(2019年6月更新)もっと見る

  • ・当医療法人の院内採用薬であるので、投薬しております。鎮咳効果は強くはないかと思いますが、副反応は少ないと感じています。それに、あくまで対症治療が目的ですので、アストミンで特に不満はありません。(60歳代診療所勤務医、一般内科)
  • ・効果はともかく、副作用の眠気や便秘がほぼ無い様な感じで、安心して処方できる。(60歳代診療所勤務医、一般内科)
  • ・効果は限られていますが、安全性は高く、処方しやすい薬です。(50歳代開業医、一般内科)
  • ・使い慣れている。効果ない場合はフスコデを処方します。(50歳代病院勤務医、泌尿器科)
  • ・どこの病院にもある。(30歳代病院勤務医、呼吸器内科)

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    次記疾患に伴う鎮咳:上気道炎、急性気管支炎、肺炎。

    用法・用量(添付文書全文)

    次記1日量を3回に分け、用時溶解して経口投与する。
    2歳未満:0.3〜0.45g(ジメモルファンリン酸塩として7.5〜11.25mg)。
    2〜3歳:0.5〜0.8g(ジメモルファンリン酸塩として12.5〜20mg)。
    4〜6歳:0.8〜1.1g(ジメモルファンリン酸塩として20〜27.5mg)。
    7〜14歳:1.2〜1.4g(ジメモルファンリン酸塩として30〜35mg)。
    但し、年齢・症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    1.過敏症:(頻度不明)発疹等[症状が現れた場合には、投与を中止する]。
    2.精神神経系:(頻度不明)眩暈、眠気、頭痛、頭重、脱力感、倦怠感。
    3.消化器:(頻度不明)口渇、食欲不振、悪心、嘔吐、下痢等。
    4.循環器:(頻度不明)頻脈、動悸、顔面潮紅。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (慎重投与)
    1.糖尿病又はその疑いのある患者[耐糖能に軽度の変化を来すことがある]。
    2.薬物過敏症の患者。
    (高齢者への投与)
    高齢者では減量するなど注意する[一般に高齢者では生理機能が低下している]。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。
    (取扱い上の注意)
    1.溶解後はできるだけ速やかに使用する。
    2.安定性試験:最終包装製品を用いた長期保存試験(25℃、60%RH、36カ月)の結果、3年間安定であることが確認された。
    (保管上の注意)
    気密容器、遮光して保存する。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. レッスン12◆異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
    2. シャワーで頭痛発生!疑うべき疾患は? 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」
    3. 「志水太郎 vs AI診断」は志水氏の圧勝 診断エラー学のすすめ
    4. 「無診察治療」を巡る訴訟、裁判所の判断は? 日常診療に生かす医療訴訟の教訓
    5. 妊婦さん悶絶!? そんなときはあの漢方! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
    6. 感染性腸炎の問診を「昨夜、生ものを食べませんでし… 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」
    7. ACSへのプラスグレルはチカグレロルより優れる 学会トピック◎欧州心臓病学会会議(ESC2019)
    8. 医療崩壊を盾に勤務医を犠牲にするのか シリーズ◎医師の「働き方改革」
    9. 18歳女性。辺縁系脳炎症状 日経メディクイズ●脳神経内科
    10. 吉本興業と大学医局の共通点 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』
    医師と医学研究者におすすめの英文校正