日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

イブリーフ静注20mg基本情報

先発品(後発品なし)

一般名:イブプロフェンL−リシン注射液

製薬会社:千寿製薬

薬価・規格: 13012円(20mg2mL1瓶) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

動脈管開存症治療薬(プロスタグランジン阻害薬)詳しく見る

  • 動脈管の拡張などに関わる体内物質プロスタグランジン(PG)の産生を抑え動脈管を閉じる作用をあらわすことで主に未熟児動脈管開存症を治療する薬
動脈管開存症治療薬(プロスタグランジン阻害薬)の代表的な商品名
  • インダシン静注用
  • イブリーフ静注

効能・効果詳しく見る

  • 未熟児動脈管開存症

注意すべき副作用詳しく見る

尿量減少腎機能障害血中クレアチニン増加血中尿素増加頭蓋内出血敗血症無呼吸代謝性アシドーシス壊死性腸炎低血糖

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 3回、イブプロフェンとして初回は10mg/kg、2回目及び3回目は5mg/kgを15分以上かけて24時間間隔で静脈内投与する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 血液凝固障害
    • 血小板減少症
    • 壊死性腸炎
    • 高度黄疸
    • 動脈管依存性の先天性心疾患
    • 重篤な腎機能障害
    • 肺動脈閉鎖
    • 消化管出血
    • 頭蓋内出血
    • ファロー四徴症
    • 大動脈縮窄症

副作用

主な副作用

尿量減少腎機能障害血中クレアチニン増加血中尿素増加敗血症無呼吸代謝性アシドーシス低血糖乏尿尿中血陽性胃食道逆流症

重大な副作用

頭蓋内出血壊死性腸炎出血急性腎障害消化管穿孔イレウス腹部膨満血便血小板減少症胃腸出血無尿肺高血圧症肺出血

上記以外の副作用

胃炎貧血好中球減少白血球減少代謝異常低ナトリウム血症高ナトリウム血症血中重炭酸塩減少血中カルシウム減少血圧上昇低血圧頻脈心雑音呼吸不全呼吸窮迫高炭酸ガス血症低酸素症尿路感染症抱合ビリルビン増加黄疸高ビリルビン血症CRP増加高血糖酸素飽和度低下便潜血陽性哺乳障害高血圧徐脈気胸胆汁うっ滞甲状腺機能低下症水頭症全身性炎症反応症候群

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 血液凝固障害
    • 血小板減少症
    • 壊死性腸炎
    • 高度黄疸
    • 動脈管依存性の先天性心疾患
    • 重篤な腎機能障害
    • 肺動脈閉鎖
    • 消化管出血
    • 頭蓋内出血
    • ファロー四徴症
    • 大動脈縮窄症
  • 慎重投与
    • 総ビリルビン上昇
  • 注意
    • 総ビリルビン上昇

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
利尿剤 利尿作用を減弱
フロセミド 利尿作用を減弱
ヒドロクロロチアジド 利尿作用を減弱
副腎皮質ホルモン剤 消化管出血の発現が高まる
プレドニゾロン 消化管出血の発現が高まる
ジギタリス剤 作用を増強
アミノグリコシド系抗生物質 作用を増強
ゲンタマイシン 作用を増強
血液凝固阻止剤 出血の危険性が増大
ワルファリン 出血の危険性が増大
抗血小板剤 出血の危険性が増大
アスピリン 出血の危険性が増大
一酸化窒素 出血の危険性が増大

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    次記疾患で保存療法(水分制限、利尿剤投与等)が無効の場合:未熟児動脈管開存症。
    <効能・効果に関連する使用上の注意>
    未熟性を伴う新生児に対して投与する。

    用法・用量(添付文書全文)

    3回、イブプロフェンとして初回は10mg/kg、2回目及び3回目は5mg/kgを15分以上かけて24時間間隔で静脈内投与する。
    <用法・用量に関連する使用上の注意>
    1.投与時間の上限は1時間を目安とする。
    2.無尿又は著しい乏尿<尿量:0.6mL/h/kg未満>が明らかな場合は2回目又は3回目の投与を行わない。
    3.初回又は2回目の投与後、動脈管の閉鎖が得られた場合は、再開通の可能性と副作用のリスクを慎重に検討した上で投与継続の要否を検討する。
    4.本剤を希釈して投与する場合は、日本薬局方ブドウ糖注射液(5又は10%)又は日本薬局方生理食塩液を用いる。
    5.中心静脈栄養と同じ静脈ラインで投与する際は、中心静脈栄養を中断し、日本薬局方ブドウ糖注射液(5又は10%)又は日本薬局方生理食塩液を本剤の投与前後15分間かけて静脈内投与する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    国内第3相試験の安全性評価対象症例20例中、17例(85.0%)に副作用(臨床検査異常を含む)が認められた。主な副作用は尿量減少(乏尿を含む)8例(40.0%)、腎機能障害5例(25.0%)、血中クレアチニン増加4例(20.0%)、血中尿素増加3例(15.0%)であった(承認時)。
    海外第3相試験の安全性評価対象症例68例中、35例(51.5%)に副作用(臨床検査異常を含む)が認められた。主な副作用は頭蓋内出血13例(19.1%)、敗血症9例(13.2%)、無呼吸7例(10.3%)、代謝性アシドーシス6例(8.8%)、壊死性腸炎5例(7.4%)であった(承認時)。
    1.重大な副作用
    1).急性腎障害(1.1%)、無尿(頻度不明)が報告されているため、観察を十分に行い、症状が現れた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う。
    2).肺高血圧症(頻度不明)が報告されているため、徴候や症状が現れた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う。
    3).壊死性腸炎(5.7%)、消化管穿孔(2.3%)、イレウス(2.3%)が報告されているため、腹部膨満、血便等の症状の発現に注意し、症状が現れた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う。
    4).血小板減少症(4.5%)、出血(2.3%)、胃腸出血(1.1%)、肺出血(頻度不明)が報告されているため、観察を十分に行い、症状が現れた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う。
    5).頭蓋内出血(15.9%)が報告されているため、頭部超音波検査を行うなど観察を十分行い、症状が現れた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う。
    2.その他の副作用:次のような副作用が現れることがあるので、症状が現れた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う。
    1).腎臓:(5%以上)腎機能障害、血中クレアチニン増加、血中尿素増加、尿量減少、(5%未満)乏尿、尿中血陽性。
    2).消化管:(5%未満)腹部膨満、胃食道逆流症、胃炎。
    3).血液:(5%未満)貧血、好中球減少、白血球減少。
    4).代謝異常:(5%未満)低ナトリウム血症、高ナトリウム血症、血中重炭酸塩減少、血中カルシウム減少。
    5).循環器:(頻度不明)高血圧、徐脈、(5%未満)血圧上昇、低血圧、頻脈、心雑音。
    6).呼吸器:(頻度不明)気胸、(5%以上)無呼吸、(5%未満)呼吸不全、呼吸窮迫、高炭酸ガス血症、低酸素症。
    7).感染症:(5%以上)敗血症、(5%未満)尿路感染症。
    8).肝臓:(頻度不明)胆汁うっ滞、(5%未満)抱合ビリルビン増加、黄疸、高ビリルビン血症。
    9).その他:(頻度不明)甲状腺機能低下症、水頭症、全身性炎症反応症候群、(5%以上)低血糖、代謝性アシドーシス、(5%未満)CRP増加、高血糖、酸素飽和度低下、便潜血陽性、哺乳障害。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    1.動脈管依存性の先天性心疾患(肺動脈閉鎖、ファロー四徴症、大動脈縮窄症等)のある患者[これらの患者では、十分な肺又は全身血流確保のために、動脈管の開存が必要であり、本剤による動脈管の閉鎖はこれらの症状を悪化させる恐れがある]。
    2.重篤な腎機能障害のある患者[血管拡張性のプロスタグランジンによって腎血流が維持されている患者では、本剤のプロスタグランジン合成阻害作用により、腎機能障害が悪化する恐れがある]。
    3.高度黄疸のある患者[ビリルビンの血中濃度が上昇し、黄疸が悪化する恐れがある]。
    4.消化管出血のある患者[プロスタグランジン合成阻害作用に基づくとされる胃粘膜防御能の低下により、消化管出血が悪化する恐れがある]。
    5.壊死性腸炎又はその疑いのある患者[壊死性腸炎が悪化する恐れがある]。
    6.頭蓋内出血のある患者[頭蓋内出血が悪化する恐れがある]。
    7.血小板減少症の患者[血小板減少症が悪化する恐れがある]。
    8.血液凝固障害のある患者[血小板凝集能を抑制するため、血液凝固障害が悪化する恐れがある]。
    (重要な基本的注意)
    1.本剤の使用にあたっては、最新の治療ガイドラインを参考にする。
    2.新生児医療及び未熟児動脈管開存症患者の管理に習熟した医師が使用するか、又はそれら医師の監督下で使用する。
    3.腎障害、尿量減少、重篤な無尿を起こすことがあるので、定期的に腎機能に関する検査を行う。
    4.イブプロフェンはアルブミン結合部位からビリルビンを置換させることがあるので、総ビリルビン上昇がみられる患者では、黄疸の発現に注意し、慎重に投与する。
    5.他のプロスタグランジン合成阻害剤と同時に投与しない。
    (相互作用)
    本剤は、主として肝代謝酵素CYP2C9によって代謝される。
    併用注意:
    1.利尿剤(フロセミド、ヒドロクロロチアジド等)[利尿作用を減弱させる恐れがある(本剤のプロスタグランジン合成阻害作用により、水・ナトリウムの体内貯留が生じるためと考えられる)]。
    2.副腎皮質ステロイド剤(プレドニゾロン等)[消化管出血の発現が高まる恐れがある(プロスタグランジン合成阻害作用を増強するためと考えられる)]。
    3.ジギタリス[ジギタリスの作用を増強することがある(本剤のプロスタグランジン合成阻害作用により腎血流量が減少し、ジギタリスの腎排泄が減少するためと考えられる)]。
    4.抗凝血剤(ワルファリン等)、抗血小板剤(アスピリン等)[出血の危険性が増大する恐れがある(本剤のプロスタグランジン合成阻害作用により、血小板凝集抑制が生じ、相互に作用を増強するためと考えられる)]。
    5.アミノグリコシド系抗生物質(ゲンタマイシン等)[アミノグリコシド系抗生物質の作用を増強することがある(本剤のプロスタグランジン合成阻害作用により腎血流量が減少し、アミノグリコシド系抗生物質の腎排泄が減少するためと考えられる)]。
    6.一酸化窒素[出血の危険性が増大する恐れがある(本剤のプロスタグランジン合成阻害作用により、血小板凝集抑制が生じ、相互に作用を増強するためと考えられる)]。
    (適用上の注意)
    投与時:本剤を希釈する場合は用時調製する(また、使用されなかった薬液は廃棄する)。
    (取扱い上の注意)
    外箱開封後は、遮光して保存する。
    (保管上の注意)
    微生物の混入を防ぐことのできる気密容器、遮光保存。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 脳卒中って、そんなに分かりにくいですか? うさコメント!
    2. 日本の医療訴訟、診断エラーが原因は39.3% 学会トピック◎第19回日本病院総合診療医学会学術総会
    3. 死亡診断書の「死亡場所」の整理に異議あり! 記者の眼
    4. 【動画】待合室から診察は始まる(前編) 國松淳和の「患者を磁石のように惹き付ける初診外来術」
    5. ゾフルーザ低感受性、小児例で症状が長引く傾向 インフルエンザ診療Next:トピックス
    6. 栄養補給の「ギアチェンジ」のタイミングは? 平方眞の「看取りの技術」
    7. 吸入ステロイドは毎日使わなくてもよい? Lancet誌から
    8. 2020年度診療報酬改定に向け第2ラウンド開始 シリーズ◎2020診療報酬改定
    9. その精神科診断は必要か 宮岡等の「精神科医のひとりごと」
    10. バスキアの描く頭部が「ドクロ」や「仮面」に似てい… 日経おとなのOFF presents 医師の絶対教養 美術編
    医師と医学研究者におすすめの英文校正