日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ヱフェドリン「ナガヰ」注射液40mgの基本情報

一般名
製薬会社
薬価・規格
94円(4%1mL1管)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • 鼻粘膜腫脹
  • 鼻粘膜充血
  • 咽喉頭炎の咳嗽
  • 感冒の咳嗽
  • 気管支喘息の咳嗽
  • 急性気管支炎の咳嗽
  • 上気道炎の咳嗽
  • 喘息性<様>気管支炎の咳嗽
  • 肺結核の咳嗽
  • 鼻カタルの咳嗽
  • 麻酔時の血圧降下
  • 慢性気管支炎の咳嗽
注意すべき副作用
心室頻拍 、 冠攣縮 、 重篤な心室細動 、 心停止 、 重篤な血清カリウム値低下 、 血清カリウム値低下作用が増強 、 心リズムに及ぼす作用を増強 、 心悸亢進 、 血圧上昇 、 心電図異常
用法・用量(主なもの)
  • l−エフェドリン塩酸塩として、1回25〜40mgを皮下注射する
    • また、麻酔時の血圧降下には、1回4〜8mgを静脈内注射することができる
    • なお、年齢、症状により適宜増減する
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 帝王切開
    • カテコールアミン投与中
    • 心室細動
    • 心室頻拍
    • 冠攣縮
  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 妊婦・産婦

副作用

主な副作用
心悸亢進 、 血圧上昇 、 心電図異常 、 QT間隔延長 、 ST上昇 、 ST低下 、 頭痛 、 頭重 、 振戦 、 不眠 、 眩暈
重大な副作用
心室頻拍 、 冠攣縮 、 重篤な心室細動 、 心停止 、 重篤な血清カリウム値低下 、 血清カリウム値低下作用が増強 、 心リズムに及ぼす作用を増強
上記以外の副作用
発汗 、 神経過敏 、 脱力感 、 悪心 、 嘔吐 、 食欲不振 、 排尿困難 、 過敏症 、 発疹 、 不安 、 幻覚 、 妄想 、 精神症状 、 口渇

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 帝王切開
    • カテコールアミン投与中
  • 原則禁止
    • 心室細動
    • 心室頻拍
    • 冠攣縮
  • 慎重投与
    • 高血圧症
    • 甲状腺機能亢進症
    • 心疾患
    • 前立腺肥大症
    • 糖尿病
    • 緑内障
  • 注意
    • キサンチン誘導体併用
    • ステロイド剤併用
    • 利尿剤併用
患者の属性に応じた注意事項
  • 禁止
    • 妊婦・産婦
  • 注意
    • 幼児・小児
    • 高齢者
  • 投与に際する指示
    • 高齢者
年齢や性別に応じた注意事項
  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)
  • 投与に際する指示
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用
薬剤名
影響
カテコールアミン製剤
不整脈
エピネフリン
不整脈
イソプロテレノール
不整脈
ドパミン
不整脈
ジギタリス剤
不整脈
ジゴキシン
不整脈
ジギトキシン
不整脈
カテコールアミン製剤
心停止
エピネフリン
心停止
イソプロテレノール
心停止
ドパミン
心停止
ハロタン
心室細動・心室頻拍等の不整脈
ハロゲン含有吸入麻酔剤
心室細動・心室頻拍等の不整脈
セボフルラン
心室細動・心室頻拍等の不整脈
エンフルラン
心室細動・心室頻拍等の不整脈
イソフルラン
心室細動・心室頻拍等の不整脈
モノアミン酸化酵素阻害剤
本剤の作用が増強
甲状腺ホルモン剤
本剤の作用が増強
レボチロキシン
本剤の作用が増強
リオチロニン
本剤の作用が増強
キサンチン系薬剤
血清カリウム値が低下
テオフィリン
血清カリウム値が低下
ジプロフィリン
血清カリウム値が低下
副腎皮質ホルモン剤
血清カリウム値が低下
プレドニゾロン
血清カリウム値が低下
ベタメタゾン
血清カリウム値が低下
利尿剤
血清カリウム値が低下
フロセミド
血清カリウム値が低下
ヒドロクロロチアジド
血清カリウム値が低下
オキシトシン製剤
血圧の異常上昇

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

1.次記疾患に伴う咳嗽:気管支喘息、喘息性<様>気管支炎、感冒、急性気管支炎、慢性気管支炎、肺結核、上気道炎(咽喉頭炎、鼻カタル)。
2.鼻粘膜充血・鼻粘膜腫脹。
3.麻酔時の血圧降下。
<効能・効果に関連する使用上の注意>
麻酔時の血圧降下に対する予防を目的とした本剤の投与は行わない。[帝王切開時の本剤の麻酔時の血圧降下に対する予防投与により、母体高血圧及び母体頻脈、胎児アシドーシスが発現したとの報告がある]。

用法・用量(添付文書全文)

l−エフェドリン塩酸塩として、1回25〜40mgを皮下注射する。また、麻酔時の血圧降下には、1回4〜8mgを静脈内注射することができる。なお、年齢、症状により適宜増減する。
<用法・用量に関連する使用上の注意>
1.静脈内注射する場合には、緩徐に投与する。
参考:日本麻酔科学会では次のような投与法が推奨されている。静脈内注射にあたっては、本剤1アンプル(40mg/1mL)を9mLの生理食塩液と混合して計10mL(4mg/1mL)とし、1回1〜2mL(4〜8mg)を投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。
2.静脈内注射する場合には、血圧異常上昇を来さないよう慎重に投与する。

副作用(添付文書全文)

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
1.重大な副作用(頻度不明)
1).心室細動、心室頻拍、冠攣縮等:静脈内注射で重篤な心室細動、心室頻拍、冠攣縮等が現れ、心停止に至ることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う。
2).重篤な血清カリウム値の低下:β2−刺激剤により重篤な血清カリウム値低下が報告されている。また、キサンチン誘導体併用、ステロイド剤併用及び利尿剤併用によりβ2−刺激剤による血清カリウム値低下作用が増強することがあるので、重症喘息患者では特に注意する。更に、低酸素血症は、血清カリウム値の低下が心リズムに及ぼす作用を増強することがあるので、このような場合には、血清カリウム値をモニターすることが望ましい。
2.その他の副作用(頻度不明)
1).循環器:心悸亢進、血圧上昇、心電図異常(QT間隔延長、ST上昇・ST低下等)。
2).精神神経系:頭痛・頭重、振戦、不眠、眩暈、発汗、神経過敏、脱力感。
3).消化器:悪心・嘔吐、食欲不振。
4).泌尿器:排尿困難。
5).過敏症:発疹[このような症状が現れた場合には、投与を中止する]。
6).長期連用:不安、幻覚、妄想を伴う精神症状[このような症状が現れた場合には、投与を中止する]。
7).その他:口渇。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
カテコールアミン投与中(アドレナリン、イソプレナリン、ドパミン等)の患者。
(原則禁忌)
心室細動、心室頻拍、冠攣縮又はその既往歴のある患者[症状が悪化又は再発する恐れがある]。
(慎重投与)
1.甲状腺機能亢進症の患者[甲状腺機能亢進症が悪化する恐れがある]。
2.高血圧症の患者[本剤には血圧上昇作用がある]。
3.心疾患のある患者[本剤には心刺激作用がある]。
4.糖尿病の患者[血糖が上昇する恐れがある]。
5.緑内障の患者[眼圧が上昇する恐れがある]。
6.前立腺肥大症の患者[排尿障害が悪化する恐れがある]。
(重要な基本的注意)
1.用法・用量どおり正しく使用しても効果が認められない場合は、本剤が適当でないと考えられるので、投与を中止する。なお、小児に投与する場合には、経過の観察を十分に行う。
2.麻酔時の血圧降下に使用する場合は、脈拍数、心電図の連続監視下で、頻回に血圧を測定しながら投与する。
3.麻酔時の血圧降下に対する治療において、麻酔以外の原因が関与していることが考えられる場合には、その原因に対する治療を優先する。
4.過度に使用を続けた場合、不整脈、場合によっては心停止を起こす恐れがあり、特に注射の場合はその傾向が強いので、使用が過度にならないように注意する。
(相互作用)
1.併用禁忌:カテコールアミン(アドレナリン<ボスミン>、イソプレナリン<プロタノール等>、ドパミン等)[不整脈、場合によっては心停止を起こす恐れがある(併用により交感神経刺激作用が増強される)]。
2.併用注意:
1).ハロゲン化吸入麻酔剤:
(1).ハロゲン化吸入麻酔剤(ハロタン)[心室細動・心室頻拍等の不整脈が現れることがあり、ハロタンは他のハロゲン化吸入麻酔剤よりも心筋への作用が強いとされているので、特に注意する(ハロゲン化吸入麻酔剤は交感神経刺激剤に対する心筋の感受性を高める)]。
(2).ハロゲン化吸入麻酔剤(セボフルラン、エンフルラン、イソフルラン)[心室細動・心室頻拍等の不整脈が現れることがある(ハロゲン化吸入麻酔剤は交感神経刺激剤に対する心筋の感受性を高める)]。
2).モノアミン酸化酵素阻害剤、甲状腺製剤(レボチロキシン、リオチロニン等)[本剤の作用が増強される恐れがあるので、減量するなど慎重に投与する(併用により交感神経刺激作用が増強される)]。
3).キサンチン誘導体(テオフィリン、ジプロフィリン等)、ステロイド剤(プレドニゾロン、ベタメタゾン等)、利尿剤(フロセミド、ヒドロクロロチアジド等)[血清カリウム値が低下する恐れがあるので、血清カリウム値をモニターするとともに、減量するなど注意する(併用により血清カリウム低下作用が増強される)]。
4).オキシトシン[血圧の異常上昇を起こす恐れがあるので、血圧等に注意し、慎重に投与する(併用により血圧上昇作用が増強される)]。
5).ジギタリス製剤(ジゴキシン、ジギトキシン等)[不整脈を起こす恐れがある(本剤及びジギタリス製剤の薬力学的相互作用により、不整脈が誘発される恐れがある)]。
(高齢者への投与)
減量するなど注意する[一般に高齢者では生理機能が低下している]。
(過量投与)
1.過量投与時の症状:頻脈、不整脈、血圧上昇、動悸、痙攣、昏睡、妄想、呼吸抑制等の症状が現れることがある。
2.過量投与時の処置:特異的解毒剤は知られていないので、心電図、呼吸及び血圧等の監視を行うとともに、対症療法及び維持療法など適切な処置を行う。
(適用上の注意)
1.投与経路:皮下注射又は静脈内注射にのみ使用する。
2.アンプルカット時:本剤はワンポイントカットアンプルを使用しているので、アンプル枝部のマークを上にして反対方向に折る。なお、アンプルカット時の異物の混入を避けるため、カット部をエタノール綿等で清拭し、カットする。
(保管上の注意)
遮光。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。