日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

サアミオン散1%基本情報

先発品(後発品あり)

一般名:ニセルゴリン散

製薬会社:田辺三菱製薬

薬価・規格: 40円(1%1g) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

脳循環改善薬詳しく見る

  • 脳循環を改善し脳への栄養や酸素を送りやすくすることで脳梗塞後のめまいや意欲の低下などを改善する薬
脳循環改善薬の代表的な商品名
  • ケタス
  • サアミオン
  • セロクラール

効能・効果詳しく見る

  • 脳梗塞後遺症の慢性脳循環障害による意欲低下の改善

注意すべき副作用詳しく見る

肝機能障害食欲不振下痢便秘悪心発疹頭痛腹痛口渇眩暈

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • ニセルゴリンとして、1日量15mgを3回に分けて経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する
  • 参考:1日量剤形換算1.5g

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 頭蓋内出血後止血が完成していない

副作用

主な副作用

肝機能障害食欲不振下痢便秘悪心発疹頭痛腹痛口渇眩暈立ちくらみ

上記以外の副作用

動悸ほてり眠気倦怠感耳鳴不眠過敏症蕁麻疹そう痒

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 頭蓋内出血後止血が完成していない

患者の属性に応じた注意事項

  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 希望禁止
    • 授乳婦
  • 注意
    • 高齢者
  • 投与に際する指示
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)
  • 投与に際する指示
    • 高齢者(65歳〜)

処方理由

脳循環代謝改善薬この薬をファーストチョイスする理由(2018年11月更新)もっと見る

  • ・いずれの薬剤もほとんど処方しなくなっています。かろうじてニセルゴリンが残っています。めまい、ふらつきを訴える人にはイブジラスト、イフェンプロジル、アデノシン三リン酸を使うことはあります。(50歳代病院勤務医、一般内科)
  • ・脳梗塞後の意欲の低下を改善する効果があり、重篤な副作用がない。(50歳代病院勤務医、消化器外科)
  • ・ニセルゴリン以外は効果を感じたことはありません。(50歳代病院勤務医、精神科)

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    脳梗塞後遺症に伴う慢性脳循環障害による意欲低下の改善。

    用法・用量(添付文書全文)

    ニセルゴリンとして、1日量15mgを3回に分けて経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。
    参考:1日量剤形換算1.5g。
    <用法・用量に関連する使用上の注意>
    本剤の投与期間は、臨床効果及び副作用の程度を考慮しながら慎重に決定するが、投与12週で効果が認められない場合には投与を中止する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    臨床試験(治験):総症例1,017例中、副作用が報告されたのは28例(2.75%)で、主な副作用は食欲不振4例(0.39%)、下痢4例(0.39%)、便秘3例(0.29%)等であった。
    使用成績調査(1988年6月〜1994年3月):総症例11,939例中、副作用が報告されたのは56例(0.47%)で、主な副作用は悪心9例(0.08%)、発疹7例(0.06%)、頭痛6例(0.05%)、AST(GOT)・ALT(GPT)の上昇6例(0.05%)、食欲不振4例(0.03%)、便秘4例(0.03%)、腹痛4例(0.03%)等であった。
    副作用が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。
    1.消化器:(0.1%未満)食欲不振、下痢、便秘、悪心、腹痛、口渇。
    2.肝臓:(頻度不明)肝機能障害。
    3.循環器:(0.1%未満)眩暈、立ちくらみ、動悸、ほてり。
    4.精神神経系:(0.1%未満)眠気、倦怠感、頭痛、耳鳴、不眠。
    5.過敏症:(0.1%未満)発疹、蕁麻疹、そう痒。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    頭蓋内出血後止血が完成していないと考えられる患者[出血を助長する恐れがある]。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[動物実験(ラット)で次世代の発育抑制が報告されている]。
    2.授乳中の婦人への投与は避けることが望ましいが、やむを得ず投与する場合は授乳を避けさせる[動物実験(ラット)で乳汁中へ移行することが報告されている]。
    (小児等への投与)
    小児等に対する安全性は確立していない(使用経験がない)。
    (保管上の注意)
    遮光、開封後防湿。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 高齢者の「食べられない」に直面したら 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part V
    2. ノーベル生理学医学賞受賞の「HIF」って何? 1分解説◎細胞の低酸素応答の仕組み、貧血や虚血障害治療に応用も
    3. 50代パート職員の「無期契約」依頼に院長は… 院長を悩ます職員トラブル大研究
    4. フォーミュラリーではゾフルーザを非推奨に インタビュー◎昭和大学病院薬剤部長の佐々木忠徳氏に聞く
    5. 開業医に経済的なメリットなし、だけど… 特集◎医師が薬を自由に使えなくなる日《3》
    6. ラグビーW杯、熱狂と隣り合わせの危険 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
    7. β3刺激薬のベタニスがシェア急拡大 NMO処方サーベイ
    8. 2型糖尿病は最初から併用療法を行うべき? Lancet誌から
    9. 70 歳女性。脈の結滞 日経メディクイズ●心電図
    10. 下肢静脈瘤を瞬間接着剤で低侵襲に治療する トレンド◎注目の「グルー治療」が登場間近
    医師と医学研究者におすすめの英文校正